代表ウィークに入って、日本代表に関する記事を書きまくったんですが、なんだかんだ守備のことばかりやってます。
まあ、個人的にサッカーのチーム作りは守備から考えるべきだと思ってますし、攻撃だって守備からスタートするわけなんで。
それに攻撃って個人のパフォーマンスで何とかできちゃうこともあるし、セットプレーでゴールを奪うことも可能です。
(相手のミスを狙ってショートカウンターとかもありますし)
だから、攻撃のことで悩むよりも守備のことをしっかり考えて、失点を抑える方が効率的だと思えちゃうんですよね。

そういうこともあって、ハリルさんの戦い方には賛成してます、基本的に。
それは「チーム作りを守備から考えてる」からです。
(まあ、理由はそれだけやけど)
ただ、未だに岡崎を使った4‐4‐2にした方がいいとは個人的に思ってますけどね~
(岡崎は4-3-3では活きてこないし)

~スポンサードリンク~

海外遠征の感想

正直ブラジルとやったときはマジで”やべえな”と思いましたが、ベルギーとは思った以上に戦えて「意外とイケるんかな?」って印象が変わった感じです。
まあ、それぞれチームとして戦い方が違うので観てる方の印象が変わってくるのは当然なんですが、4バックと3バックだとやっぱり今の日本代表って3バックの方が戦いやすいんですよね。

で、ベルギーに関していうと、「あれだけマンマークされるとやっぱり攻撃しにくかったんだな~」っていうのが印象的でしたね。
現代サッカーはゾーンディフェンスが主流の中、慣れてないマンマークで守備をされるとトップレベルのチームでも”意外と困る”みたいです。
(まあ、チーム同士の相性とかもあるけど)
だからワールドカップもそういう感じで、強豪相手に苦労させることができるんかな~とか勝手に思ってます。
(それでも期待はしてないけどww)

~スポンサードリンク~

マッチメイクをミスってないか?

それで「ブラジルは日本と戦って意味あったんか?」って書いたんですが、これって日本代表にも言えるな、、、って今になって感じてます。
(結果的にほとんど収穫が無かったわけだし、、、)
海外遠征ってワールドカップ本番を想定しての戦いですが、ワールドカップでブラジルとあたる可能性って実はかなり低いんですよね。
それでもブラジルと似たようなスタイルで戦うチームがあればまだ参考にはなるんですが、、、

僕が思うに”ブラジルのサッカー”って、ブラジルしかやってこないんですよ。
ほぼ個人サッカーとでもいうか、最近は組織的に戦うこともあってチームとしての動きももちろんあるんですが、それでもやっぱり独特なんですよね。
南米スタイルでもアルゼンチン・ウルグアイとは全然違う戦い方です。

だから、そうやって考えるとブラジルと親善試合をして、その意味が出てくるのって、”ワールドカップの優勝を狙っている時だけ”だと思いません?
だって、グループリーグ突破が(ぶっちゃけ)チームの目標だし、同じグループにブラジルが入ってきたとしても、その試合は「どうせあきらめるしかない」し。
結局、残りの2試合でどうやって勝ち点を拾っていくか考えるようになるわけだし。
現実的に考えるとマッチメイクミスってたっていうか、、、

ブラジル恐怖症

それで結果的にブラジルには手を抜かれた試合をされてたしまったわけで。
それによって日本人選手は「やっぱブラジルはやべえな」って改めて”リスペクトするようになってしまった”と言えます。
(一種のトラウマ的な)
結局、手を抜かれて戦われたことで「もし、本気だったら、、、」って考えちゃうんですよね。

それに、みんな簡単に「相手をリスペクトするな(ビビるな)!」って言うけど、それを言われて治れば”誰も苦労しねえよ!”って話で、、、

実際に対戦した選手たちのコメントにも「ブラジルが本気じゃなかった」って言葉があったように、今の実力差のままで、今後もし親善試合で戦うことになったとしてもブラジルにまた手を抜かれると思います。
トラウマを解消するにはブラジルに本気で戦ってもらって、そのうえで日本がその戦いに手ごたえを感じる必要があります。
だから、要するに、、、

これから20年間はブラジルと戦わなくていい

まあ、これもブラジルと日本のレベル差が今後縮まっていくっていう前提の話なんですケドね。
(レベル差が縮まらないなら、一生戦わなくていいぐらい)

まあ、(アンダーカテゴリー含め)ワールドカップの抽選で同じグループに入ったりすることもありますし、実際は完全に戦わないようにするのは難しいです。
それでも、親善試合の相手としてブラジルをチョイスするのはまったくもってやめてほしいですね(今後20年間ね)。
アルゼンチン・ウルグアイ・チリとかなら問題ないんですが、ブラジルはダメですね、ブラジルだけはフルシカトで。

最後に

今回の海外遠征は僕個人としてはいろいろと収穫がありました。
ハリルさんが目指してるサッカーが(強豪と戦うことで)かなりはっきり見えてくるようになったし、自分自身のサッカーを見る力っていうのも上がってきたような気もするし。
(気のせいかもしれんケド、、、)

それでこれから日本代表の選手で個人的に”頑張っていただきたい”のは浅野くんです。

Embed from Getty Images

ベルギー戦では足元のテクニックの無さをかなり露呈させてしまったんですが、、、
たぶん今後もハリルさんは使い続ける(選び続ける)と思ってます。
だって、足元が”どヘタ”なのはもともとわかってるし、それでも招集しているのは縦への推進力を評価しているからですよ。
だから、そういう意味では井手口もそうなってきますね~

この2人に関しては少々ポカをやっても、ワールドカップに連れていくと思ってます。
若いので伸びしろもあるとは思いますが、これからこの2人がどこまで伸びるかでワールドカップの結果が変わるかもしれません。

まあ、頑張ってや~
(あんまり期待してないけど、、、特に浅野)

それではまた次回!!!

P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
(ブックマークのかわりにも使えます)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”