17/18チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグのローマ 対 リバプールのマッチレビューです。
ファーストレグは5-2とリバプールが大量得点。
ただ、ローマもアウェーゴールを2つ奪ってますし、バルセロナ相手にはその3点差を跳ね返したわけですからまだわからない、、、ってわけでもなく、現実的には厳しい状況だったと予想してました。

リバプールの強力な攻撃陣を無失点に抑えるのがそもそも難しいですし、それをやりながら3点以上が必要となってきましたんでね。
そういう状況でローマがどう対応していくのか、またリバプール側もどういった構え方をするのか、その辺が楽しみな試合にはなりました。

実際はたたき合いの展開にはなったんですが、、、まずはフォーメーションから見ていきます。

フォーメーション

ローマとリバプールのフォーメーションです。

4-3-3同士の対決です。

ファーストレグと違ってローマは4バックに戻してますね。
リバプールはケガ人が多いんですが、現状でのベストメンバーかと。

全体の印象と試合展開

何が何でも得点が欲しいローマが序盤からかなり前がかりに行ってました。
球際もかなり激しかったし、セカンドも拾えて全体的にローマが押し込めてはいたんですけど、いきなり苦しい状況に追い込まれちゃいます。

ナインゴランがパスミス。
それをフィルミーノが拾ってマネに展開。
ショートカウンターの形ですが、マネが落ち着いて決めてリバプールが先制しています。

ただ、しばらくしてローマが相手のオウンゴールで同点に。
これはミルナーのオウンゴールでしたけど、味方のクリアボールが頭に当たった格好なんで仕方なかったですね。

早々にフラットな状況に戻ったんでローマとしてはいい感じ、、、だったんですが、CKからワイナルドゥムに決められてさらに苦しい状況に追い込まれます。
(これで最低でも4点が必要にはなりましたし)
そこから前半はスコアが動かず1ー2で折り返し。
ローマもかなり攻めてましたけど、得点は奪えませんでした。

それでも後半に入ってすぐにジェコが同点ゴール。
これで少しは希望が出てきてたんですが、そこからはホントにゴールが遠くなってます。
前半より決定機が多かったんですけどね。

結局、スコアが動くのは終盤になってからでした。
ナインゴランのスーパーミドル、相手のカリウスがほとんど反応できなかったいいゴールです。

ただ、時間が足りませんでしたね。
最後のプレーでPKから1点差まで行きましたけど、届きませんでした。
それでもローマは意地を見せた格好でしょう。

試合結果

試合は4-2でローマが勝利。

ただ、2戦合計6-7となりますんで、リバプールが決勝への切符をつかんでます。

得点者
前半9分  リバプール:マネ
前半15分 ローマ:オウンゴール
前半25分 リバプール:ワイナルドゥム
後半7分  ローマ:ジェコ
後半41分 ローマ:ナインゴラン
後半49分 ローマ:ナインゴラン

交代者
ローマ
後半8分  ペッレグリーニ⇒ユンデル
後半24分 デロッシ⇒ゴナロン
後半30分 エルシャーラウィ⇒アントヌッチ

リバプール
後半38分 マネ⇒クラバン
後半42分 フィルミーノ⇒ソランケ
後半47分 アーノルド⇒クライン

ハイライト

全体のハイライトです。

やることやったローマ

シックをスタメンで使って序盤からロングボールを多用してたローマ。
相手のプレスをショートカットして前線に当てることができますし、相手陣内でプレッシングを仕掛ける時間が増えますからリバプールが相手でもある程度は通用しますかね。

いつの試合でもそうなんですが、前線にジェコがいるのがやっぱりローマにとっては大きいです。
いったん、前線でボールが収まればそこから足元で次の展開を進めることができる選手なんで。
自分でシュートを狙うこともありますし、シック目掛けてクロスボールも上げれる、、、ホントにローマの攻撃の中心選手ですし、冬の移籍市場で他のチームに行かなくて良かったですな。

それでロングボールを蹴るときはシック・ジェコと2枚並べながら、エルシャーラウィが遠いサイドの裏を狙ってる感じでした。
ジェコも当然ストレートにゴール前を狙ってましたし、シックはポストに入ってる感じでしたけど、リバプールが後ろに構えるようになってからは細かくパスを繋ぎながらサイドを起点に攻撃することが多くなりましたね。

エルシャーラウィのカットインもかなり効いてましたし、ジェコは相変わらずの安定感。
チャンスメイクもかなりできてましたし、4点取ってますがそれ以外にも際どいシーンはいっぱいありました。
ホントにいいところまでは行ったんですけどね~、惜しかったですな。

まあ、ファーストレグからこの感じでやっとけば良かった、、、って感じですけど、ファーストレグの結果を受けての戦い方の変更ですから。
バルセロナ戦も同じ流れで試合を進めましたけど、最後まで”失点しなかった”から逆転できたわけなんで。
結果的には序盤の2失点が響いた格好ですけど、そのリスクを内包しつつ攻撃的に行ってたわけですから、こればっかりはホントに仕方なかったとは思います。

リバプールの弱み

リバプールの構え方はいつもと変わらなかったと思いますけど、相手のローマがかなり前に出てきてたから攻撃ではロングカウンターが中心になってきてましたかね。

前半から狙い通りでカウンター・セットプレーでポンポンと2点のアウェーゴールは奪えたんで構え方としては問題なかったかとは思います。
ただ、引いた時の守りはあんまり強力なチームではないですし、逃げ切りを図りながらゲームをまとめていくのは苦手なチームですし、シティ戦と同じようにアウェーでも積極的な戦い方をやって方が全体的にはラクな試合になってたかもしれません。
まあ、この辺は結果論となりますし、シティとローマの戦術は違いますから判断が難しいところもありますけど。

ロングカウンター自体は非常に強力なんですが、それに行くまでの過程に不安がある感じですし、結構ギリギリのところでやってましたね。
ゾーンで守って中央を絞ってるからサイドに展開されるのは仕方なかったとして、そこからきっちり相手の攻撃を跳ね返すゴール前の強度が足りてません。
それはクロスボールの処理だったり、カットインしながらPAに侵入を試みてくる選手への対応だったり。

そんなわけで勝ち抜けは決めましたけど、この試合に関して言うと終盤かなり追い込まれての逃げ切りとなってます。
まあ、立ち上がりの2得点が大きかったですね。

面白い決勝になりそうです

この試合はローマにやられちゃってますが、2戦通しての戦いではリバプールの方が優れてたとは思ってます。
なかなか”逃げ切り”がうまくいかないチームですし、今後の課題としてはずっと残りますね。
(たぶん、ここをきっちりできるようになればプレミア取れそうなんですけど)

これで決勝のカードがそろいました。
リバプール 対 レアル・マドリード。

リバプールは一発勝負の方が本来の力を発揮できるでしょうし、終盤にかけて調子を上げてきたレアルって感じですね。
たぶん、点の取り合いにはなりそうなんで今から楽しみですな。

というわけでまた次回!!

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)