前回のカテナチオと攻撃するリベロからの続きで、ベッケンバウアーのような攻撃参加するリベロが出現するようになってから、サイドバックなんかも攻撃参加するようになります。
当然、サイドバックが攻撃参加すると自陣まで戻ってくるのに時間がかかるので、その間に生まれたスペースは代わりの選手が埋める必要があります。

この辺の時代あたりから、全員で連動してサッカーをする というのが、主流になってきます。
その中で、現代サッカーに最も影響を与えたと言われているのが、 クライフがいたオランダ代表のサッカースタイルです。

Embed from Getty Images

トータルフットボール

1974年のワールドカップで準優勝したオランダがとった戦術が「トータルフットボール」と言われ、後のバルササッカーに多大なる影響を与えます。
フォーメーションっていう”配置”に関係なく、ピッチ内を選手たちが縦横無尽に駆け回り、「全員攻撃・全員守備」というスタイルです。

特徴としては、攻撃の時の細かいパスワークと守備の時のプレッシングです。
そんなオランダの中心選手はもちろんクライフですが、実はそれ以外の選手というのはそんなに傑出しているわけではありませんでした。
そういった中で、オランダがワールドカップで結果を残すことができたのは、「チームプレーとしてのパスワーク・プレッシング」にとても優れていたということを表しています。

ハイプレスの登場

トータルフットボールの特徴であった、パスワークとプレッシングですが、「パスワークに関係なく、プレッシングのみに特化したチーム」というのが、同じ時期に出てきます。
それが当時、サッキ監督が率いていたACミランになります。

いわゆる「ハイプレス」の登場になります。
ディフェンスラインが高い位置を取り、かつ、守備陣形を非常にコンパクトに保つ。
そして、チーム全体で連動したプレッシングを仕掛けます。

守備の考え方であった、プレッシングを進化させて、 攻撃的なチームを作った のが、サッキであり、ACミランというチームでした。


-------スポンサードリンク-------

ドリームチーム

現役引退後のクライフはアヤックスを経て、リーガのバルセロナを率いるようになります。

サッキがプレッシングに特化したチーム作りしたのに対し、クライフはパスワークに特化したチーム作りをすることになります。
つまり、ポゼッションサッカーで、「ボールを保持している間は相手に攻撃されることはない」というのが、強みになります。
もちろん、攻撃力もありました。

クライフ率いるバルサは90-91にリーグ優勝し、そこから4シーズン連続でリーグ優勝するわけですが、この時のバルセロナを「ドリームチーム」と呼んでいます。
ロマーリオ、後にバルサの監督になるグアルディオラ、ロナルド・クーマン、ラウドルップなどの選手がいました。

現代サッカーの始まり

サッキのハイプレス、クライフのパスワーク、ほぼ同時期に登場した2つの対極にあるスタイルの登場が現代サッカーの始まりになります。

特にACミランのハイプレスはその後にいろんなチームが模倣したり、改良したりしていきます。
今の日本代表の戦い方だってそうですし、チリ代表やクロップが率いているリバプールとか、ユベントスとか。

一方で、パスワークを模倣したり、改良したりするチームはあまりありませんでした。
こっちは後に監督になったグアルディオラ率いるバルセロナがその進化形であり、完成形となるサッカースタイルを実現することになります。

次回以降は、現代サッカーのそれぞれの特徴について書いていきたいと思います。
主に主役は監督になりますが、監督が意図していることを理解することができれば、サッカー観戦するときの面白みも変わってきます。

P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”