前回の続きです。
前回の記事

ハリル写真
ハリルさんはどんな人?

現役時代のハリルさんはフランスの「リーグアン」で活躍されていたそうで、FWとしてゴールを量産した選手だったみたいです。
っで、監督としてのハリルさんは2014年のブラジルW杯にてアルジェリアをベスト16に導いています。
アルジェリアはアフリカにある国で、まあ正直サッカーが強いイメージは全くありませんね。
そのアルジェリアをベスト16に導いたんですから、監督としての手腕はかなりありそうです。

ハリルさんはミーティングが好きなようで、代表合宿中はほぼ毎日ミーティングしているそうです。
仕事に対してまじめで、職務時間も歴代の監督の中でもトップレベルに長いみたいです。

ハリルさんがしたいサッカー

ハリルさんが日本代表監督に就任されてから、よく聞くようになった言葉は「デュエル」「縦に早いサッカー」ですね。
まあデュエルなんて聞いたのは、「遊戯王」以来なんですけどw

デュエルって、つまり、球際の強さですね。
まずは1対1の勝負に負けないようにしよう!ってことだと思います。
特にハリルさんがこだわっているのは、フィジカルコンディションです。
とりあえず全員ムキムキになれと、C・ロナウドさんみたいに体幹を鍛えて、体を絞り上げろよと。

っで、縦に早いっていうのは、そのままですね。
少ないパスでできるだけ早く相手ゴールまで攻めあがるってイメージです。
まあでも、対戦相手が守備ブロックを形成している時に、縦パスを狙ってもインターセプト(パスカット)されるかポストに入った選手が激しいプレスにあってつぶされることが多いですね。

だから、結果的に縦パスを狙いやすいのって、カウンターを仕掛けるときですね。
相手が攻めてきたボールを奪取した瞬間って、守備ブロックができていませんので、縦パスがかなり通しやすい状況になっています。
縦に早いサッカーのシチュエーション的にはこういう場面が多くなります。

まとめると・・・

全体として見てみると、自チームが守備の時の流れとしては

  1. 高い位置からプレスをかける
  2. ムキムキの選手が相手からボールを奪う
  3. 相手のゴールに向かって走っている選手に早いパスを出す

それでポイントになってくるのが、高い位置からプレスをかけるところですね。
FWの選手を合図に、それより後ろのポジションにいる選手が連動して守備をする感じです。
基本的にFWの選手がボールを奪取することはありませんが、FWが相手選手のパスコースを限定しつつ、後ろにいる選手がパスの出所を予測しながら、パスが出たところにプレスをかけに行くって感じです。
その時に出てきたパスをインターセプトできれば最高だし、仮に相手につながっても、そこで1対1に勝って、ボールを奪取できればいいって感じですね。

このやり方のメリットは、比較的高い位置で相手ボールを奪取することができれば、そのまま高い位置から攻めることになるので、自チームの攻撃に早さが出ることです。
つまり、高い位置からカウンターを仕掛けることができるので、大チャンスになるってイメージです。

反対にデメリットとしては、高い位置からプレスをかけるので、前線の選手にもかなりの運動量が必要だということと、最終ラインを高く保たないといけないので、相手チームに裏を取られやすくなります(これは状況によりますが)。

次回は、こういったことを踏まえたうえで、今の日本代表がどういう状態のなのか考えていきます。