17/18シーズンのFAカップ決勝、チェルシー 対 マンチェスター・ユナイテッドです。
プレミアはリーグ戦を終了してますので今シーズンはこれが最後の試合になります。

両チームとも今シーズンは無冠でしたし、このFAカップは是が非でも欲しかったタイトルです。
リーグ戦の成績では少し差がでましたけど、もともと上位陣は実力が拮抗していますし、それぞれ”らしさ”が出た試合でしたね。

昨シーズン優勝しながら今シーズンは失速してしまったチェルシーとリーグ戦は2位ながら補強がうまく機能していた印象のユナイテッドって感じでしょうか。
プレシーズン中にコンテ監督は補強がうまくいかないことにかなり文句を言ってましたが、ホントその通りの成績になっちゃいましたね。
成績不振からコンテ監督の去就が注目されていますけど、この試合では意地を見せることになりましたな~

~スポンサードリンク~

フォーメーション

チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドのフォーメーションです。

3-5-2と4-4-2です。
ミスってリュディガーとケーヒルの位置が逆になってます。
(センターがケーヒルです)

試合によっては前線に3枚並べることが多かった両チームですけど、この試合では2トップになってます。
ジルーが加入してからなかなかモラタは出番がありませんね。
あとは、バカヨコがもう少しチームにフィットしてればリーグ戦の順位が変わってたかもしれません。

ユナイテッドのルカクはケガから復帰してますがベンチスタート。
代わりにラッシュフォードがトップの位置に入ってます。

試合について

両チームとも守備が堅いチームですが、ユナイテッドはアザールに対してほぼマンツーマンで対応してました。
プレスバックも人を基準にしてたような感じでしたし、”マンマークより”に堅ーく守ってましたね。

まあ、両チームともビルドアップからのチャンスメイクには苦労してましたし、自然とカウンターの場面は多くなってました。
ポゼッションも序盤はほぼ五分だったんですが、この2チームがぶつかるとこういう展開にはなりやすいですかね。

それでしばらくはスコアが動かないかな~と思ってましたけど、結構早い時間にチェルシーが先制することになります。
ボールを奪ってからセスク⇒アザールで最後はジョーンズが倒してチェルシーにPK。
カウンターからでしたけど、アザールのファーストタッチは見事でしたね。

先制してからのチェルシーは重心が少し後ろに下がっていたと思います。
その影響でユナイテッドは攻撃面でかなり苦労しましたし、個人技で何とかしようっていう雰囲気にはなってましたかね。
こういうのを見るとやっぱり先制点って非常に重要だと感じます。

セットプレーとかラッシュフォード・サンチェスの決定機とかいろいろチャンスはありましたけど、ユナイテッドはホントに1点が遠かったですね。
(プレミアのVARって違和感あります)
ラッシュフォードはいい働きをしてましたけど、決定力が足りませんでしたな。

まあ、モウリーニョはめっちゃ機嫌悪そう(コンテは大喜び)でしたが、チェルシーが堅かったですね。

試合結果

試合は1-0でチェルシーの勝利。

来季のCL出場権を逃したチェルシーでしたけど、これでコンテ監督の面目は保たれましたかね。

得点者
前半22分 チェルシー:アザール

PKを与えるところはジョーンズのミスもあった気がします。
(アザールのファーストタッチは素晴らしかったですけど、ジョーンズはもう少し中央寄りにポジショニングしておかなければいけなかった気がします)

交代者
チェルシー
後半44分 ジルー⇒モラタ
後半46分 アザール⇒ウィリアン

ユナイテッド
後半28分 ラッシュフォード⇒ルカク
      リンガード⇒マルシアル
後半42分 ジョーンズ⇒マタ

ハイライト

全体のハイライトです。

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)

にほんブログ村 サッカーブログへ