昨日、一昨日と夏の風邪をひきまして、難儀しております。
頭がまわらんです。

今回のマッチレビューはJリーグです。
サンフレッチェがホームにガンバを迎えての一戦となります。

サンフレッチェは17位、ガンバは6位です。
相手がガンバとはいえ、サンフレッチェには負けられない戦いになります。


-------スポンサードリンク-------

ガンバ大阪

ガンバって攻撃的なイメージが強かったんですが、今シーズンは失点数が思ったより少ないですね。
攻守のバランスがとれるようになってきたんですかね。
そういう意味で、ガンバの守備にも注目したいと思ってます。

関係ないけど、昔、僕がサッカー少年だったころに、ガンバ大阪ユースと戦って、10-0で負けたという思い出がありますねんww
全然攻めれなくて、僕はFWやってたんですけど、あまりにボール来ないから、「帰ろうかな~」と思っていたのが懐かしいです。

フォーメーション

サンフレッチェは4-2-3-1、ガンバは4-4-2です。

サンフレッチェ-ガンバ フォーメーション

先発で、遠藤が出てますね~
3試合ぶりの出場だそうです。

両チームの戦い方

フォーメーションは違いますけど、両チームとも似たような守備をしている印象でした。
ディフェンスラインをそこまで高くせずに、背後のスペースを消しつつ、全体をコンパクトに保っている感じです。
カウンターを狙える時はもちろんしっかり狙って、それがダメな時は深い位置からでもしっかりつないでいくスタイルです。

攻撃の起点はサイドが多く、サンフレッチェはパトリックがサイドに張っていることが多かったこと、ガンバは相手の中盤の枚数が多いことが影響したようです。
ただ、全体的にはガンバがボールポゼッションが高くて、サンフレッチェが効果的にカウンターを狙っているように見えました。

~スポンサードリンク~

先制はサンフレッチェ

序盤からどっちペースともはっきり言えない展開の中、サンフレッチェが先制します。
バイタルエリアでぽっかり空いてたA・ロペスが振り向きざまに強烈なシュートを突き刺します。

ロペス

先制してからのサンフレッチェははっきりとひいて守備をするようになりました。
先制するまでは、多少前からプレスをかけていたりしたんですが、先制してからはまったくありません。
ガンバが攻勢を強めて前がかりになるので、効果的にカウンターを狙うことが多くなります。

ただ、ガンバにしっかり繋がれたとしても、最後の最後でボールを処理できていたので、前半はしっかり守り切ることができていました。

後半もこの流れかと思ったが

ひいたサンフレッチェに対して、攻めあぐねているガンバですが、点を取るためには前がかりに攻め続けるしかありません。
だから、前半と同様の試合展開になると思ってましたし、なかなかガンバに点が入りそうな気がしませんでした。

と思ってたら、後半開始に速攻でガンバに点が入るんですが、流れの中からの得点です。
特にこのシーンに関してはコメントないんですが、点を決めたのが遠藤というのが印象的でした。

遠藤保仁

で、この後も攻勢を続けたガンバが逆転することになります。
スーパー怪しいPKをゲットしての追加点です。
コケたのはアデミウソン。

それでこの後もガンバは攻め続けるし、点が必要なサンフレッチェも攻めるしって感じの展開で、ボールが目まぐるしく動きます。
まあ、観ている方は面白いんですけど、応援している方はドキドキしますよね。
結局、終盤にサンフレッチェがA・ロペスのゴールで同点に追いつき試合終了です。

ガンバの守備

冒頭でガンバの守備について気になっていると書いたんですが、この試合を観てもよくわからなかったですね。
結構、カウンターからピンチになっていることが多かったですし、この試合でも失点していてもおかしくない場面は何回かありました。

序盤はディフェンスラインの背後をパトリックに狙われるシーンも多かったですし、お世辞にも守備が安定しているとは言えない、、、
まあ、失点数が少ないのはたまたまということで。

この試合を観ている限り、ガンバが首位争いに加わるのは厳しそうです。
逆にサンフレッチェはこの感じで試合ができていれば、残留できるんじゃないかな~と思いました。

P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”