18シーズンJ1リーグ第3節のハイライトまとめです。
得点者情報と感想をつけています。

順位(第3節終了時点)
1位 広島   9
2位 川崎   7
3位 清水   7
4位 名古屋  7
5位 仙台   7

~スポンサードリンク~

川崎フロンターレ 対 ガンバ大阪 2-0

こちらの試合はレビューしてますので、ハイライトはそちらで。

記事はこちら

横浜Fマリノス 対 サガン鳥栖 1-2

ガンバと並んでポンコツぶりが半端ないマリノス。
だから、サッカーは守備から考えないといけないんだって。

得点者
前半12分 鳥栖:チョ
後半12分 鳥栖:イバルボ
後半42分 横浜:ウーゴヴィエイラ

最初のバックパスは誰に出そうとしたかわかりませんな。
あっ、違うわ、ナイスアシスト。

あと、ハンドが多い試合です。
マリノスは攻撃的な戦い方をしてますが、シュートを打ってるシーンはあまりありません。

ベガルタ仙台 対 ヴィッセル神戸 1-1

先手をとって有利に試合を進めてたヴィッセルですが、最後に追いつかれてます。
というか、仙台は強いですね。

得点者
前半27分 神戸:三原
後半41分 仙台:石原

三原のシュートはうまかったですね。

個人的にキムスンギュは好きなGKなんですけど、おそらくファンは僕だけ。

まあ、仙台がよく我慢して最後に追いついた感じでしょうな。

ヴィファーレン長崎 対 浦和レッズ 1-1

なんか調子が上がらないレッズ。
守備の堅さも無くなってきてますし、危ないにおいがしますな。

得点者
前半44分 長崎:鈴木武蔵
後半31分 浦和:ズラタン

まあ、PKからの失点ですけど、ちょっともったいなかったですね。

とはいえ、ギリギリで追いつけたのは良かったですな。

鹿島アントラーズ 対 サンフレッチェ広島 0-1

あれっ!?
常勝軍団のアントラーズが負けてる。

得点者
後半6分  広島:和田

決勝点はやらかしちゃいましたね。

それにPKも外れちゃって、全体的にらしくないプレーが多かった感じかな。

柏レイソル 対 セレッソ大阪 1-1

この試合はレビューするつもりが、忘れてました。

得点者
前半4分  柏:クリスティアーノ
後半15分 大阪:ソウザ

レイソルのスタジアムは選手との距離感が近くていいですな。

セレッソ最初の失点は非常にもったいないし、あのパスミスは寝ながらプレーでもしてたんですかね。

とはいえ、ソウザのミドルシュートにはビックリ。
これはスーパーゴールだ。

ジュビロ磐田 対 FC東京 2-0

ひそかに期待しているジュビロ。
やっと勝ってくれました。

得点者
後半7分  磐田:アダイウトン
後半44分 磐田:ムサエフ

中村俊輔のクロスとアダイウトンのヘディングは質が高かったですな。
っていうか、アダイウトン金髪になってる。

名波さんおめでとうござんす。

コンサドーレ札幌 対 清水エスパルス 1-3

エスパルスが謎に調子がいいですね。
どうした。

得点者
前半15分 札幌:ジェイ
前半26分 清水:クリスラン
後半3分  清水:金子
後半22分 清水:河井

ジェイの高さを活かした先制ゴールまでは良かったでしたけど、その後がグズグズだったでしょうか。

ちょっと、コンサドーレの守備がザルだった感じ。

湘南ベルマーレ 対 名古屋グランパス 0-0

昇格組の対決はスコアレス。
まあ、妥当な結果でしょうかね。

得点者
なし

結構な攻撃力があるグランパスですけど、それを跳ね返すほどのいい守備を湘南はしますね。

これが継続できてれば、降格はしないと思います。