18シーズンJ1リーグ第4節のヴィッセル神戸 対 セレッソ大阪のマッチレビューです。
兵庫県人なのに開幕からまったくヴィッセルの試合を観ていないのはやべえなと思って、今回の対戦カードをピックアップしています。

それでヴィッセル・セレッソともにリーグ戦はつまずき気味。
特に昨シーズン2冠のセレッソなんかはACLの影響もあってか、なかなかチームの調子が上がってきてないみたいですね。
今年は優勝候補に挙がってると思いますし、そろそろギアを上げていきたいところでしょうか。

同じようにヴィッセルもホームゲームですし、ここを勝っていいきっかけにしたいところです。
まあ、難しい相手でしたがヴィッセルにとってはいい試合になりましたかね。

というわけで、まずはフォーメーションから。

~スポンサードリンク~

フォーメーション

ヴィッセルとセレッソのフォーメーションです。

4-5-1と4-4-2です。

セレッソは少し連戦でメンバーを変えてるみたいです。
(オスカルとニアミスのオスマルとか)

試合内容的には、、、

どっちが試合を優位に進めるのか?結構予想が難しいゲームでしたけど、前半はホームのヴィッセルがボールを支配して押し込む時間が長かった印象です。
僕としては思ってたよりヴィッセルのパフォーマンスが良かった(プレーが安定してた)感じはありました。
逆にセレッソは少し重たい感じがあった気がします。

球際のところもヴィッセルに分があったと思いますし、セレッソへのアプローチも速かったんで、ヴィッセルがボールを持てる時間が長くなってた感じです。
まあ、ヴィッセルの選手が足元の技術に特別(相手より)優れているわけでもないのに、こういう展開になったのはこの辺のところが影響してますね。

それでヴィッセルは意識的にサイド攻撃を展開しておりまして、前半の先制シーンはそれが功を奏した感じにはなってきます。
なかなかスタメンで使ってもらえなかった藤田のボレー。
難しいボールでしたけど、コースをしっかり狙ったシュートでした。

前半は1ー0で折り返し。
後半は流れを変えたかったセレッソでしたけど、逆にもっとヴィッセルにシュートを打たれるようになってました。
同時2枚替えとかしてましたけどあんまり効果なく、終盤にポドルスキのゴールでとどめを刺されてしまった感じです。

~スポンサードリンク~

バルサ化を狙う?ヴィッセル

楽天グループがバルセロナと提携している関係からヴィッセルとバルセロナは技術交流する機会が多いようです。
そんな中でチームのコンセプトを考えたみたいで、後々はバルセロナが展開しているようなサッカーをヴィッセルでできるようにしたい感じでしょうね。

始めはマジでトチ狂ったのか?っと思いましたけど、チームのビジョンを作るのは大切です。
ただ、、、

そもそもバルサ化するにはそれを実現できる選手や指導者も必要になってきますし、下部組織の育成を含めていろいろと準備が必要になってきます。
まあ、当たり前の話なんですがヴィッセルの現場でやっている人たちはその辺のことを重々承知しているので、自分達のデキる範囲でボールをしっかりつないでいこうとしてた感じです。

そもそもポドルスキを下げた位置において、周りへの配球をさせている時点で”少しおかしい”んですけど、この形が今一番ハマっているのは事実なんでw
それでこの試合はビルドアップの時に両サイドバックを上げてボランチが下がってくる(見た目は3バックになる)やり方をベースにはしてました。
(バルサがよくやってましたけど、これは表面的なものだし、ほかのチームもやったりします)

まあ、いずれにせよ、サイド攻撃に比重を置きたかったんだとは思いますし、SBが上がることでそこのエリアでは数的優位を作りやすくなります。
それでセンターにヘディングが強い選手を置いておけば、さっさとクロスボールを上げてフィニッシュするっていうのが効果的になってきます。
そこにポドルスキが絡んできたり、こぼれを拾ってミドルシュートを狙ったり。
基本的にはこんなイメージだったんでしょう。

あと、よかったと思うのがトランジションのところです。
特に相手ボールになってからの寄せの速さはセレッソを上回ってたと思いますし、この試合は全体的にパフォーマンスが良かった印象です。
結果もついてきましたし、いい試合になりましたね。

セレッソは、、、

セレッソは天皇杯の決勝戦以来のレビューです。
あの時と比べるとチームの重心は少し下がり気味な気がしました。
立ち上がりは前線からハメに行ってましたけど、時間が経つと全体的に下がっていった感じです。

連戦の影響でターンオーバーしたり、清武がいないことでだいぶ違うチームにはなるんですかね。
だから、攻撃の部分は苦労していると思いますし、杉本健勇はなかなかゴールが奪えてません。
そういった状況であればこそ失点を抑えることが当然必要となってきますし、それができなけば普通に負けるだけです。

それで、この試合はなかなかボールも奪えませんでしたし、柿谷・清武がいないと左サイドも少し攻撃の厚みが出てこないのかなって印象でした。
だから、攻撃では右サイドの水沼・杉本のところが有効にはなってましたし、ここからちょこちょこフィニッシュまでは持っていけてたんですけどね。
結局、無得点でしたな。

それで前はどうだったか憶えてませんけど、セレッソはゾーンディフェンスがベースで守ってた感じです。
ブロックはできるだけボールサイドへコンパクトに保とうとしてましたけど、ヴィッセル側が意図的にサイドに人数をかけて攻撃してくることにうまく対応できてなかった印象です。

流れの中で中途半端にマンツーマンで対応するところもあってSBが釣られて動いてしまったり、CBとSBの間が空いてくるのでそこにスルーパスを通されたりしてました。
そしてサイドをエグられたときのプレスバックも微妙にポジショニングが悪かったんで、最初の失点が生まれてしまった感じにはなってます。

全体的に攻撃も守備もですが、この試合はちょっとどうしようもなかった印象です。
まあ、負けたのは仕方なかったですね。

試合結果

試合は2-0でホームのヴィッセル神戸が勝利。

試合内容もよかったですし、いい勝利だったと思います。

得点者
前半34分 神戸:藤田
後半38分 神戸:ポドルスキ

2人ともシュートがうまかったですね。

交代者
ヴィッセル
後半24分 大槻⇒渡邊
後半35分 橋本⇒伊野波
後半44分 郷家⇒松下

セレッソ
後半26分 水沼⇒山村
      高木⇒安藤
後半34分 杉本⇒柿谷

ハイライト

全体のハイライトです。

まとめ

ヴィッセルは時間が経つにつれてどんどんパスワークのリズムが良くなってましたね。
ホントはサイドに展開してから単純にクロスボールを上げるだけではなく、もう少し攻撃のバリエーションを増やしたいところだとは思います。
これだけだと対策されてしまいますし、できればグラウンダーのクロスをもっと増やしてもらいたいなって感じです。
まあ、久しぶりの勝利は良かったですね。

ちょっと、セレッソはしんどいですな。
ポジティブに考えることができる要因もないし、なんとかここから修正していくしかないんでしょうが、まずは勝たないといけませんね。

そんなかんじですかね、また次回!!

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)

にほんブログ村 サッカーブログへ