17/18チャンピオンズリーグ決勝ラウンド16の第2戦、ハイライトまとめです。

これでベスト8が決まりました。

~スポンサードリンク~

リバプール 対 ポルト 0-0

2戦合計5-0でリバプールが勝ち抜け。
まあ、アウェーで大勝してましたし、引き分けただけでも上等だと思いますね。

得点者
なし

マネのライダーキックは惜しかったですね。

とりあえず、ポルトとリバプールにはかなりの実力差があったんでしょう。

パリサンジェルマン 対 レアル・マドリード 1-2

こちらの試合はレビューしております。

記事はこちら

まあ、タレントを集めただけでは、厳しい勝負もあったってところでしょうかね。

トッテナム 対 ユベントス 1-2

こちらの試合はレビューしております。

記事はこちら

ホントにユベントスの勝ち抜けにはビックリしました。
やっぱり本戦が始まるとイタリア勢は勝負強いですな。

マンチェスター・シティ 対 バーゼル 1-2

2戦合計5-2でシティがベスト8。
ホームゲーム負けちゃってますけど、この辺でガス抜きするのがちょうどいいかも。

得点者
前半8分  シティ:ジェズス
前半17分 バーゼル:モハメド
後半26分 バーゼル:ラング

ジェズスは久しぶりのゴールになりましたね。
W杯へ向けてコンディションを上げてほしいところ。

それで失点したシーンではシティの選手のプレスバックが激ワル。
状況が状況なんで仕方ないところもありますけど、なんか珍しいですな。

一流の選手でも集中してないと、簡単にやられてしまうことがよくわかるゲームになりました。

マンチェスター・ユナイテッド 対 セビージャ 1-2

こちらの試合はレビューしております。

記事はこちら

ホントこの試合のユナイテッドはポンコツでした。

ローマ 対 シャフタール 1-0

2戦合計2-2ですが、アウェーゴールの差でローマが勝ち抜けです。
ユベントスに続き、イタリア勢が強いです。
シャフタールには期待してましたけど、早々に消えてしまいますね。

得点者
後半7分  ローマ:ジェコ

とりあえず、シャフタールはローマにゲームをコントロールされてしまった試合です。

ジェコの抜け出しは見事でしたけど、ちょっとラインがずれてました。

ベシクタシュ 対 バイエルン・ミュンヘン 1-3

2戦合計1-8でバイエルンが勝ち抜けです。
折り返しでも相手をボコボコにしたのはバイエルンだけです。

得点者
前半18分 バイエルン:アルカンタラ
後半1分  バイエルン:オウンゴール
後半14分 ベシクタシュ:ラヴ
後半39分 バイエルン:ヴァーグナー

関係ありませんけど、ビダルのモヒカンって相当綺麗ですよね。
彼の髪型は一流だ。

オウンゴールはもったいなかったですな。
でも、1点返せただけ良かったんじゃないでしょうか。

バルセロナ 対 チェルシー 3-0

こちらの試合はレビューしております。

記事はこちら

メッシ、デンベレ(メッシ)、メッシ。