日本人って、愛称とかキャッチコピーをつけるのが好きです。
女子バレーの荒木絵里香さんとか、荒キングって言われてましたね~
(もっとマシなやつ無かったんかなとか思ったり)

で、サッカーの場合にもこれがあって、、、
女子日本代表は「なでしこジャパン」って呼ばれてます。
(まったくもって、”なでしこ”の要素は見当たらないし、そもそも”おしとやか”にサッカーやってる場合じゃねえけどwww)
ちなみに男子の方(A代表)はサムライブルーが愛称になってます。
まあ、、、

「サムライだったらもっと強えよ!」

ということで、ブラジル戦の失点シーンを振り返ります。
(もうブラジルには飽きたかもしれませんが、これが最後です。)

~スポンサードリンク~

マンマークだからこそ

ブラジル戦の日本代表の守り方が基本的にマンマーク、開始3分でブラジルに脅威の攻撃を食らってしまい、その後引き気味な戦い方になってしまったことは、以前の記事に書きました。

ブラジル戦の分岐点と日本代表の守り方

ボールに対して積極的に行けなくなってしまったのは、相手選手との距離をあけてしまったら”一瞬でやられてしまう”と日本選手が感じてしまったからだと思ってます。
(とはいえ、守り方として引いてしまったのが間違いだったとは、かならずしも言い切れないんですけどね)
今回はそれを踏まえてうえで、ブラジル戦の失点シーンを解説します。

1失点目はレスラー吉田のホールディングによるPKだったので割愛。
2失点目のマルセロに打たれたミドルシュートと3失点目の右サイドからのクロスを振り返ります!

~スポンサードリンク~

”井手口のせい”で終わってはいけない

「PKのストップ率が神ってる」川島がネイマールのPKを防いだにもかかわらず、その後すぐに失点したせいで、それが全くもって意味が無くなってしまったシーンです。
まずはニアサイドを狙ってきたコーナーキックをクリアしたところからです。


ここで井手口やんがミスってしまうんですが、それ以外にもポイントがあります。

誰も井手口のところに寄ってないんですよね。
そもそもの戦い方として堅守速攻を考えるんであれば、ここはカウンターを仕掛けるチャンスなので、井手口に対して寄っていく選手とか前に駆け上がっていく選手がいないといけません。


井手口がやらかした後。
ここでも日本選手がほとんど上がってないですよね。
ほとんどの選手が最終ラインに合流したままだったし、井手口が孤立していたし。


で、マルセロが打った瞬間。
「やべえ」ってことで、みんな詰めてますが、もちろん間に合いません。

確かにマルセロのシュートはすごかったんですが、やられた瞬間にすごく違和感を感じたんですよね。
まあ、井手口がミスったことは最悪なんですが、、、

ミスる・ミスらないの以前にもっと他の選手が寄ってないといけなかったし、寄ってたらシュートブロックに間に合ってたかもしれません。

スペースを埋めることができてない

3失点目はダニーロの右サイドからのクロスをジェズスが合わせたゴールでした。
まず、久保が相手陣内で中途半端にドリブルを仕掛けてボールロストした後にカウンターを受けたところから始まりまして。
それは自陣の深い位置で吉田がクリアするんですが、そのセカンドボールをカゼミーロに拾われてます。
↓はそこからの展開。


カゼミーロが右サイドにいるウィリアンに展開しているところです。
それにダニーロがウィリアンの方向にオーバーラップしてます。
(赤丸で囲ったところ)ネイマールとジェズスが中途半端な位置にいるのもわかります。


で、ダニーロがウィリアンを追い越す瞬間。
吉田は赤線に沿って深い位置まで下がってきてます。
黒丸で囲った選手は槙野なんですが、スペースに指をさしてるのがわかりますかね。

CBのセオリー的にこのスペースは一番危険なところだっていう風に認識してるし、槙野としてはここを誰かにカバーしてもらいたかったと思いますし、吉田の動きもこのスペースを意識してのものです。


それでクロスを上げられるシーン。
一番危険なスペースを埋めに行こうとしてた吉田は、後ろを確認してジェズスがフリーなことに気づいたんで、そちらの方に寄ってます。
で、赤丸で囲ったところは吉田以外に長友と酒井がいるんですが、ネイマールとジェズスに対してもう少しいいポジショニングができなかったのかなと思えてしまいます。
(クロスに対するポジショニングとして、この位置関係は最悪なので、、、)

それに結果的には山口蛍あたりがずっと中央で余ってたんで、危険なスペースを埋めに行ってればよかったといえます。
ボールではなく、”人”中心の守備をしているので、実はこういうシーンって頻繁に起こりがちです。
というか、これがマンマークの弱点でもあります。

アジア最終予選から中央の守りも不安定なうえに、ここにきてクロスボールに対しても不安が出てきたわけです。

どうしましょうか???
(誰か教えてくれ)

収穫ってあったんかな?

今回の記事もそうですし、以前書いた記事でも後半の展開については触れてません。
ハリルさんが「後半は1-0で勝ってた」とかいってましたが、僕にはそんな言葉は全然響きません。
ブラジルは後半に入ってそもそも”試合”をしてなかったし、明らかにギアを落としてました。
(ホント練習みたいなノリ)

というか、ブラジルが3点を取った瞬間からブラジル選手たちの試合は終わってしまった感じです。
それぐらい日本代表はブラジルに”相手にしてもらえなかった”し、本気にさせることができなかったわけです。

後半にセットプレーから1点を返してますが、「やっぱりセットプレーはチャンスなんだ」って感じたぐらいです。
強いて言えばそれが収穫になるわけですが、世界最強レベルのブラジルと戦った収穫としてはホントに少ないですね。
正直、次に戦うことになるベルギー戦も同じようなことになると思えてしまいます。

うーん、、、ハリルさんの文句は極力言わないようにしてきたんですがね~
(今後はツッコんでいかないといけないのかな、、、)
まあ、ワールドカップでどういう展開になるかまだ分からないとはいえ、さすがに今のままで可能性を感じるのは難しいですね。

ふー、、今回はこの辺で、、、また次回!!!

P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”