17/18シーズンのプレミアリーグ第25節のハイライトまとめです。
得点者情報と感想を書いてます。

プレミアリーグ順位(25節終了時)

1位 マンチェスター・C 68
2位 マンチェスター・U 53
3位 チェルシー     50
4位 リバプール     50
5位 トッテナム     48

2位以下はホントに混戦となってきました。

~スポンサードリンク~

スウォンジー 対 アーセナル 3-1

最下位スウォンジー相手に先制しながらも、普通に逆転負けしてしまったアーセナル。
これはカップ戦が危ないぞ~

得点者
前半33分 アーセナル:モンレアル
前半34分 スウォンジー:クルーカス
後半16分 スウォンジー:アイエウ
後半41分 スウォンジー:クルーカス

アーセナル先制のシーンはすごくキレイでしたけどね。

同点ゴールのシーンはかなり簡単にやられてますし、チェフのキックミスは解説の人が「サンキューベリーマッチ」って言ってるよん。

ハダースフィールド 対 リバプール 0-3

ハダースフィールドはリーグ戦の序盤は好調でしたけど、徐々に順位を落としてきています(今は17位)。
まあ、昇格組のチーム?なんで残留が目標にはなってきますよね。

得点者
前半26分 リバプール:ジャン
前半46分 リバプール:フィルミーノ
後半33分 リバプール:サラー

ジャンのミドルシュートはよく決まりましたね。

フィルミーノはGKの股を抜くシュート。

サラーはPK。

チェルシー 対 ボーンマス 0-3

格下のボーンマス相手にホームで完敗してしまったチェルシー。
コンテは激オコやろうな~

得点者
後半6分  ボーンマス:ウィルソン
後半19分 ボーンマス:スタニスラス
後半22分 ボーンマス:アケ

そういや、アザールはヘディングが苦手でしたなw

バカヨコのボールロストからカウンターを食らってしまった先制点が痛かったんでしょう。

2失点目は相手に翻弄されてますし、疲労の影響なんかもあるんですかね。

マンチェスター・シティ 対 ウェストブロムウィッチ 3-0

スウォンジーが勝っちゃったからこの試合で最下位に躍り出たWBA。
まあ、シティに勝つのはムリなんでしょう。

得点者
前半19分 シティ:フェルナンジーニョ
後半23分 シティ:デブライネ
後半44分 シティ:アグエロ

フェルナンジーニョのゴールって珍しいですな。

それにしても、シティはロングカウンターもクソ速いです。

トッテナム 対 マンチェスター・ユナイテッド 2-0

こちらの試合はレビューしてます。

トッテナム対マンU

さっさと同点にできなかったことと、2失点目が痛かったと思いましたね。
まあ、ユナイテッドも披露の影響が出てるんでしょう。

エリクセンのめっちゃいいミドルシュートにはビビります。
(外れたけど)