最近の日本代表の試合を振り返ってみたいと思います。

前回の記事はこちら

一番近い日本代表の試合は6月13日に行われたアウェーのイラク戦です。
この試合は湿度が低く、気温がめっちゃ高く、ピッチはぼこぼこという状態で行われた試合です。
その点におけるパフォーマンスの低下は考慮して、どういう守備が出来ていたかを考えていきます。

イラク戦の失点

2017.6 イラク戦の失点シーン

抑え気味の守備だった

相手のイラクは4バックだったんですが、センターバックの2枚でボールを回しているときは、前線の選手がそこまでボールを追いかけていませんでした。
ただ、相手のサイドバックにボールが回ってきたときには、前の選手がプレスをかけに行っていたので、ここが全体の守備のスタートポイントになっていたんだと思います。
普段の試合では、相手のセンターバックからプレスをかけに行っていますが、この試合は気候の関係からできるだけ走らないように意図的に変えてきたんだと思います。
この辺りは当然の判断ですね。

プレスが甘い

それで、個人的に気になった点が2つあります。
まず1つ目は、出足の遅さです。
まあ、前の選手(この日は大迫、原口、本田、久保)は、自分がプレスかけることで全体が動き出すわけなので、除外して考えるとして。
問題はそれより後ろの選手ですね。
前回の記事でも書きましたけど、ボールが動いてから選手が動くようでは遅いんです。
この試合は本当に先行してボール奪取に行けていないシーンが多々ありました。
だから、はっきり言ってこの時点で守備の連動がうまくいっていないし、選手は走り回っているのに、ボールは取れないという悪循環になっています。

選手やハリルさんがどういった考えでこういう状態になっているのかはわかりませんが、「デュエル」っていう言葉を意識しすぎて一番大切な「ポジショニング」に対する考えが甘くなっているのかなと思います。
実際、選手選考にもこの影響は出ていますし、特にボランチ(ディフェンシブハーフ)は球際が強いイメージの選手が多いですね。
まあ、どういう選手を使うか?の部分は監督の自由だし、周りから文句を言っても意味がないですけど、試合内容や結果には文句を言うべきだと思っています。
じゃないと、応援する人も減ってきますので。

ロングボールに弱い

それで2つ目の問題点ですが、相手のディフェンスラインからの>ロングボールの処理が甘いことですね。
日本のフォーメーションが4-3-3なので、中盤は枚数が少なくて、手薄になりがちです。
今回のイラク戦でも相手からロングボールを蹴られて、日本のセンターバックがヘディングで跳ね返したとしても、セカンドボールにアプローチできる選手がいないから、相手に拾われてピンチになる、みたいなシーンがありました。

前線の選手が一生懸命走り回ってプレスをかけても、ロングボール一発でピンチになってたら、まったくもって意味がありません。
この部分に関しては、日本の守備の課題として認識されているとは思いますが、次の試合(8月31日のオーストラリア戦)までに改善されることを祈るばかりです。

現在のオーストラリアは、昔と違ってショートパス主体のチームになっていますので、↑の部分が目立つシーンは少ないかもしれません。
ただ、日本がリードした状態で、終盤を迎えたとき、オーストラリアがパワープレイに出たときに、ロングボールの処理を誤るとやばいです。
セカンドボールを拾われて、そこからミドルシュートで失点とか、割とあり得る失点パターンなのででね。
そうならずにしっかり勝ってW杯出場を決めてもらいたいです。

 

コメントを残す