誰がポンコツなのかは画像でわかるかと思いますがww
まあ、その辺は後に触れるとして、、、

18年ロシアワールドカップのアジア最終予選、日本代表対サウジアラビアです。
日本にとってはアウェーの試合です。
サウジにとっては、ワールドカップ出場の自動出場(2位以内)をかけた大一番になります。
勝ち点で並ぶオーストラリアがグループ最弱のタイと対戦するので、サウジとしては勝てないと3位になる可能性が大きい試合です。

日本代表にとっては、ワールドカップが決まった後の試合なので、テストマッチ的な意味合いが強いですが、見どころがないわけではありません。
(詳しくはこちらの記事を参照
深夜2時30分からのキックオフって、観る方はめっちゃ眠いんですけど、ワールドカップ出場が決まったこの状況で、サウジ戦を観戦してる方って、本当にサッカー好きだと思います。
ちなみに解説はまた松木さんです、こんばんは!

~スポンサードリンク~

フォーメーション

日本代表、サウジアラビア戦のフォーメーションです。

フォーメーション

前線の3枚は入れ替えてきましたね。
あとは、柴崎岳がスタメンに入っています。
まあ、ガチメンバーではないですが、やっぱりいろいろ戦力を試すにしても海外組です。

前線の3枚をどう使うか?

前回の記事(こちら)で攻撃面について、書ききれなかったんですが、それは3トップの使い方をどうするかなんですよね~
基本、ハイプレスでかつカウンター主体ですが、前線の左右2枚をワイドに使うのか?、シャドーとして使うのか?ってところで戦い方を変えることができます。

で、岡崎が3トップの真ん中にいて、本田が右サイドでその下に柴崎がいるので、カウンターの時の起点になるのはこの部分ですね。
本田か柴崎を経由して、岡崎・原口が裏を狙うのが基本になると思います。
まあ、それならそれでいいですけどね、サウジ相手にハマるかどうかはわかりませんが。
(あんまりワイドに使う気はなさそうってことね)

オーストラリアの時は相手が3バックだったんで、基本的に左右のトップをワイドに使ってましたが、サウジアラビアは4バックなんでこういう戦い方を意図した感じですかね。
やっぱ、テストマッチ的な位置づけでもしっかりチームの戦い方にはこだわっていると思いますよ、ハリル監督は。

前半は膠着

前回のオーストラリア戦に続き、やっぱり守備ブロックは距離感をかなり気にするようになってますね。
かなりコンパクトに保っていますし、ディフェンスラインを上げるか下げるかは相手の状況によるって感じです。
ボールを奪われてすぐの時には、かなり激しくプレッシングに行ってますけど、ある程度キープされると無理はしませんね。

サウジもあまり前からプレッシングをかけてきませんね。
4バックですし、守備ブロックの位置は低めです。
両チームとも、割と似たような守り方をする感じですかね~

展開的には押し込まれることが多かったですけど、膠着している感じですね。
シュートは日本の方が多いですし、どっちペースとも言えないですね~
ってか、原口は結構体がキレてますね。
コンディションよさそうです。
乾と原口を同時に起用するプランはハリル監督にないんですかね~

守備に関しては悪くないとは思いますが、ちょっと自陣のバイタルエリアでパス回されすぎですね。
あと、ミスからサウジのシュートチャンスにつながってたのもありましたね~~

というか、本田ビックリするぐらいミスってんな!!
サウジのディフェンダーなみにチャンスつぶしてたで!!!

浅野登場

本田がポンコツすぎて、後半から浅野の登場です。
ってか、サウジ、コーナーキックの時に日本選手のマーク外しすぎでビックリします。
サウジもたいがいセットプレーの対応に問題ありですね~

両チームとも決定機を作るんですが、決めきれない状況です。
でも、浅野が入って、日本のカウンターがスムーズになりましたね。
これもひとえに本田さんがベンチに下がったからです。

とか変なこと考えてたら、後半18分に失点してもうた~~
あんまり失点しそうな雰囲気なかったんですが、守備ブロックはコンパクトにしてたのに選手の足が止まってましたね~
前半からバイタルでスコスコ回されるシーンがあったんですが、ちょっと対応しきれなかったです。
これは良くない失点ですね、スペインとか相手だとボコボコにされるパターンです。

リードされてからは、日本がロングボールを多用してましたね。
杉本も入ってきたし、セカンドボールを拾えればって感じでしたけど、全然うまくいってなかったです。
久保も入りましたけど、ゴールは奪えず、そのまま終了です。
(ハイライトアップされるの早いですね↓)

セカンドボールがね~

結局、1-0で負けちゃいましたね~~
まあ、負けたのは得点チャンスをしっかり決めることができなかったことが大きかったんですけど、これがサッカーですからね。
サウジは結構マークが外れてることが多かったですが。
特にセットプレーからは日本の選手をフリーにしてましたし、結構、致命的なミスをしてたんですがね。。。

あとは、失点してから、かなりバタバタしましたね。
全体的に間延びしてたし、ゴールを奪うのにパワープレーしてましたけど、セカンドボールを拾えないからチャンスにすらならなかったですね~
結局、攻撃の時も守備の時もセカンドボールはワールドカップに行くまでの日本の課題です。

カウンターも課題

前半が特にそうやったんですけど、カウンターが中途半端なんですよね~
本田のところでめちゃくちゃボールを奪われてたし、さすがに前半で下げるしかないよね、これは。
今後、カウンターのスピードと正確性は集中的に磨く必要がありますし、やり方を考える必要がありますね。

半分寝ながら書いたんで、めっちゃ長くなりましたが許してください。
ホントは日本が負けてなかったら、「オーストラリアもポンコツやったが、サウジはもっとポンコツやった」にしたかったんですけど、一番ポンコツやったのは本田さんでしたw
本田さん、メキシコで頑張ってください。。。

P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”