本日、4試合目のレビューでヤンス、もう日を跨いでるけど、、、
17/18シーズンのプレミアリーグ第4節、マンチェスターシティ対リバプールのマッチレビューです。
2勝1分けの勝ち点7で並ぶ強豪同士の一戦です。

リバプールは前節にアーセナルに快勝しており、チームのパフォーマンスは上がってきているように思えます。
ちなみにリバプールはホッフェンハイム戦アーセナル戦で、3バックを粉砕しています。
そんなリバプールをホームで迎え撃つことになったシティ、同じ3バックのチームとして、どういった戦いをするのか?
それでは解説していきます。

~スポンサードリンク~

フォーメーション

シティとリバプールのフォーメーションです。

フォーメーション

両チームともいつも通りの布陣なんですが、シティは3バックできましたね~
4バックもあり得るかなと思ってたんですがね。

ポゼッション対プレッシング

ペップはチームは変われど、戦術の根底にはポゼッション(トータルフットボール)があります。
一方のクロップは「ゲーゲンプレス」といわれるように、戦術の根底はプレッシングです。
なので、自然とポゼッション対プレッシングの戦いになります。

キックオフからシティがめっちゃ前からプレスをかけてましたね~
リバプールも引かないと思いますので、どっちが押し込めるかの勝負になりそうです。
ってか、やっぱプレミアは展開が早いな~~

リバプール優勢

序盤はリバプールが優勢ですね。
やっぱり、3バックの脇がポイントになりますね。
ここをサラーとマネに自由にやらせると、シティにはきつい展開になります。

落ち着いてからは一進一退です。
ペップの戦術って、ポゼッションが基本なんで、あんまりピックアップされないんですが、ボールを奪われた時のプレッシングはめちゃくちゃ早いんです。
で、クロップの方もゲーゲンプレスで、めちゃ早いでしょ。
だから、セカンドボールだったり、ボールの奪い合いになると、目まぐるしく選手が動き回ります。
これは言葉で表現するには限界があるので、実際試合を観てもらうしかないんですが、とりあえず面白いですね。

シティが先制

若干、サラーを中心にリバプールが効果的にサッカーをやっているようにも見えたんですが、意外にも先制したのはシティでした。
前半24分、カウンターから縦パス1本で、アグエロがDFラインの背後に抜け出します。
そのあと、GKをかわしてシュート。

リバプールが10人に

試合の展開が動きます。
マネがシティのエデルソンと接触プレーで一発レッド、退場です。
いや~、難しい判定だと思いますけど、確かにすごく危ないプレーだったんですよね~
ただ、マネも仕方ない部分があるし、うーーーん、って感じです。
ちなみにエデルソンはそのまま倒れたまま、交代です。
たぶん、脳震盪を起こしてますね。

ちょっとこれで、ゲームのバランスが崩れそうです。
リバプールは1点ビハインドなので、よりきついんですが。
結構締まったゲームだったんで、うーーーん、もっと11人対11人で見たかったな~

リバプールは10人になると前からプレッシングにいくのは、相当きつくなりますね。
もう戦い方を変えるしかないんですが、チームの方向性をしっかり確認する前に失点しちゃいましたね~
前半のアディショナルタイムに、左サイドからのクロスをジェズスがヘディングでゴールに叩き込みます。
これで、2-0になり、リバプールは相当厳しくなりました。

試合が壊れた感じ

ちょっと後半になっても、リバプールはどうしようもないですね。
人数が少ないんで、そもそもボールが奪えないし、守備ブロックはコンパクトにする必要があるので、サラーとかが下がった位置で守備をしなきゃいけなくなってます。
カウンターを狙うにしても、みんなの位置が低めなので、厳しいですね。

後半もすぐにシティが追加点を上げます。
アグエロがDFラインの背後をきれいに抜けて、最後はジェズスがゴールに入れるだけです。
これで3-0で、勝負ありですね~~
僕の仕事は終わりです。
試合はその後、メンディ、サネが追加点をあげて、シティは5-0の大勝ですね。
ハイライトはこちら。

ちょっと残念でしたね

ホントにマネが退場するまでは、展開がすごく早くて、緊張感のあるいいゲームだったんですがね~~
マネとサラーの躍動を最後まで見てたかったんですが、まあ、しゃーないですね。
それにしても、PSGの試合に続き、この試合でも退場者が出るなんて、、、
不思議なもんです。。。
それでは、また次回!!

Twitterでは最新記事の更新をお知らせしています。


P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”