17/18チャンピオンズリーグ決勝ラウンド16の第1戦、ハイライトまとめです。
2週に分かれて行われた試合でしたが、いろいろとビッグマッチがありましたね。

試合の半分はレビューしていますが、一応まとめています。

~スポンサードリンク~

ユベントス 対 トッテナム 2-2

レビューはこちら

ユベントスのゾーンはレベルが高いんですけどね。
それをかいくぐって中央突破していったトッテナムが強かったですな。

イグアインのPKは外しそうな雰囲気がありましたね。

バーゼル 対 マンチェスター・シティ 0-4

アウェーで快勝したシティ。
次はホームだから、半分寝てても勝てるよね~

得点者
前半14分 シティ:ギュンドアン
前半18分 シティ:ベルナルド・シウバ
前半23分 シティ:アグエロ
後半8分  シティ:ギュンドアン

ギュンドアンの先制ゴールとベルナルド・シウバのボレーはうまかったです。

アグエロのシュートは見事ですけど、バーゼルのGKと正面のDFはポジショニングが被ってたんでね。

ちょっとレベル差がありすぎた試合でした。

ポルト 対 リバプール 0-5

シティに引き続き、こちらもアウェーで快勝したリバプール。
セカンドレグはやらなくていいかもしれませんねw

得点者
前半25分 リバプール:マネ
前半29分 リバプール:サラー
後半8分  リバプール:マネ
後半25分 リバプール:フィルミーノ
後半40分 リバプール:マネ

マネがハットトリック。
彼が調子を上げてくると日本代表はピンチです。

サラーのごっつぁんゴールはボールコントロールが激ウマ。

レアル・マドリード 対 パリサンジェルマン 3-1

レビューはこちら

セカンドレグはどうなりますかね。
レアルが無失点で試合を終えるとは思えませんので、アウェーゴールがキーになってきそうです。

チェルシー 対 バルセロナ 1-1

レビューはこちら

失点以外はほぼプラン通りの試合をしていたチェルシーですが、あの凡ミスは痛かったですな。
しかも、拾われたのがイニエスタなんで、やられてもしかたありません。

バイエルン・ミュンヘン 対 ベシクタシュ 5-0

思った以上の点差がついたこのゲーム。
ベシクタシュはもっとやれるチームだと思いますけど、退場者が響きましたな。

得点者
前半43分 バイエルン:ミュラー
後半8分  バイエルン:コマン
後半21分 バイエルン:ミュラー
後半34分 バイエルン:レバンドフスキ
後半43分 バイエルン:レバンドフスキ

一発レッドはかわいそうでしたね。
決定機阻止でもレッドにしなくていいようになってますから。

ミュラーは調子いいですね。
ワールドカップも大丈夫そうです。

セビージャ 対 マンチェスター・ユナイテッド 0-0

レビューはこちら

一番可能性が高かった結果なんですかね。
セカンドレグはどうなるかわかりません。

シャフタール 対 ローマ 2-1

今大会のダークホースであるシャフタールがローマに逆転勝ち。
次のアウェーゲームは激しい戦いになりそうです。

得点者
前半41分 ローマ:ウンデル
後半7分  シャフタール:フェレイラ
後半26分 シャフタール:フレッジ

ユンデルかウンデルかどっちかわかりませんけど、ゴールシーンの飛び出しは完璧でしたね。

フレッジのFKはアリソンと言えどセーブするのは不可能です。

ローマ的には2失点で凌げて良かった感じでしょう。