17年のJ1リーグ第28節のハイライトまとめです。
軽い解説(ヤジ)をつけてます。

サガン鳥栖対鹿島アントラーズ 1-0

首位の鹿島が負けちゃった試合ですね。
鳥栖はかなり決定機を作ってますけど、シュートがポンコツなせいで、なかなか点が入ってませんね。
ホントこういう試合を見ると、シュートが大事なのがよく分かります。

鹿島の失点シーンはDFが2人もいながら、離してしまって、ヘディングでやられてます。
こんな守備はしてたらいけないよ~
それにしても、鳥栖はシュートを外しすぎ。

柏レイソル対ヴァンフォーレ甲府 0-1

レイソルのYouTubeの公式アカウントは、ハイライトを配信しているけど、埋め込みができない仕様になってました。
最近好きになってきてたけど、これで大嫌いになりました。
(埋め込まれることで、再生回数が上がるのにね~)

試合もホームで、負けてるし。
甲府のオグラはかなり反応良かったですね、シュートはポストに嫌われたけど、、、
レイソルは決めるべきとこを決めきれずに、ヴァンフォーレにやられちゃいましたね。
まあでもあそこで、シュート打たれたらダメよね、人数余ってたのに。。。

サンフレッチェ広島対コンサドーレ札幌 1-1

ヴィッセルとの試合ではかなりポンコツなイメージをもった、コンサドーレ。
アウェーゲームでしたが、勝ち点を取ってますね。

ホント、Jリーグは。
あんなんで、PKを取るなって。
(両方ね。)

大宮アルディージャ対清水エスパルス 0-0

スコアレスドローでしたね~
コンサドーレの試合より、こっちの方がPKっぽい感じやったけどな。

途中エスパルスの選手はFKからのナイスクロスをヘディングでクリアしてるし。
まあでも、点が入りそうな雰囲気はなかったですね。

アルビレックス新潟対ヴィッセル神戸 0-2

われらがヴィッセルの試合。
アウェーでしたが、2点を取って勝ってます。
オウンゴールとポドルスキのゴール。

ポドルスキのゴールは相手DFが気を遣ってくれたんかなw
(詳細レビューはこちら

FC東京対ジュビロ磐田 0-0

この試合もスコアレスドローですね。
守備がいいから点が入らないのか、攻撃陣がポンコツやから点が入らないのかは、判断しかねますが。

いつ間にか、日本に帰ってきてた太田宏介がいるFC東京。
Jリーグってやっぱ、ボールをもってPA内に入った方が勝ちというか、ちょっとでも足を引っかけるとPKになっちゃうし。
だから、ドリブラーが目立ったりするんですよね。
で、イケると思って海外挑戦しても、全然ドリブルが通用しなくて、帰ってくるみたいな現象が多いんだな。

川崎フロンターレ対セレッソ大阪 5-1

フロンターレがセレッソをフルボッコ。
セレッソって、上位チームですよね?

川崎の先制点はうまかったですね。
ニアサイドのヘディングは難しいんですが。
(ちょっとセレッソのDFが離してたのは置いといて、、、)

フロンターレの3点目、外国人選手にシュートを打たれる前に、セレッソのDFが全然詰めてないという悲劇、、、
何をボケっとしてんだ!
(浮き球が結構滞空時間あったし、余裕で詰めれた)

4点目のシュートは文句ありません、普通にすごいと思います。

柿谷がゴールを決めたけど、もう柿谷のこと日本国民は忘れてます。
(大迫と一緒にブラジルで戦ってたけど、その後の差が激しすぎるw)

ガンバ大阪対横浜Fマリノス 1-2

全然いいところがないガンバ。
おなじ関西人として、頑張ってほしいところです。
試合は負けてんやけどね。

ガンバの1失点目は2人で潰しにいく必要があったのかな?と思うようなシーンです。
まあ、難しいところですが、2人で行くなら確実に潰さないとやられますよね。

ガンバの同点弾のあと、ナガサワをフリーにしてたマリノスのDFを中澤が叱ってますね。
(オレもその気持ちよくわかる)

ベガルタ仙台対浦和レッズ 2-3

打ち合いの試合をレッズが勝ち切ってますね。

レッズの先制点ですが、柏木がクロス上げるとき、ベガルタのDFみんな足が止まってるんやけど。
ちゃんと守ってよ。

べガルダの同点弾、柏木のミスがきっかけやけど、柏木が責任取って相手を一生懸命追いかけている中、CBの2人がそれをガン見してたらあかんやろ。
シュート打たれんように、ちゃんと詰めろって。

P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”