17/18シーズンのブンデスリーガ第7節、アウクスブルク対ドルトムントのレビューです。
今回は香川真司がゴールを決めてくれたので、香川真司にフォーカスしています。
チャンピオンズリーグのグループステージでは、レアルに負けてしまい、流れが悪くなってたんですが、香川真司のループシュートで勝利をもぎ取っています。

香川のゴールを振り返りつつ、ドルトの失点シーンも解説しています。

~スポンサードリンク~

フォーメーション

アウクスブルクとドルトムントのフォーメーションです。

試合情報

試合は1-2で、アウェーのドルトムントがアウクスブルクに勝利しています。

 前半4分にドルト・ヤルモレンコ
 前半10分にアウクスブルク・カイウビー
 前半23分にドルト・香川真司

がゴールを決めています。

選手交代は
アウクスブルク   
前半38分 ケディラ⇒ク・ジャチョル
後半22分 グレゴリッチュ⇒セルジ・コルドバ
後半35分 ヘラー⇒エリック・トミー

ドルトムント    
後半12分 ダフド⇒カストロ
後半19分 ヤルモレンコ⇒フィリップ
後半36分 香川⇒トプラク

ハイライト

全体のハイライトです。
(消されてたら、ごめんなさい)

それでは試合を振り返っていきます。

立ち上がりから

香川はインサイドハーフで先発しています。
ドルトで結果を残そうと思えば、右サイドのヤルモレンコとの連携が大事になってきます。
最近のドルトの試合でキーマンになってくるのがこの選手なので、うまく連携ができれば香川も結果がついてくると思ってます。(今後も含め)

で、オープニングの香川の左足のシュートは良かったですね。
アウクスブルクのプレスが結構甘くて、バイタルでフリーになったんで迷わずシュートを打ってました。
それで得た、CKからヤルモレンコがゴールを決めることになりましたね。

CK自体はミスキック気味だったと思いますが、アウクスブルクの対応が甘くて、ヤルモレンコのところにうまいこと流れてきましたね。
まあ、ヤルモレンコはよく決めましたけどね~

アウクスブルクの戦い方

序盤に失点してしまって、かなりアウクスブルクとしてはかなりしんどい展開になってたんですが、ドルト相手に結構前からプレスに行ってましたね。
で、ビルドアップの時でも結構前に人数をかけてましたね。

まあ、この戦い方がうまくいって、早い時間にアウクスブルクが同点に追いついたんですが、、、


これ、失点のシーンです。
アウクスブルクの選手が3人、PA内に侵入しています。
で、ドルトの水色枠の選手が相手選手二人を気にしているのが、わかりますかね?
この辺から、1人のDFで2人の相手選手を見なければならない状況になってしまっています。

実際、守備の人数は足りているのに、局所的に数的不利になっている典型だと思います。


で、このシーン。
ちょっと角度的にわかりにくいですが、完全に赤線の選手に前を取られてますし、少し離しています。
結局、この選手がゴールを決めます。
やっぱ、2人見ないといけないので対応が遅れてますよね~

香川のループ

やっぱりドルトの攻撃はヤルモレンコが起点になることが多いですね。
ヤルモレンコが持った時に、逆サイドのプリシッチやオバメヤンがDFラインの裏を狙ったり、クロスを頭に合わせたり。
それが無理な時は、香川が近い距離で中央で受けて、そこからパスを狙ったり、シュートを狙ったりって感じで攻撃していました。

それで、香川のループシュートが前半23分に決まるんですが、これもヤルモレンコが絡んでます。
アウクスブルクのDFラインのミスから、オバメヤンが拾って、ヤルモレンコとつなぎ、最後に香川。
この辺のシュートセンスはさすがですね、なんか昔にもこんなゴール決めてたな~
これはゴールシーンだけ。

試合の印象

訳あって、試合は前半しか見れてません。
(まあ、ダ・〇ーンの調子が悪くてね。見どころは前半ばっかりやったし、許して♪)

で、香川のパフォーマンスとコンディションはどうだったかという評価が実は難しかったんですよね。
総じて、なぜか香川に対しては、アウクスブルクのプレスが甘かったんですよね。
(前半だけしか見てねぇけどw)
わりとフリーでボールキープ出来てたし、ドリブルに対してもあんまり詰めてこなかったんですよね。

まあ、さすがに深い位置にボールを運べば厳しくいってたんですが、なんか不思議でしたね。
ヤルモレンコに対しては厳しくプレスをかけたのにね。

結局、アウクスブルクとしてはヤルモレンコをかなり警戒してたし、そこを潰せば、ドルトの攻撃が停滞するだろうという狙いだったと思います。
まあ、リーグ戦好調だけあって、意外といい戦いをしたアウクスブルク。
確か、昨シーズンは降格しそうだった気がするんですが、何があったんですかね?

まあいいや、それよりケルンと大迫の方が心配なので、、、
また次回!!

Twitterでは最新記事の更新をお知らせしています。


P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”