17年9月23日に行われた試合、アントラーズ対ガンバの解説(半分はツッコミ)です。
ヴィッセルの試合もたいがい飽きてきたんで、
気分を変えて、ガンバ大阪の試合を見てたんですが。。。

結果的にガンバは負けちゃったこの試合、どうしてもツッコミたいことがあるので、遠慮なく書いていきます。
たとえ、鹿島・ガンバファンに憎まれようとも(というかJリーグファンも)、そんなもんは関係ねえ。
(どうせ、Jリーグファンはこのサイトには来ねえし)

~スポンサードリンク~

ハイライト

全体のハイライトです。

先制しておきながら、ガンバは逆転負けでしたね。
それでは試合を振り返っていきたいと思います。
(ほぼツッコミやけど)

フォーメーション

アントラーズとガンバのフォーメーションです。

まず気になった

立ち上がりから、アントラーズの選手はボールが足についてなかったですね。
パスミスが多かったです。
曽ヶ端はいきなり、意味不明な方向にボール蹴ってたし。

それにしても、なんでもかんでもファールを取るな~、Jリーグは。
普段、プレミアリーグを観ている身としては、違和感しかありません。。。

そして、これ!

結局、これがツッコミたかったんですよね。
ガンバ大阪の先制点のシーン。
これを見たらわかります。

えっ!?曽ヶ端やん、どこ向いての???

ポジショニングが激ワルというか、そもそもファン・ウィジョの方を見てねえ。
いったいどこに指示を出していたんだ?誰もいねえぞ。

実況の人が「曽ヶ端は準備が間にあいませんでした!」と言ってましたが、それは違います。
もう歳なんです、劣化しています、ちょっとこれはポンコツすぎる。

攻めるしかないアントラーズ

まあ、当たり前の話ですけどね。
ポンコツキーパーのせいで、1点ビハインドになったんで。
先制されてから、だいぶ攻めてましたけどね、シュートはあんまり打ててなかったです。

で、試合展開をちょっと書くと、アントラーズとガンバは同じぐらい決定機を作ってました。
まあ、アントラーズの方が押し込む場面が多かったですが、フィニッシュまで行かないことが多かったです。
あと、ガンバもたいがいパスミスが多くて、中途半端なところでインターセプトされることが多かったし。
微妙な試合展開でしたね。

謎のPK

それで2つ目のツッコミどこ。
前半のアディショナルタイムにアントラーズが獲得したPKです。

後ろからちょっと押されてコケただけやん。
こんなんで、PKを取るなよ~
ちなみに主審は一瞬迷ってましたからね。
(コケてから、笛を吹くまで、少し間があります。)
ちょっとこれは画像では説明できないので、ハイライトを見てもらうしかありません。

チームについてのツッコミ

ガンバの試合は何試合か見てますけど、いまだに、どういう戦いを意図しているのかわからないです。
長谷川監督が就任して、攻守のバランスがとれるチームになったといわれてますが、僕には両方とも中途半端になったようにしか見えません。

で、アントラーズも実ははっきりしないんです。
プレッシング?、ポゼッション?、堅守速攻?
どれにも当てはまらなくて、はっきりしないです。

アントラーズがポゼッションする試合が多いかとは思いますが、それは試合展開的にそうなってるだけです。
個々のパフォーマンスとチーム力で、相手を上回ることが多いので、勝手にそうなるだけです。
(シティとかバルサみたいなスタイルにはなってないし、そもそも目指していないと思います)

2050年に優勝

日本サッカー協会は、2050年までにサッカー日本代表がW杯で優勝することを目標にしています。
ただ、Jリーグ自体がこんな試合にしかなってないし、主審のジャッジは異常に厳しいし(どこの国レフェリーがあんなのでPKを取るねん)、世界レベルのリーグにする気があるようには思えません。

代表を強化するのに、育成年代を強化する必要がある(お金をかける)っていうのは、かなり認知されているとは思いますし、それはかなり大事だと思います。
ただ、日本サッカーのベースはJリーグなんですよ!
 

  • ジャッジの基準を見直す
  • 現代サッカーの戦術を熟知している監督を連れてくる
  • この2つはマジで、真剣に検討してもらいたいです。
    じゃないと絶対にリーグのレベルは上がりません。
    ホント頼みますよ。。。

    P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
      (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

    サッカーランキング
    海外サッカーなら”ブログランキング”

    にほんブログ村 サッカーブログへ
    にほんブログ村 サッカーブログ
    Jリーグなら”にほんブログ村”