17/18シーズンチャンピオンズリーググループステージ第3節のハイライトまとめです。
グループE~Hの試合をまとめています。

スパルタク・モスクワ 対 セビージャ 5-1

グループEの試合です。
このグループはセビージャが負けたことで、だいぶ混とんとしています。

セビージャは大量失点していますが、前半はだいぶ押してたみたいですね。
メルガレホのシュートは後ろから来たボールをダイレクトシュートしてますけど、結構難しいですよ、これ。
スパルタク・モスクワはきめるとこしっかり決めて、大量得点につながった感じですね。

得点
前半18分 モスクワ:プロメス
前半30分 セビージャ:ケアー
後半13分 モスクワ:メルガレホ
後半22分 モスクワ:グルシャコフ
後半29分 モスクワ:アドリアーノ
後半45分 モスクワ:プロメス

マリボル 対 リバプール 0-7

グループEのもう一試合。
こっちも大量得点です。

まあ、レベルが違う感じですね。
マリボルは結構高い位置でボールを奪われてるし、どうにもなりません。
リバプールにとってはユナイテッド戦を忘れるのにいい試合になりましたね。

得点(すべてリバプール)
前半4分  フィルミーノ
前半13分 コウチーニョ
前半19分 サラー
前半40分 サラー
後半10分 フィルミーノ
後半41分 チェンバレン
後半45分 アーノルド

マンチェスター・シティ 対 ナポリ 2-1

グループFの試合。
こちらの試合はレビューしています。
記事はこちら

まあ、今節のゲームの中では一番面白い試合だったと思います。
シティが圧倒するのかと思いきや、ナポリが盛り返したんで、見ごたえがありましたね~

フェイエノールト 対 シャフタール 1-2

グループFのもう一試合。
実はシャフタールはかなり強いんじゃないかという噂があります。
ペップもシャフタールを警戒してますし、この試合にも勝って2位にいますから。

シャフタールの1点目、奪ってすぐのスルーパスは見事ですね。
2点目の崩しも圧巻です。
このグループはシティ、ナポリ、シャフタールと、同じような戦い方をするチームが固まってて面白いね。

得点
前半8分  フェイエ:ベルフハイス
前半24分 シャフタール:ドゥアルテ
後半9分  シャフタール:ドゥアルテ

モナコ 対 ベシクタシュ 1-2

グループGの試合です。
実はベシクタシュっていう、トルコのわけわからんチームが3連勝して首位にいます。
ほかのグループに比べて、レベルが落ちているとはいえ、やっぱり強いんでしょうね。

モナコのファルカオの動きはストライカーらしいですよね。
でもその後すぐに、めっちゃきれいにベシクタシュに同点ゴール決められてます。

モナコの守備は全体的に足が止まってますね。
ってか、全然観客おらへんやん。

得点
前半30分 モナコ:ファルカオ
前半34分 ベシクタシュ:トスン
後半9分  ベシクタシュ:トスン

ライプツィヒ 対 ポルト 3-2

グループGのもう一試合。
ライプツィヒが勝って、2位以下はかなり混戦になってます。
ちなみにライプツィヒはCL初勝利みたいです。

ポルトの1点目はすごいですね。
上からの難しいボールですが、反転しながらボレーで決めてます。

勝ってますが、ライプツィヒは案外失点が多いですね。
この試合はセットプレーから2失点です。

得点
前半8分  ライプツィヒ:オルバン
前半18分 ポルト:アブバカル
前半38分 ライプツィヒ:フォルスベリ
前半41分 ライプツィヒ:アウグスティン
前半44分 ポルト:マルカノ

アポエル 対 ドルトムント 1-1

グループHの試合です。
ドルトはもう無理ですね。
アポエル相手に引き分けてたら、ダメですよ。

香川は出場してますが、パフォーマンスは良くなかったみたいです。
彼はワールドカップ含め、踏ん張りどころですね。

アポエルはFWとGKが負傷交代してしまうんですが、その2人が頑張ってます。

得点
後半17分 アポエル:ポテ
後半22分 ドルト:ソクラティス

レアル・マドリード 対 トッテナム 1-1

グループHのもう一試合。
こちらの試合はレビューしてます。
記事はこちら

両チームのGKが神セーブ連発です。

関係ないけど、クロースって男前ですよね。

P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”