17/18チャンピオンズリーグ決勝ラウンド8のファーストレグ、ユベントス 対 レアル・マドリードのマッチレビューです。
昨シーズンの決勝カードと同じとなった因縁の対決。

去年の決勝は生で見てましたけど、前半の展開ではホントにどっちが勝ってもおかしくないぐらいハイレベルな戦いを展開してくれてましたし、今回の対戦も非常に楽しみです。
まあ、ラウンド16では両チームとも本来の強さを発揮できてましたし、ユベントスはかなり厳しい状況の中で迎えたセカンドレグ(ウェンブリーでのアウェーゲーム)にてトッテナムに逆転勝利してますから、ホント勝負強さがあります。

一方のレアルもリーグ戦は諦めるしかない状況となってますし、ジダン監督の面目を保つにはこのCLを頑張るしかありません。
そこの意思統一もあってPSGを粉砕したわけですからね。

僕の戦前の予想は”ユベントス有利”って感じでしたけど、まずはフォーメーションから見ていきます。

フォーメーション

ユベントスとレアル・マドリードのフォーメーションです。

4-4-2同士の対決です。

ユベントスは若手のベンタンクールが入ってます。
あと、レアルはイスコがスタメンですね。

全体の印象と試合展開

立ち上がりは少し静かな感じの入りをしてましたけど、いきなりスコアが動く格好にはなってます。
左サイドのイスコのクロスをPAでロナウドが合わせてレアルが先制。
このシーンはベンゼマが体を使って相手のCBをブロックしてたことによって、ロナウドが侵入するスペースが生まれてたんですよね。
普通に決めてますけど、質の高いプレーっていうのはいろんなところに隠れてます。

追いかけなきゃいけないユベントスでしたけど、そこまで前がかりにはならずけっこう冷静に戦ってた印象です。
まあ、追加点を取られると余計にしんどくなっちゃいますし、まだ慌てる時間帯でも無かったですしね。

それにユベントスは普通にチャンスメイクできてました。
展開としては互角な感じに見えてましたけど、フィニッシュの回数はユベントスの方が多かったですし、流れは悪くなかったんですよね。
ただ、結局ユベントスは同点にすることができず、前半は0-1で折り返すことになります。

後半も始まってからホームのユベントスがチャンスメイクしてましたけど決めきれない展開。
その状況に不安があったレアルはベンゼマに変えてバスケスを投入。
それによってちょっと構え方を変えてます。
(4-4-1-1みたいな感じ)

まあ、特別その効果があったわけでは無いんですけど、ロナウドのオーバーヘッドでレアルが追加点。
ビックリするようなロナウドのゴールでしたけど、ユベントス側のミスがきっかけだったんで”もったいなかった感”はあります。
そして、再開後のプレーでディバラが2枚目のカードをもらって退場。
この試合相当頑張ってたディバラがいなくなったことでユベントス側の集中が切れちゃいましたかね。
(だから、この数分間の出来事で勝負が決まってしまった感じですな)

その後しばらくしてマルセロが追加点を上げてレアルが3点目。
(めっちゃ狭いところをワンツーで抜けていったんですけど、この人はサイドバックです)
そして、それ以降はまあ、、、って感じでしたかね。
ユベントスは10人でしたし、点差もかなりあるのでどうしようもできませんでした。

相性が悪いユベントス

前回の対戦ではかなり積極的にプレッシングを仕掛けてショートカウンターから先手を取りに行く戦い方をやってましたけど、結局リードできないまま敗れ去ってしまったユベントス。
先手をとってガッツリブロックを固めていたらどうなっていたかわからなかった試合だったとは思いますし、戦い方としては間違ってなかったです。

それでこの試合も基本的なスタンスは前回と変わらず。
ただ、前ほど極端なプレッシングではなかった感じです。
まあ、ユベントスが勝てるかどうかはディバラとイグアインに懸かっているとは予想してましたけど、イグアインはともかくディバラは相当頑張ってましたね。
前の対戦ではハッキリ言って消えてしまっていたので、そうならないようにこの試合はかなり気合が入ってたんじゃないでしょうか。

それで守備対応に関しては立ち上がりこそ寄せが甘くなってやられちゃってますけど、それ以降の守りっていうのはかなり落ち着いてたとは感じてます。
(だからこそ、この失点や2点目のミスはもったいなかった)
ただ、もう少しボールを奪われた瞬間の”寄せ”を激しくしたかったとは思いますね。
まあ、トランジションの話にはなりますし、奪われる前の攻撃の陣形なんかも関係してはきますけど、中央をドリブルで運ばれてしまうと大体ピンチになりかけてましたんで。

あと、攻撃に関してはもう少し”展開の速さ”が欲しかったところでしたけど、セットプレー含め決定機をよく作ってました。
その流れの中で前半に同点にすることができていれば良かったんでしょうが、結果的に無得点でしたし、かなりしんどい試合にはなりました。

エースが決めたレアル

多少メンバーは変わって?ますけど、前回の決勝と同じ布陣で臨んできたレアル。
ポイントはユーベのハイプレスをカワしながらロングカウンターを決めきることができるかどうかってところでしょうかね~
って思ってましたけど、実際はそんなこと関係なしに相手を粉砕しています。

初っ端は左サイドの崩しからロナウドが先制することにはなりましたし、最高のスタートを切ったわけなんですけど、ホントにその流れのまま勝ち切りましたな。
CLに関してはロナウドのゴールへのフィーリングが完璧にあってますし、それは相手がブッフォンだろうと関係ありませんでしたね。

で、全体的な話では、、、
レアルも相手のユベントス同様、前線からプレッシングでボールをハメに行ってました。
ただ、ここでボールを奪ってチャンスになるシーンはあまりなかったような気がします。
それに先制のシーンはうまくいってましたけど、ビルドアップから相手を崩しきるのに苦労してたところもあったと思ってます。
それでも少ないゴール前のシーンをきっちり決めきった選手たちのレベルが高かったですな。

あとの注目はイスコだったでしょうかね。
自分達がボールを奪ってからは左サイドに展開することが多い選手なんですけど、守備の局面では中央に位置しながらアプローチに飛び出していくことが多くなってます。
まあ、ベイルとは明らかにタイプが違う選手ですし、守備での役割も変わってきてます。

この試合はかなり効いてましたけど、たぶん対戦相手との相性もあっていい活躍ができた気がします。
ベイルと比較されてしまうことが多いかとは思いますけど、ここは対戦相手に合わせて使い分けていけばいいとは感じてます。

攻撃では苦労するところもありましたし、ゴールを脅かされる場面は結構ありましたけど、なんだかんだで無失点で終えられたのは非常に良かったですね。
次のホームゲームはホントに楽になりましたな。

試合結果

試合は0-3でレアル・マドリードが勝利。

ちょっと予想外の展開にはなりました。

得点者
前半3分  レアル:ロナウド
後半19分 レアル:ロナウド
後半27分 レアル:マルセロ

交代者
ユベントス
後半24分 アサモア⇒マンジュキッチ
      ドウグラス・コスタ⇒マテュイディ
後半30分 ケディラ⇒クアドラード

レアル
後半14分 ベンゼマ⇒バスケス
後半30分 イスコ⇒アセンシオ
後半37分 モドリッチ⇒コバチッチ

ハイライト

全体のハイライトです。

まとめ

さすがにこの結果だとレアルの勝ち抜けが決まったようなもんですね。
次の対戦はディバラも出れませんし、点が必要な状況においてこれはしんどいと思います。

正直ここまで点差がつくとは思いませんでしたし、試合内容にもそんなに差があったわけではありません。
まあ、決めるとこをしっかり決めた”エースの差”が出てしまったんでしょうけど、それってホントに微妙なとこですよね。

とりあえずレアルが強かった、、、って印象の試合でした。
というわけで、また次回!!

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)

にほんブログ村 サッカーブログへ