今回はゾーンディフェンスがテーマです。

シンプルなマンマークと違い、なかなか日本人にはなじみがない守り方がゾーンディフェンス。
これを完全に理解している日本人はおそらく存在しないと言えますし、ロシアW杯でも証明されたように代表レベルの選手ですら基本的な動きができてないこともありました。

僕自身もサッカーをやってきた中でそういった指導を受けたことはありません。
ですからこのテーマで書けるのは理論的な部分であって、現場実践レベルの話は正直ムリです。
それでも日本のサッカーファンがゾーンディフェンスに馴染みを持つためにはこういった記事が絶対に必要だと思います。
(”ファンの声”っていうのは日本サッカー界に大きな影響を及ぼしますから)

それに予備知識としてこういった動きを理解しているとサッカーの楽しみ方が増えていきます。
難解ですが知れば知るほど魅力が増していくのがサッカーであるとも言えますし、最終的にはあるチームの守備対応について議論する、、、みたいな感じでやれれば一番面白いのかな~とか考えてもいますしね。

ボール周辺の雲行き

それでは本題です。

今回はボールホルダーの状況によってどういう対応の変化が出てくるのかを考えていきます。

ボールの状況とか関係なく相手選手に対応するのがマンマークであるのに対し、ゾーンディフェンスはボール中心に守っていくわけですから、ボールホルダーの状況をしっかり把握する必要があります。
たまにゾーンディフェンスは”自分が担当しているエリアの中に入ってきた選手に対応しなきゃいけない”って言われたりしますが、残念ながらその考え方は間違いです。
(陣形は味方選手同士の距離間を意識しながら作っていきますが、相手がブロックの中に侵入してきたらそのままマークしていくやつ)

これはゾーンディフェンスの対応ではありません。
どちらかといえば、”エリアを限定したマンマーク(もしくはゾーンとマンマークを組み合わせたもの)”であると言えます。

じゃあ、ゾーンではまったく相手選手についていかないのか?っていうと、それもまた違います。
「どないやねん!」って話なんですが、これも結局ボールホルダーの状況がかなり重要になってきます。

相手が正面を向いてフリー


レッズ対グランパスの試合からあるシーンをピックアップしてます。
まあ、レッズがゾーンでやってるのかマンマークでやってるのか?は憶えてないんですが、ボールホルダーの状況を説明するのにはこれで十分です。

この状況、ボールを持っているグランパスの選手はフリーです。
そして、相手のプレッシャーもありませんから、いつでもボールを出せる状態です。

もし、ここからグランパスのFWの選手がDFラインの背後を伺うような動きをした場合、レッズの選手たちはそのFWに”対応”しなければなりません。
これはゾーンディフェンスであっても同じです。
(だから、この局面だけで考えるとマンマークとゾーンは同じ守備対応をすることになります)

・自分達の背後にスペースがある
・そして相手選手がそのスペースに向けて走り出している
・ボールホルダーがいつでもパスを出せる状況

っていうのを考えるとゾーンディフェンスでも相手をマークする必要があります。
これはボール中心に守るっていう原則においても、この動きはきっちり当てはまります。
だって、そのスペースにボールが飛んでくる可能性が非常に高いですからね。

トータルゾーン(完全なゾーンディフェンス)っていうサッカーをやってるナポリでも、こういう状況では相手選手についていきます。
でも、動き方は同じでも(マンマーク・ゾーンにおいて)その意味合いはかなり違ってくるんです。

まあ、こういう事情もあるからマンマークとゾーンがごちゃごちゃになってしまうんでしょうけどね。
僕も最初混乱してましたが、勉強していくうえで理解できるようになりましたから。

相手が後ろを向いている状態

これは↑のシーンと真逆ですね。


今度はレッズの選手がボールを持っている状態なんですが、ボールホルダーは自陣ゴール方向に向いています。
この状況だとたとえ、広大なスペースが自陣(守る側)に空いていたとしても、そこにパスが出てくる可能性は非常に低いです。
だから、この状況で相手選手がいろんな動きをしたとしても、ゾーンディフェンスではスルーするのがセオリーとなります。
(マンマークはこの状況でも相手選手の動きに対応します)

むしろ、こうやって相手が後ろを向いていてくれる時は自分達の陣形を整えるチャンスでもあります。
それに前線の選手はプレスをしっかりかけて、”相手が正面を向かないよう”に時間を稼ぐ必要もあります。

まとめると

ボールホルダーの状況でいろいろと守備対応が変わってくるのがゾーンディフェンス。
逆にその状況とか関係なく守備対応をするのがマンマークです。

ゾーンディフェンスが難しいとか言われるのはこの部分が大きいと感じてます。
ボールホルダーの状況は一瞬で変化しますし、ボール自体もいろんな方向に動いていきます。
その中で脳内コンピュータを使って情報を処理し、必要に応じてスプリントを繰り返すのが強豪チームがやってる守り方です。

この守り方がきっちりできるようになるとチームの戦い方のバリュエーションも増えますし、スタミナの消耗も抑えられます。
(基本的にゾーンの方が走る距離が少ない傾向なので)
ただ、それができるようになるにはかなりの訓練や練習が必要ですし、サッカーIQも高くしなければなりません。
(だから、育成年代からきっちり教え込むしかないんですが、たぶんきっちり教えられる人が少ないんでしょう)

結局、日本サッカーと世界の強豪との差っていうのはこの部分が大きいわけで、日本がW杯で優勝を目指すんであればきっちり押さえておかないといけないものなんですけどね~~~

今回の記事はこちらを参考にしています。
がっつりゾーンディフェンスを知りたい方はご購読をおススメします。
(↓の画像リンクからAMAZONで購入できます)

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)

にほんブログ村 サッカーブログへ