セリエAのハイライトまとめです。
今回は17/18シーズン第7節です。
軽い解説もつけています。

ACミラン対ASローマ 0-2

ミランがサンシーロで負けて、叩かれた試合です。
(この試合、レビューしたんですが、あんまり記憶にない感じの試合です。)

まあ、ローマのゴールキーパーが良かった試合でしたね~
あと、ミランのDFラインの連係の悪さと、攻撃が単調だったことが目立った試合でした。

ラツィオ対サッスオーロ 6-1

ラツィオが大量ゴールを奪ってます。
サッスオーロはよく守ってたみたいですが、前半で追いつかれたのがいたかったかな~

ラツィオは後半から5点取ってますね。
ゴール前のロストボールに対する反応がみんないいですね、ラツィオは。
まあ、サッスオーロは途中で集中が切れちゃったみたいですが、ラツィオは強かったですね。

アタランタ対ユベントス 2-2

珍しく、ユベントスが引き分けた試合ですね。
アタランタは2点ビハインドから追いついたんですね~

マンジュキッチのゴールはビデオ判定で取り消されてますが、あそこまで遡ってファールを取られたら、選手は起こりますよね。
ディバラのPKは完全にヨマれてましたね。
アタランタの同点ゴールはシビれます。

ベネベント対インテル 1-2

スパゲッティみたいな名前の監督(スパレッティです)が率いているインテル。
ベネベントって、いつの間にかこんなチームがセリエAにいたんですね。
1点目は、ベネベントDFが結構甘かったですね~
あれだけフリーにしてると、普通に決められちゃいますね。

インテルの守備陣も結構ひどい対応してますね。
人数は余裕で足りてたのに、ボールホルダーをつぶしきれずにパスを出されちゃーいけません。
引き分けも全然ありえた試合です。

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)