アウディカップ 2017 の決勝リバプール対アトレティコのレビューです。
プレシーズンマッチなので、盛り上がりには欠けますが、両チームとも気になったので観戦していました。


-------スポンサードリンク-------

クロップ対シメオネ

両方気になったチームですが、試合を観るのはかなり久しぶりです。

プレシーズンなので、主力は出ていないし、コンディションも整っていない部分も感じられます。
この時のチーム状態だけで、力の差がどれぐらいあるのかを判断するのは難しいですね。

ですので、今回は監督の対決って感じで見ていました。
クロップ対シメオネです。
「ゲーゲンプレス」対「コンパクトな堅守速攻」ってイメージです。

リバプールにはきつい展開

序盤からリバプールは攻めあぐねてる感じです。

というのも、アトレティコはディフェンスラインが結構低めで、かつ、守備ブロックがかなりコンパクトです。
リバプールがサイドを変えて、揺さぶりをかけても、アトレティコの守備ブロックがキレイに横にスライドするだけなので、なかなかスペースを見つけることができません。

であるならば、高い位置で相手ボールを奪ってカウンターをかけたいところなんですが、アトレティコがそもそも低い位置でボールを持たないようにしていたので、ハイプレスも空振りしている雰囲気です。

アトレティコが先制する

一方、アトレティコはポゼッションせずに割と縦に早めにパスを展開していきます。
相手が高い位置からプレスをかけてくることもあるので、リスク回避の意味でもそういう戦い方になっていると思います。

ただ、序盤はリバプールもそうですけど、アトレティコもシュートまでもっていくことができません。
展開的にはアトレティコが押し気味って雰囲気でしたが、まあ、膠着してるよねって感じです。

チームの特徴的に膠着しやすいのは仕方ないんですけどね~
ただね~、面白い試合ではないですね。

そんな中、先制したのはアトレティコでした。
バイタルエリア手前でボールを受けたアトレティコの選手(名前がわからん)が右サイドにいるブルサリコへ展開。
抜けたブルサリコが中央にダイレクトでクロスを上げて、フリーになっていたコレラがシュート、そのシュートはGKに止められるんですが、こぼれ球を押し込んでアトレティコが先制します。

印象的なシメオネ監督

リバプールの失点は、守備ブロックが間延びしていたのと、そのスペースをアトレティコにうまく突かれたものでしたが、僕が印象的だったのは、シメオネ監督の喜び方でした。

アウディカップでの決勝とはいえ、あまり熱が入らなそうな感じですが、そんなものは関係ないぐらい喜んでました。

この部分にシメオネ監督の勝負に対する真剣さやアトレティコの芯の強さを垣間見た気がします。
改めて、アトレティコは「シメオネのチームだな」と感じましたね~

結局、試合は後半の終盤にリバプールが変なPK(コケ方がシミュレーションにしか見えんw)で同点に追いつくんですが、延長PK戦をアトレティコが制して、アウディカップを制覇します。
ハイライトは↓

まあ、試合展開はこんな感じでしたが、両チームとも17-18シーズンにどういった戦いを見せてくれるのか、楽しみです。

Twitterでは最新記事の更新をお知らせしています。

P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”