レスター対マンチェスター・シティのマッチレビューです。
リーグ戦が今のところ無敗のシティがキングパワースタジアムに乗り込んでます。
個人的な印象では、まあ~~~とりあえずシティが強いです。

苦しいゲームでも勝ち切る勝負強さもありますし、今のところは穴が見えないですね~
とはいえ、シティはレスターと相性が悪いみたいで、昨シーズンはレスターにここで敗れてます。
どういう試合になるかなと思ってんたんですが、、、

試合を振り返っていきます。

~スポンサードリンク~

フォーメーション

レスターとマンチェスター・シティのフォーメーションです。

レスターはしばらく見ない間に少し変わってますが、シティはいつも通りです。

試合情報

試合は0-2でシティの勝利。

得点者
前半45分 シティ:ジェズス
後半4分  シティ:デブライネ

交代者
レスター
後半22分 オルブライトン⇒イヘアナチョ
後半38分 マフレズ⇒スリマニ
      イボラ⇒岡崎

シティ
前半31分 ストーンズ⇒マンガラ
後半39分 スターリング⇒B・シウバ
後半44分 デブライネ⇒ギュンドアン

~スポンサードリンク~

ハイライト

全体のハイライトです。

全体の印象

この試合はレスターがシティのビルドアップをきっちり跳ね返せるか?がポイント。
そこからバーディを活かしたカウンターをどれだけ決めれることができるかも注目ポイントでした。

それで、試合展開的には序盤からレスターがよく守ってましたね。
カウンターもまあ、、、鋭さがあったし。
(ってか無いと困るかw)
初っ端にバーディがキレイに裏を取ってましたが、コンパニのファールで阻止されてます。
まあ、レスター的にはこういう感じで先制したかったと思いますが、最後の部分で精度が足りなかったですかね~

で、シティの方は序盤からレスターの堅守に困ってましたが、何とかこじ開けてます。

まあ、「なんじゃそりゃ~」ってぐらいキレイにパスワークでシュートまでもっていくんでビックリします。
先制点は中央突破からでしたが、マジでほとんどスペース無かったからね。

前半に先制されてしまったことで、レスターは後半から点を取るため前がかりになってプレッシングに行ってたんですが、、、
逆にシティの高速カウンターを食らって、デブライネに神シュートを決められちゃいます。
それにしても、効き足ではない左足でワンステップでずらしてあのシュートでしょ。
ホントにやばいな、コイツ。

いや~、それにしても終始レスターにはきつい展開でしたかね。
そもそも攻撃したくてもボールを奪えないかったし。

ということで各チームの印象です。

レスター

少し前まではゾーンディフェンスで4-4-1-1のブロックを作ってましたが、この試合はマンマーク気味に守ってます。
4-1-4-1でブロックを構成しながら、アンカーを1枚残して残りの前4枚が相手選手の動きについていくイメージです。
(後ろはゾーンディフェンス的な動きやけど)
で、バーディはフェルナンジーニョをケアしていることが多かったですね。

だから、そういうこともあって今まで以上に全体が引いてましたね。
まあ、ただでさえレスターはプレミアの中ではポゼッションが低いチームですし、なおさらシティ相手だとそうなりますわな。
ってか、ハリルジャパンの戦い方にめっちゃ似てる気がするぞ。

ちなみに攻撃に関していうと、シティのトランジションが早くて、バーディを走らせるまでの展開にならないことが多いですね。
全体的にかなり引いている影響もあって、前にボールを運ぶのに苦労していた印象です。
単純にいいパスが出てバーディがDFラインの背後を狙えば、決定機が作れるんで、レスターとしてはそこまで耐えられるかって感じだったんですけどね。
まあ、先制されると展開的にしんどいですわな。

マンチェスター・シティ

シティのビルドアップって他のチームと比べてすごい特殊です。
最終ラインからのビルドアップで右サイドにボールがあるときに、左サイドバックのデルフがボランチの位置に入ってきます。
(偽サイドバック的な)
それの動きによって、左サイドにスペースが生まれてくるんで、左サイドにボールが来たら、そこにシルバが入って縦パスを受ける感じです。

ただこの試合に関してはデルフがワイドに張ってることが多かったですね。
(レスターの守り方に対応して感じ、人についてるんで、ワイドに張ることで中央にスペースを作る)
というか、この辺はかなり柔軟に選手個々で判断して、その時に最適な戦い方をシティの選手はやってきます。

ホント一流の選手って頭がいいですよね~
まあ、グアルディオラの要求を実現しようと思うと自然と脳みそが鍛えられるんですよ、たぶん。
(ついでにシティの試合を観ている方も脳みそを鍛えられるぐらい)

で、攻撃の話に戻って。
起点の作り方で多いのはサイドチェンジですね。
まあ、右サイドで時間をかけて、相手のブロックを右サイドにある程度”(意図的に)寄せさせて”、一気にサイドチェンジ。
デブライネ⇒ザネへのフィードって、シティの攻撃にはめちゃくちゃ多いです。
だから、左で作って中央で仕留める感じ(ジェズス・スターリングがフィニッシュ)です。
それにシルバもザネと近い位置にポジショニングしているんで、2人にばかり気を取られているとシルバにやられます。

まあでも、それ以外でも精度が高い崩しをしてきますし、左サイドに気を取られてたら、中央でやられちゃうわけだし。
シティはホントにいい攻撃しますね~

まとめ

まあ、苦手な相手でしたがシティは完勝でしたね~
結局、レスターは何もできなかったんで。
さすがに強いわ。
一体、どこのチームが倒すんですかね、シティを。

それにグアルディオラはホントにいい監督ですね。
彼のサッカーをレビューすることで、僕としてもかなり勉強になりますし。
ホント、早いうちに日本人選手が彼のもとでプレーするようになって、その思想を受け継ぐ監督として成功してくれたら、、、
とか勝手に思ってるんですけどね。

そんな日が来るといいですね。
(何年後やねん!)
それではまた次回!!

P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
(ブックマークのかわりにも使えます)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”