17/18シーズンのブンデスリーガ第27節のハイライトまとめです。
得点者情報と感想を書いてます。

ブンデスリーガ順位(27節終了時)

1位 バイエルン   66
2位 シャルケ    49
3位 ドルトムント  48
4位 フランクフルト 45
5位 レバークーゼン 42

ちなみにケルンが最下位を脱出しました。

~スポンサードリンク~

ボルシアメーヘングラードバッハ 対 ホッフェンハイム 3-3

シーソーゲームは痛み分けです。
両チームとも攻撃的なんでこういった結果にはなるんでしょうかね。

得点者
前半13分 ホッフェンハイム:ヒュブナー
前半33分 ボルシアMG:ヨシップ
後半13分 ホッフェンハイム:クラマリッチ
後半27分 ボルシアMG:シュティンドル
後半28分 ホッフェンハイム:グリリッチ
後半45分 ボルシアMG:ギンター

ボルシアMGの最初のゴールはハンド臭かったですけど、なぜかスルーされましたな。

グリリッチのゴールはレフェリーのナイスアシストw

フランクフルト 対 マインツ 3-0

代表には選ばれないし、チームは勝てないし、で最近いいところがない武藤。
まあ、僕としてはケルンに残ってほしいからマインツ落ちてもいいんやけど。

得点者
前半6分  フランクフルト:ボアテング
前半23分 フランクフルト:ヨビッチ
前半41分 フランクフルト:レビッチ

ヨビッチ&レビッチって名前がややこしいです。

そして、マインツのGKはトンネル。

2点目はレビッチからヨビッチ。

そして、3点目はヨビッチからレビッチではないっていう。

ハンブルガーSV 対 ヘルタ 1-2

降格街道まっしぐらのハンブルガー。
人生、諦めが肝心ですよ。

得点者
前半25分 ハンブルガー:ドスサントス
後半11分 ヘルタ:ラザロ
後半18分 ヘルタ:カルー

ホームで先手を取ったのに、逆転負けしてたら「どこで勝つねん」って話。

それでも、サントスのゴールは見事な崩しでしたな。
負けたから意味ないけど。

ラザロの同点ゴールはキレイでした。

ドルトムント 対 ハノーファー 1-0

ドルトムントの救世主バチュアイ。
この試合もやってくれてます。

得点者
前半24分 ドルトムント:バチュアイ

まあ、スーパーゴールですな。
この辺はその選手のセンスとかって話になってくるんでしょうかね。

ダフドはホントにいい働きをしてるんですけど、なかなかゴールが決まらないですなw

ケルン 対 レバークーゼン 2-0

最近は謎に上位チームから勝ち点を奪っているケルン。
後は降格争いしているライバルとの差を縮めたいところです。

得点者
前半9分  ケルン:大迫
後半24分 ケルン:ツォラー

大迫はトラップからシュートまで非常に速かったです。
キーパーもタイミングがずれたんで反応できなかった感じでしょう。

後は、肘打ちしてもらって助かりましたね。

ライプツィヒ 対 バイエルン 2-1

こちらの試合はレビューしております。

記事はこちら

バイエルンもたまには負けますよ。