久しぶりのJリーグレビューです。
ホントは、試合終了後すぐにアップしてやろうと思ってたんですが、ダ・〇ーンのライブ配信がショートフリーズしまくったんで、ムカついて、見逃し配信で試合を観ました。

コンサドーレ対ジュビロの一戦です。
個人的には中村俊輔が好きなので、ピックアップしました~
それでは解説しまーす。

~スポンサードリンク~

フォーメーション

コンサドーレとジュビロのフォーメーションです。

フォーメーション

両チームとも3-4-2-1(3-4-3)ですね。
知っている選手は川又と中村俊輔ぐらい。
川又が木村祐一に見えてしまう

コンサドーレペース

中村俊輔はやっぱりボールをもらいに動き回りますよね。
守備のタスクもしっかりこなすし、すごい選手です。
ガンバの遠藤もそうですけど、イメージより実際の走行距離は結構あるタイプです。

コンサドーレは結構前からプレッシングにいってますね。
ホームだし、守備で圧倒して、リズムを作っていく感じですかね~
というか、両チームとも出足が早くて、いい戦いをしています。

ただ、序盤はコンサドーレが押し込んでいますしたね~
中盤でも選手の距離感が良く、セカンドボールをいい感じで処理できています。
一方のジュビロは受け気味で、DFラインが下がってしまっていました。
コンサドーレとしてはここで得点がほしいところですね。

ジュビロは我慢してカウンター

思った以上にコンサドーレがいいサッカーをしてたんで、ジュビロとしては何もできない感じです。
我慢してカウンターを狙ってたんですが、起点になるのはアダイウトンですね。
ホントは中村俊輔を起点に、キム兄・・・じゃなくて川又とアダイウトンがDFラインの背後を狙っていきたいんだと思うんですが、なかなか中村俊輔が高い位置でボールをキープできてないんで、厳しいですね。
それでも前半22分ごろには中村がきっかけで、決定機を迎えたんですが、決めきれなかったのは痛かったですね~

ただ、コンサドーレがいい位置でボールを奪ってカウンターをかけても、最後の部分で精度欠いているんで、ジュビロは助かってますね。
押し込んでいるわりに、点が入りそうな雰囲気がないもんな~
で、そうこうしてジュビロが耐えているうちに、前半25分にジュビロにPKのチャンス。

キッカーは川又です。
で、これをしっかり決めちゃいます。

川又

ジュビロが先制ですね、いや~、コンサドーレは痛い失点ですね~
序盤からかなり前がかりにいって、ジュビロを押し込んでいたんですがね。

とはいえ、コンサドーレは戦い方を変える必要はありませんね。
しっかり連携してプレスをかけて、いい位置でボールを奪うしかありません。
別にジュビロにリズムが出てきたわけではないし、中村俊輔は下がってボールを受けるシーンが多いし。

コンサドーレ追いつく

前半39分にコンサドーレが同点に追いつきます。
ビルドアップから、右サイドを突破して、中央にクロス、都倉が中で合わせてゴールです。
押し込んでいただけに前半で追いつけて良かったですね。

ちなみにゴールシーン。

後半

ついでに前半のうちに逆転したかったコンサドーレでしたが、前半は1-1で折り返しました。
後半に入っても展開はあまり変わらないんですが、ジュビロは相変わらず攻撃になってないですね。
ただ、コンサドーレが飛ばしているんで、耐えていれば終盤にチャンスはできそうですけど。
あ~、小野伸二見たいな~

中村俊輔が前を向いてボールをキープすると、攻撃にリズムができるんですけど、逆に中村俊輔を抑えるとジュビロは何もできない感じですね。
終盤コンサドーレは前から、プレスに行けなくなってましたね。
出足も遅れ気味で、ジュビロにチャンスがあるように見えたんですが、、、

終了間際、後半38分、コンサドーレが勝ち越し点を決めます。
途中出場のヘイスが左サイドからのクロスを詰めて、しっかり決めます。
ゴールシーンはこれ。

まあ、終盤でジュビロのDFの足が止まってましたね~
試合はこのまま、ホームのコンサドーレが2-1で勝利です。
試合のハイライトはこれ。

コンサドーレがよかったね

ジュビロは中村俊輔のFKとかありましたけど、なかなか厳しいゲームでしたね。
まあ、コンサドーレが序盤から、ハイプレスでリズムを作って、いいサッカーをしていたので、内容通りの結果じゃないんですかね。
小野伸二は終盤に出てきてくれたし、得点に絡んだし、まあ、面白いゲームでした。

それでは、また次回!!

Twitterでは最新記事の更新をお知らせしています。


P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”