17/18シーズンのブンデスリーガ第21節のハイライトまとめです。
得点者情報と感想を書いてます。

ブンデスリーガ順位(21節終了時)

1位 バイエルン   53
2位 レバークーゼン 35
3位 ライプツィヒ  35
4位 ドルトムント  34
5位 シャルケ    34

2位以下はコロコロ順位が変わるんで、(まとめる方としては)難儀します。

~スポンサードリンク~

ケルン 対 ドルトムント 2-3

こちらの試合はレビューしてます。

ケルン対ドルトムント

シーズン前半戦のことを考えたら、ケルンはだいぶ点がとれるようになったんですけどね。
結局この試合は両チームとも試合内容が良くなかったと思ってますし、まだまだ調子を上げていかないといけません。

ヘルタ 対 ホッフェンハイム 1-1

同じような勝ち点で並んでいる両チームの対決。
スコア通りいい勝負だったんでしょうか。

得点者
前半38分 ホッフェンハイム:クラマリッチ
後半13分 ヘルタ:カルー

ホッフェンハイムはPK、ヘルタはサイド攻撃から得点しますが、全体的に見せ場が少ないですな。

シャルケ 対 ブレーメン 1-2

下位チームのブレーメンにホームでまさかの逆転負けを食らってしまったシャルケ。
ホントにサッカーって怖いよね~

得点者
前半24分 シャルケ:コノプリャーンカ
後半34分 ブレーメン:クルーゼ
後半48分 ブレーメン:ユヌゾヴィッチ

シャルケは”1点もらった”ようなもんだったんですけど、そのままお返ししてどうすんねん。
それにしても、最後はもったいなかったね。

マインツ 対 バイエルン・ミュンヘン 0-2

お武藤さんのマインツ。
王者バイエルンには太刀打ちできません。

得点者
前半33分 バイエルン:リベリー
前半44分 バイエルン:ロドリゲス

マインツは意外と頑張ってたみたいですけどね、まったくゴールが入らなかったですな。

リベリーのボレーはインパクトを”しっかり意識した”いいシュートです。

それで、あの局面でハメスがフリーになってたら、普通にやられちゃいます。

ボルシアメーヘングラードバッハ 対 ライプツィヒ 0-1

上位対決のこのカード。
ギリギリでアウェーのライプツィヒが勝ち点を拾ってます。

得点者
後半43分 ライプツィヒ:ルックマン

ボルシアMGのGKはあのブルマのシュートをよくセーブしましたね。
(ってか、いいキーパーやな)

最後の最後でやられちゃいましたな。

アウクスブルク 対 フランクフルト 3-0

前節はすごいいい戦いをしてたフランクフルト。
このアウェーゲームは完敗ですな。

得点者
前半19分 アウクスブルク:クジャチョル
後半31分 アウクスブルク:グレゴリッチェ
後半44分 アウクスブルク:リヒター

クジャチョルってアウクスブルクにいたんですね。
久々のゴール、おめでとうございます。

2点目が効いたんでしょうかね。

ハンブルガーSV 対 ハノーファー 1-1

高徳やんのハンブルガー。
それにしても残留争いが好きなチームですな。

得点者
前半37分 ハノーファー:フォッスム
後半41分 ハンブルガー:コスティッチ

最近の高徳はCBで起用されてるようです。

あのハンドは誤審だと思いますけど、VARが介入せず。