17/18シーズンのチャンピオンズリーググループステージE~Hのハイライトまとめです。
軽い解説もつけています。

セビージャ対マリボル

グループEの一戦。
僕が見てきた試合ではあんまりいい試合をしていなかったセビージャですが、この試合は完勝していますね。

まあ、マリボルがヘボいので、この辺でズッコケてる場合ではありません。
PKなんかもあって、3-0でセビージャが勝利。

スパルタク・モスクワ対リバプール

グループEのもう一試合。
コウチーニョがやらかして、挽回してという試合です。

スパルタクのキーパーが相当頑張ってましたね。
1‐1で引き分け、にしてもリバプールはホント強くない相手が苦手ですね。

マンチェスター・シティ対シャフタール

グループFの試合です。
シティホームの試合ですが、シャフタールが意外と頑張ってましたね~

デブライネのシュートは止めるの、不可能。
ボンクラタクシー運転手のせいで、肋骨を骨折するケガをおってしまったアグエロは珍しく、決定機を外してましたね。
PKも外してたし、もうこの日から呪われてたんじゃねえか?
2-0で、シティが勝利。

ナポリ対フェイエノールト

グループFのもう一試合。
早くナポリのレビューがしたい今日この頃です。
次はシティとあたるだろ。

疑惑のPKもレイナがファインセーブ。
その後、ナポリがとどめの一撃。
最後にフェイエが維持を見せましたが、試合は3‐1でナポリの勝利。

ベシクタシュ対ライプツィヒ

グループGの試合。
すごい地味なマッチメイクです。

ベシクタシュのバベルは何年か前のオリンピックの時にオランダ代表で出ていたのを覚えています。
一緒にいた、クインシーに日本代表がフルボッコにされたのを覚えています。
すごい強烈だったんですが、2人ともブレイクしなかったですね~

クアレスマの右足のアウトサイドキックのクロスはめちゃオシャレですね。
日本人にはできない蹴り方です。
ライプツィヒはいいところなく、2‐0でベシクタシュが勝利。

モナコ対ポルト

グループGのもう一試合。
まあ、このグループの組み合わせ自体が地味です。

モナコのキーパーが相当踏ん張ったんですが、あんだけ蹴られまくったら、止めるのは無理です。
それにしても、モナコは昨シーズンの面影がまったくありません。
0‐3でポルトの勝利。

ドルトムント対レアル・マドリード

グループHの試合です。
ハゲ監督同士の戦い。
ハゲ監督バトル詳細

ドルトはヤルモレンコが活躍できなかったですね。
逆にレアルのベイルに活躍されてました。

ベイルのスーパーゴールを含め、1‐3でレアルが勝利。
アウェーゲームの方がしっかり勝つレアル。

APOEL対トッテナム

グループHのもう一試合。
まあ、APOELはしんどいグループですよね。
勝ち点とれそうな相手がいません。

APOELが意外と攻めてたんですが、全然決めれなかったですね。
ハリー・ケインは強力ですね。
コンテが欲しがるはずだ。
0‐3でトッテナムの勝利。

P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”