前回に引き続き南米とヨーロッパサッカーの違いをみていきます。
(前回の記事はこちら
今回は、攻撃の時と守備の時でどういう違いがあるのかなど、細かい部分を書いていきたいと思います。
サッカーは攻撃と守備が連続するスポーツなので、考え方の違いによってかなり変わってきます。
南米やヨーロッパでも国によって戦い方は変わってきますので、大まかな特徴として見てもらえればと思います。

ヨーロッパは積極的な守備

ヨーロッパの守備の考え方はラインを高く保つことがコンセプトにあります。
ディフェンスラインを高く保つことで、積極的にオフサイドを狙っています。
また、フォワードの選手が守備でボールを追いかけても、ラインを高く保つことでチーム全体としてコンパクトにまとまることができます。
コンパクトにしているので、人数をかけて相手選手にプレスをかけることができますし、個人技が不足しているところも人数でカバーできます。
さらに、全体的に高めの位置を取っているので、相手ゴールに近いところでボールをとる機会が多くなります。

基本的に「ゴールを守ること」よりも「相手からボールを奪うこと」に比重を置いています。
ディフェンスラインの背後には大きなスペースがあるため、ラインコントロールが非常に重要になってきます。
ラインがバラバラで、オフサイドがきっちり取れないようだと致命傷になります。

一方、南米サッカーはヨーロッパと真逆です。
ディフェンスラインは低く設定されます。
背後のスペースをなくし、「ゴールを守ること」を優先します。
そのため、フォワードが高い位置から積極的にボールを追いかけることはなく、ある程度相手が攻め込んできてからプレスをかけるようになります。
また、「リベロ(自陣ゴール前で自由に守備をする選手、ディフェンスラインのすぐ後ろに控えていて、カバーリングに入ることが多い)」なんかは南米のスタイルで使われることが多いです。

リベロ

南米の攻撃は積極的

守備の時とは全く変わって、南米の攻撃は積極的です。
かなり無理をしてでも縦パスを狙います。

基本的に南米の選手には個人技があるので、無理に縦パスを狙ってボールを受けた選手が相手ディフェンスに囲まれてしまっても、ボールをキープできます。
相手が密集してくると、サイドにスペースができるのでサイドに展開します。
逆にサイドを気にしていると、中央の寄せが甘くなり、そのまま中央突破されることになったりします。

サイド攻撃をする時も基本的に深い位置からしかクロスを上げません。
よくブラジルの試合を観ていると、サイドでボールをキープした選手がサイドをえぐって、ペナルティーエリアまで侵入するっていうシーンをよく見ます。
サイドの選手がえぐってくる間に真ん中の選手がペナルティーエリアに侵入して、マイナスのクロスに合わせるって、得点シーンが多くなります。

サイド攻撃

ヨーロッパの攻撃

それで、ヨーロッパの方はまったく逆で、無理に縦パスを狙うことは少ないです。
割とスペースがあるサイドを起点に攻撃を組み立てることになります。
サイドの選手がボールをキープしたら、周りの選手が押し上げてきてフォローに入り、そこからワンツーで崩していくみたいな場面が多いです。

それにディフェンスラインの背後にスペースがあるときは、アーリークロスを積極的に狙いますし、サイドをドリブルでえぐっていく場面はあまりありません。

なんでこういう違いが生まれたか?

ヨーロッパの組織的なサッカーというのは、南米に対抗するために生まれたためです。
南米の個人技には個人で対抗してもかなわないので、組織で対抗しようという考えが根底にあります。
ただ、近年のサッカーでは南米サッカーに限界が見えてきているように思えます。
個人技だけで相手を圧倒するのは無理があります。

現にヨーロッパサッカーを取り入れている南米の国は増えています。
今年のコンフェデに出ていたチリ代表なんかはヨーロッパサッカーを取り入れて、コパアメリカを連覇するなど、成功しています。

南米スタイルがどうしても苦戦している印象はあります。
その中でも、ブラジルだけは変わらず南米スタイルを貫いている印象があるので、個人的には2018年のロシアワールドカップで優勝してくれる面白いかな~と思ってます。

P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”