サッカーの審判、主審と副審がいかに大変かをこれまで説明していきました。
そこで登場したVARですが、実際に役に立っているかどうかをこれから考えていきたいと思います。

ながーいサッカーの歴史でも、転換点になりうるかもしれないので、要注目です。

前回の記事はこちら

巻き戻しがきく

サッカーの試合って、瞬時に状況が変わっていきます。
一瞬、目を離すとボールが全然違う場所に行っていたりとか、選手が全力ダッシュするので、いつ間にか視界から消えていたりとか、展開が目まぐるしく変わります。
そういった状況で、ジャッジをするのは非常に難しい、、、というのは前回までの記事で書いてきました。

ですので、「ゆっくりいろんな状況を確認できる」という状態はジャッジをする上で、非常に楽になります。

特にオフサイドなんて、

  • 常に動く「オフサイドライン」を正確に把握しつつ
  • 「オフサイドポジション」にいる選手に注意を払い
  • 相手チームがその選手にパスを出すのかどうかを注視する

この3つを同時進行で把握しないといけません。
オフサイドの見逃しだったり、誤審だったり、ということが起こっても仕方ないと思えるぐらい、難しいんです。

オフサイドは、「パスが出たタイミングでどういう状況になっていたか?」が重要です。
そのため、ビデオを巻き戻し、パスが出たタイミングを確認できるようになったのは、非常に大きいです。

実際、コンフェデ2017ではゴールが入ったにもかかわらず、ビデオ判定によって、オフサイドがあったとして、ノーゴールになったシーンが何回かありました。
まあ、ビデオはカメラで撮っているわけですが、カメラは「オフサイドライン」の選手と並行しているわけではありません。
そういう意味で言うと、厳密にオフサイドラインが正しく判断することはできません。
ただ、目安はあります。
↓のイメージでいうと、芝の色が若干違っているのがわかるとおもいます。

グラウンド

色が変わる境目って、線になっているように見えるかと思います。
この境目は大体ハーフェイラインと並行なので、「オフサイドライン」をまっすぐ見るための補助になります。

まあ、ビデオでゆっくり見ても、微妙なもんは微妙なんですけどね~
それでも、誤審自体はかなり減った、と言えます。

確かに有効だけど

審判目線で言うと、VARは非常に有効ですし、主審・副審のプレッシャーやストレスが軽減されます。

とはいえ、試合をしている選手だったり、その試合を観ている観客だったりにとっても、いいものかどうかは別の話です。
というのも、VARで巻き戻して主審が判断しているときというのは、試合が止まります。
それで、この止まる時間がかなーーーーーり長く感じます。

それで何の審議をしているのか、わからないときもあり、頭の中は「???」となります。

ゴールの判定の時も、毎回ではないんですが、「きわどいゴールはビデオ判定で審議します」みたいな雰囲気になっています。
この「間」がすごく嫌ですね。
観ている方でもかなり嫌なのに、選手はたぶんもっと嫌だと思います。
特にゴールを取り消される審議とかされてたら、心臓にめちゃ悪い。。

ゲームの雰囲気をぶち壊す

サッカーって、雰囲気がすごく重要なスポーツだと思っています。
雰囲気がいいチームのサッカーには勢いがありますし、ホームスタジアムだと観客声援が乗って、さらに勢いを増したりするところも面白いです。

そのサッカーの楽しみである「雰囲気」をぶち壊しかねないのが、VARですね。
試合の展開が流動的で、一瞬の変化を楽しむスポーツとしては、ビデオ判定というのはマッチしてないんですかね~

これまで長々と審判の苦労やVARの有用性について書いてきましたけど、結論としては、、、

まあでも、いらないかなビデオ判定

さよなら。

P.S.ブログサイトでサッカーブログを探すことができます。
  (ブックマークのかわりにも使えますよ~)

サッカーランキング
海外サッカーなら”ブログランキング”

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
Jリーグなら”にほんブログ村”

 

コメントを残す