17/18シーズンのヨーロッパリーグ決勝ラウンド32の第2戦ハイライトまとめです。
得点者情報と感想もつけてます。

~スポンサードリンク~

アタランタ 対 ドルトムント 1-1

2戦合計3-4です。
ドルトムントが突破を決めています。

レビューはこちら

シュールレ・ゲッツェ・ロイスは今後固定で行きそうな感じですかね。

ライプツィヒ 対 ナポリ 0-2

2戦合計3-3ですが、アウェーゴールの差でライプツィヒが突破を決めています。
この試合は途中まで見てましたけど、ファーストレグと違ってナポリが強かったです。
結局、ホームで3失点したのが痛かったですな。

得点者
前半33分 ナポリ:ジェリンスキ
後半41分 ナポリ:インシーニェ

ジェリンスキのゴールシーン、インシーニェの飛び出しがきれいすぎる。

やっぱ2点目を取るまで時間がかかったのが響きましたね。

ザルツブルク 対 レアル・ソシエダ 2-1

2戦合計4-3で、ザルツブルクが勝ち抜けです。
スペインのチーム相手によく勝ちましたよ。
(南野は出てないけど)

得点者
前半10分 ザルツブルク:ダブール
前半28分 ソシエダ:ナバス
後半29分 ザルツブルク:ベリシャ

ソシエダはあと1点が遠かったです。

それで10人になったから絶望的でしたな。

ヤヌザイの無回転シュートはキーパーの正面。

アーセナル 対 エステシュンズ 1-2

2戦合計4-2でアーセナルが勝ち抜けです。
アーセナルはアウェーで大勝したから、半分寝てたんですかねw

得点者
前半22分 エステシュンズ:アイエシュ
前半23分 エステシュンズ:セマ
後半2分  アーセナル:コラシナツ

やっぱりターンオーバーしてきたアーセナル。

ちょっと、守備対応にミスがありましたね。
ホントに追いつかれなくて良かったですな、ヴェンゲルさん。

ブラガ 対 マルセイユ 1-0

2戦合計1-3でマルセイユの勝ち抜けです。
まあ、この試合は負けてますし、結構危なかったですな。

得点者
前半31分 ブラガ:ホルヘ

守備の時、できるだけコンパクトに構えているとファーサイドは空いてくるんですけど、そこの事情があったからマルセイユは失点してますね。

守備対応がどうっていうよりは、相手のプレーがうまかった感じでしょう。