18/19シーズンのプレミア第1節、マンチェスター・ユナイテッド 対 レスターの試合が金曜日のナイトゲームで行われています。
新シーズン開幕ということでこれから長い戦いが始まっていきますけど、面白い試合をたくさん観れそうですね。

W杯明けってこともあって両チームともこの試合は難しいところがありました。
特にイングランド代表は最後まで試合がありましたんで、他の国と比べるとコンディション調整が厳しかったはずです。

ただ、その中でもホームのユナイテッドが地力の強さを見せつけましたね。
開始直後のPKゲットが大きかったと思います。
逆にレスター側は少しパフォーマンスが悪かった印象があります。

開幕から強豪とぶつかるのは去年と同じで少し運が無いところもありますけど、昨シーズン同様に失速しないように頑張ってもらいたいところです。
(ちなみに昨シーズンはそこから監督解任に繋がってますし)

フォーメーション

マンチェスター・ユナイテッドとレスターのフォーメーションです。

4-3-3と4-5-1です。

ユナイテッドは移籍がウワサされたポグバが先発。
ちなみにこの試合はキャプテンを任されてました。
それ以外ではルカクはW杯の影響があってスタメンを外れています。
両サイドバックも同じような感じですかね。

レスターはヴァーディが先発から外れてます。
それに岡崎はベンチ外となっています。
特にケガの影響などは伝えられておらず、競争が激化しているFW陣の中で苦労しているようです。

試合結果

試合は2-1でホームのユナイテッドが勝利しています。

・得点者
 前半3分  ユナイテッド:ポグバ
 後半38分 ユナイテッド:ショー
 後半47分 レスター:ヴァーディ

・交代者
 マンチェスター・ユナイテッド
 後半22分 ラッシュフォード⇒ルカク
 後半31分 サントス⇒マクトミネイ
 後半39分 ポグバ⇒フェライニ

 レスター
 後半18分 アマルティ⇒ゲザル
       マディソン⇒ヴァーディ
 後半35分 シウバ⇒イボーラ

スタッツ

よくボールを触ってパスを回してたのがレスターの方です。
シュート本数もユナイテッドを上回ってますが、枠内シュートは負けています。

ユナイテッド レスター
ボール支配率(%) 46.2 53.8
シュート数(本) 8 13
枠内シュート(本) 6 4
パス本数(本) 482 542
タックル 25 14
クリア 38 14
タッチ 696 746
ハイライト

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)

にほんブログ村 サッカーブログへ