17/18シーズンのブンデスリーガ開幕です!!
開幕戦はバイエルンがホームでレヴァークーゼンとの一戦になります。

バイエルンは言わずもがなリーグを5連覇中です。
プレシーズンマッチでは、コンディションの悪さを指摘されることもありましたが、開幕戦ではどうなんでしょうかね?


-------スポンサードリンク-------

フォーメーション

各チームのフォーメーションです。

フォーメーション

バイエルンはDFLスーパーカップと同様にピラミッド型の4‐3‐2‐1です。
レヴァークーゼンも同様の形をとってますが、お互い2シャドーの部分が動いてくると思いますので、バイエルンとは若干変わってくると思います。

最初の印象

前もそうだったんですが、バイエルンは守備時にミュラーが前に出て、4‐4‐2みたいな形になりますね。
バイエルンのビルドアップは左サイド側はリベリ、右サイドはキミッヒって感じですね。
全体的に高い位置を取っており、かなり攻撃的な印象です。
それにしても、リベリは体がキレていますね~

対するレヴァークーゼンは、前線が流動的にポジションチェンジを繰り返している印象です。
そのため、攻撃の厚みというかバリュエーションが増えると思いますが、いざ守備時になるとどうしても対応が遅れがちです。
つまり、カウンターはスムーズに受けやすい印象です。
まあでも、アウェーに乗り込んできたレヴァークーゼンが攻撃的なのは、非常に面白いです。

~スポンサードリンク~

バイエルンがきっちり決める

両チームとも攻撃的にいってますが、最初のチャンスをものにしたのはバイエルンでした。
前半9分にリベリが得たFKから、ルディ⇒ズーレがヘディングで合わせて、先制点を決めます。
ルディ・ズーレともに新加入の選手ですね。

バイエルンは攻撃的にいってますが、カウンター時の対応はそれなりにできていたと思います。
プレッシングもよくて、特にトリッソが効いている印象です。
それで、前半18分にバイエルンに追加点が生まれます。
コーナーキックから最後はトリッソが押し込んでのゴールです。

トリッソ

レヴァークーゼンはセットプレー時の守備に難点がありますね。
集中が切れて、マークが外れているシーンがちょこちょこあります。
前半はこんな感じで、2-0で折り返します。

後半の展開

後半から、レヴァークーゼンは選手交代もあって、3バックに変えてきました。
で、これで守備的になったわけではなくて、むしろ攻撃に迫力が増しましたね。
より、流動的になりましたし、バイエルンはつかみ切れていない感じでした。
そんな感じで立ち上がりはレヴァークーゼンペースになります。

ただ、またバイエルンが追加点を上げます。
これはレヴァンドフスキが得たPKで、自身が決めて、3‐0になりました。
で、ここで「VAR」の登場、巻き戻しでジャッジされたPKでした。
でも、今回は判定まで結構スムーズでしたし、案外うまくいってしまうのか~、VAR。

それで、レヴァークーゼンは後半20分に1点返します。
左サイド深くまで攻め込んで、そこからショートパスを繰り返し、逆サイドにいたメーメディが豪快にショートを突き刺します。
ただ、レヴァークーゼンの反撃もここまで、バイエルンが3‐1で勝利です。

試合の印象

レヴァークーゼンは結構もったいなかったですね。
セットプレー2つとPKでの失点なので、流れがあまり関係のないところで勝負が決まってしまいました。

ただ、攻撃に関しては非常に魅力的で観ている方としては非常に面白いですね。
守備とのバランスをどうとるかってところだと思います。
昨シーズンは成績不振で主力を軒並み放出したレヴァークーゼンですけど、いいサッカーをしてましたね~

一方のバイエルンは開幕戦を、しっかり勝ち切ったのが非常に良かったですね。
ただ、スコアのわりに相手を圧倒していたわけはない(特に後半)ので、今後の試合がどうかって感じですね。
まあでも、シーズン通していく間でチームとしてのコンディションを上げていって、なんだかんだ優勝してそうですけね。

P.S.個人的にブンデスリーガって、一番好きですね~

Twitterでは最新記事の更新をお知らせしています。


P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”