以前、「FOOT×BRAIN」ってサッカー情報番組を視聴したときに、元日本代表の都並さんが「南米とヨーロッパサッカーの違い」をテーマにわかりやすく説明していました。
今回は僕自身の見解も含めて、「南米とヨーロッパサッカーの違い」を考えていきたいと思います。
これを把握しておくと、国際試合とかの見方が変わりますし、サッカー観戦がより面白くなると思います。
来年にはロシアワールドカップもありますし、国際試合を観る機会が多くなりますので、知っておいて損することはありません。

個人と組織

まず、南米サッカーの特徴としては、サッカーでよく言われる「個の力」のように、個人技で相手を翻弄するサッカー文化が根付いています。
一方、ヨーロッパサッカーは南米サッカーとは逆で、「組織」の力で相手を崩していこうという考え方があります。

必ずしもすべての国がそういう括りで分類できるわけではありませんが、イメージとしては大体あってくると思います。
昔から、南米の「個の力」にヨーロッパの「組織力」でどう対抗するか?というのが、サッカーの見どころであり、楽しむポイントになってました。

日本サッカーはどっちなんだ?

ちなみに日本サッカーはヨーロッパよりです。
特にドイツのサッカー論をかなり参考にしたんじゃないんか?と個人的には考えています。
実際プロリーグ(Jリーグ)の創設には、ブンデスリーガを参考にしたといわれていますしね。

日本はサッカー後進国だったので、サッカー界の発展にはどこかの国をお手本にし、追いつけ・追い越せでやっていくしかなかったんですね。
その中で目を付けたのが、ヨーロッパの考え方です。
というか、南米のサッカーはマネしようと思って、マネできるものではないですね、、、

個人のテクニックって一朝一夕で得られるものではなく、例えば、どういう教育をしているのか?とか、どういった練習をしているのか?、とかそういう若い世代からの環境が非常に大きい要因になってきます。
もちろん、そういったテクニック的な部分も考え方を導入しているとは思いますが、なかなか効果を把握するのに時間がかかります。
まずは指導者が育たないと始まらない部分でもありますので、難しいところです。

あと、日本人と南米の人たちの特徴も違う(脳の構造も違うみたい)ので、同じ育成・練習方法を試しても、効果が出るかどうかわかりません。
日本人は根本的に「リスク回避」型の思考回路を持っているので、個人技で仕掛けるなんて選択をしにくいみたいです。
「失敗すること」にストレスを感じてしまうようで、そもそも失敗しないことを選択しやすいらしいです。
逆に南米の人たちは「リスク選好」型の思考回路を持っているので、日本人とは真逆に「チャレンジ」しないとストレスが溜まります。

こういった事情もあるので、導入するなら南米よりヨーロッパのシステムとなった経緯があります。

組織は結果が出やすい

組織的な部分に頼った戦術というのは、うまくいったかどうかの結果がわかりやすいですね。
選手個人の戦術理解度が必要とか、そういう細かいところはありますけど、個人技を磨くということと比べればまだ簡単です。
もちろん組織で動くための練習は必要ですが、頭の中での理解が重要になってくるので、慣れた選手であればスムーズにいくこともあります。

実際、日本に限らず、サッカー後進国はこぞってヨーロッパサッカーを導入しますね。
逆に南米サッカーを導入して、成功した国なんて聞いたことがありません。
南米の国ですら、ヨーロッパサッカーを導入している国があるくらいですから。

南米とヨーロッパの違いについて、細かく書くつもりでしたが、長くなってしまったので、次回に続きます。

P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”

 
~スポンサードリンク~
     

コメントを残す