前回に引き続き、「縦に早いサッカー」とは何か?を考えていきます。
ショートカウンターを積極的に狙うには高い位置から相手ボールを奪う必要があることなど、それとは別にインターセプトも重要なのは前回の記事で書いてます。

前回の記事はこちら

また、日本代表が押し込まれてる試合を観ると日本のファンが試合内容に不満を感じてしまうことがある、、、
っていうことも前回の記事で触れてはきましたが、実はもう一つ原因があります。
今回はその点について書いていきます。

~スポンサードリンク~

日本のパフォーマンスが悪く見えるのは

ハリル監督の「縦に早いサッカー」っていう言葉にとらわれて、単純な縦パスばかりを狙う戦い方になってしまっていることがあります。
でも、おそらくハリル監督としてはそういう意味で使っているのではなく、”有効な縦パスが狙える状況を見逃すな”ってことだと考えられます。
それに”そういう状況をいかに作り出せるか?”って部分も重要になってきます。

まあ、アジア最終予選が始まってから、攻撃の部分で日本代表が低調なパフォーマンスが続けていたのは「縦パス」というものにこだわりすぎていたためですし、そこにはハリル監督と選手とのイメージにずれがあったんだと思います。
縦パスを急ぎすぎて、パスミスをしてしまう、正直こんなシーンは山ほどありました。
パスミスに関しては代表選手個人のパフォーマンスや能力の問題もありますが、歴代の日本代表がやってた試合と比較しても非常に多くなってます。
まあ、この辺の事情もあって、ハリル監督は解任すべきって声も上がってますし、オーストラリア戦の結果次第ではクビが危ないかもしれません。

それで、ハリル監督が他にもコンセプトとして掲げている”デュエル”。
これも相手ボールを奪うことやインターセプトに当然のことながらかかわってきます。
ただ、チームとして積極的にインターセプトを狙っているようには見えません。
ボールのところへは積極的に突っ込んではいるんですけどね。

まあ、なぜか愚直に相手が”ボールを持ったところだけ”を狙っているように見えます。
実は相手がキープしているボールを奪うのって相当にエネルギーを使うし、仮にそのボールを奪えたとしても、その周りにはボールを奪われた相手選手も残っているわけで、、、
かなりごちゃごちゃしていることが多いから、スムーズに攻撃に移れないことが多いです。

~スポンサードリンク~

味方がボールを奪える前提で動く

「縦に早いサッカー」は単純に縦パスを急ぐんではなく、いい位置で(高い位置で)インターセプトし、そこから少ないパスで相手ゴール前まで運ぶことが重要です。
相手選手が戻って来る前に決着(フィニッシュ)をつける必要がありますし、そういう意味で言うと多少の無理をしてでも急ぐ必要があります。

そして、ここからが重要なところです。
相手からボールを奪う(インターセプトする)前から、周りの選手は攻撃のことを意識した動きをする必要があります。
特にフォワードの選手は、相手の背後のスペースを狙う動きをし始めていないといけません。

サッカーっていうのはタイミングのスポーツです。
いいスペースがあったとしても、そこを狙うのに1秒でも遅れてしまったら、チャンスにはなりません。
ということは、相手からボールを奪った段階で動き出しても遅いことが多くなります。
相手チームのレベルが上がれば上がるほど攻守の切替(トランジション)も早いですから、よりこの部分は意識する必要があります。
また、ボールを奪った後に質の高い縦パスを送れる選手がいればより効果的になります。

縦に早いサッカーはこんなイメージ

かなり昔に親善試合で日本代表とイタリア代表が戦ったことがあります。
その時の日本の得点シーンがまさに僕が延々と書いてきたイメージにマッチしてます。
↓がその時の得点シーンです。

ちなみにボールを奪取して、正確な縦パスを供給したのは、稲本選手です。
で、この時ゴールを決めた柳沢選手は、稲本選手がボールを奪って自分にパスを出してくれると感じて、事前に動き出しています。
柳沢選手のシュートには普通にビックリしたのを覚えていますが、稲本選手もインターセプトからいいクロスボールを出しています。

Embed from Getty Images

こういった感じの得点シーンをここ最近の代表選で見る機会がありません。
なんとか、次のオーストラリア戦でこういう綺麗な形でゴールを奪っていただきたいものです。

プレーオフで韓国と戦うなんて試合は見たくないよ!

ランキングサイトで様々なサッカー情報サイトをチェックできます。
(↓のバナーリンクから移動できます)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”