17/18シーズンのヨーロッパリーグ決勝ラウンド16の第1戦ハイライトまとめです。
得点者情報と感想もつけてます。

~スポンサードリンク~

ACミラン 対 アーセナル 0-2

こちらの試合はレビューしております。

記事はこちら

アーセナルのパフォーマンスもそこまで良かったわけではありませんが、明暗が分かれた試合でしたね。

ドルトムント 対 ザルツブルク 1-2

久しぶりに公式戦での負けとなったドルトムント。
でも、ホームで格下に負けたらダメだろ。

得点者
後半4分  ザルツブルク:ベリシャ
後半11分 ザルツブルク:ベリシャ
後半17分 ドルトムント:シュールレ

ちなみに香川はケガでベンチ外。
南野は途中出場となってます。
(セカンドレグはレビューしましょうかね~)

PKはもったいなかったですな。
というか、ドルトムントは結構ボコボコにやられてた試合みたいですし、負けてもしかたなかったかもしれませんね。

アトレティコ・マドリード 対 ロコモティブ・モスクワ 3-0

リーグ戦の逆転優勝がしんどくなったアトレティコ。
ヨーロッパリーグは取ってほしいですな。

得点者
前半22分 アトレティコ:サウール
後半2分  アトレティコ:ディエゴコスタ
後半45分 アトレティコ:コケ

サウールのズッコケミドルシュートは強烈でした。

まあ、レベル差があった試合でしたね。
アトレティコが勝ち抜けるでしょう。

マルセイユ 対 ビルバオ 3-1

たぶんチームのレベル的に拮抗しているこのゲーム。
意外といい対戦カードです。

得点者
前半1分  マルセイユ:オカンポス
前半14分 マルセイユ:パイエ
前半48分 ビルバオ:アドゥリス
後半12分 マルセイユ:オカンポス

先制点はきれいな崩しです。
トバンのラストパスはうまかったですな。

終始マルセイユが圧倒したゲームでしたが、ビルバオはPKで1点返せたのが次につながりますかね。

ラツィオ 対 ディナモ・キエフ 2-2

ラツィオがホームで痛恨の引き分け。
セカンドレグは厳しい戦いが待ってそうです。

得点者
後半7分  ディナモ:ツィガンコフ
後半9分  ラツィオ:インモビーレ
後半17分 ラツィオ:アンデルソン
後半34分 ディナモ:モアレス

ラツィオは守備対応が甘かったでしょうか。
インモビーレの同点ゴールはうまかったですけど、モアレスのミドルシュートにはビックリしましたかね。

ただ、追加点を奪える場面も結構あったわけですし、それを外しまくったの結果なんで仕方ないところはありますでしょうか。