ベルギーリーグ第2節のヘント-アントワープのマッチレビューです。
ヘントは久保裕也が所属しているチームですね。
久保さんがいないとまったく観ることない試合です。

実はちょこちょこベルギーリーグは昨シーズンから見てました。
でも、「アントワープってどこのチームやねん」って思ってましたが、どうやら昇格組みたいです。
ヘントのホームで行われた試合で、ホーム開幕戦となりますので、ヘントとしては絶対に勝たないといけない試合です。
で、今回は久保裕也の動きを中心に解説していきます。

Embed from Getty Images

ヘントはどんなサッカーをする?

ヘントは昨シーズンは優勝プレーオフを戦い抜いて、3位という成績でした。
チームの特徴としては、守備の安定感が挙げられます。
久保と同時期に加入したカリニッチというGKが抜群の安定感を誇っており、チームの失点を減らしております。

フォーメーションの基本は3‐4‐3です。
前の3枚は2シャドーという形をとることが多く、久保は左右の2シャドーどちらかに入ることになります。

基本的にヘントの攻撃はサイドからが多いですね。
ロングボールは多用せずに、ショートパスを繰り返すスタイルです。
中盤の2枚がウイングバックのようなポジションで、2シャドーの選手と連携しながらサイドから起点を作ります。

それでサイドに展開していく分、真ん中にスペースができてくるんですが、2シャドーのうちどちらかが、いわゆるトップ下の位置まで下がってきてボールを受けることが多いです。
2シャドーもポジションチェンジを繰り返したりと、結構面白い攻撃をしますね。


-------スポンサードリンク-------

試合展開

終始ヘントが押し込むことになります。
相手が2部からの昇格組であり、昨シーズンのヘントの成績から考えると地力の差は結構あります。

また、ヘントのホームゲームってこともあり、アントワープはまともな攻撃をすることができません。
ただ、アントワープは守備がしっかりしていましたね。
体を張れているし、ファウルが多かったですけど、プレッシングもわりとちゃんとやれてました。

そういうこともあって、ヘントがなかなか点を取れない展開が続きます。
それで、実はアントワープが先制することになるんですが、きっかけはヘントディフェンスのミスです。
もったいない失点をしてしまったことで、いよいよ点を取らないといけなくなり、ヘントは攻勢を強めます。

ただ、どれだけ前のめりになっても、ひたすら攻めても点を奪うことはできませんでした。
結局、このままアントワープが逃げ切り、ヘントは痛すぎるホームでの負けとなりました。

久保の動き

久保の動きを見るからにコンディションは悪くなさそうでした。
周りとの連携も悪くなかったし、動きのキレもありました。
ボールを受けに下がってきて、周りに散らしたり、ドリブルで仕掛けて、シュートまでもっていけてましたね。

積極的にシュートを放つシーンも多くて、ゴールへの意識がすごい高いなと思いましたが、ちょっとシュートの精度が悪かったですね。
そこが結構気になるところでした。
というか、この試合はヘントの選手みんなシュートがダメだったんで、負けちゃったんですけどねw

久保裕也

日本代表で、今月末にオーストラリアとの試合がありますし、久保さんには頑張ってもらわないといけないんでね。
今後に期待します。

Twitterやってます!!!!
記事を楽しんでいただけたなら、フォローお願いします。


気が向いたときにバナーかリンクを押してもらえると嬉しいです。

サッカーランキング


ブロトピ:ブログ更新しました♪
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:相互アクセスアップの仲間を探しています。
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブログ更新しました