17/18ヨーロッパリーグ準決勝のセカンドレグ、アトレティコ・マドリード 対 アーセナルのマッチレビューです。
チャンピオンズリーグ同様にこっちもこれで決勝カードが決まります。

ファーストレグではアトレティコが退場者を出しながら終盤に追いつき1-1のドロー。
アーセナルはシュートを打ちまくってましたけど、なかなか決めきれずにアトレティコにいいようにやられてしまった格好です。

中盤の構成力が世界トップレベルのアーセナルと守備ブロックの堅さが世界トップレベルのアトレティコ。
まあ、戦い方は対称的ですがホントにいい対戦カードでしたね。

フォーメーション

アトレティコ・マドリードとアーセナルのフォーメーションです。

4-4-2と4-3-3です。

ここはファーストレグと変わりませんね。

全体の印象と試合展開

1点差を争うゲームなんで緊張感がある試合にはなりました。
個人的にはこういうゲームの方が面白いですね。

序盤からリズムをつかんでいたのはホームのアトレティコ。
アーセナルの方は少し堅さがあったような気がします。
というか、前回の対戦で”シュートが入らない”イメージが染みついてしまったかもしれませんね。

前半は決定機もアトレティコのほうが上回ってましたし、きわどいシーンもたくさんありました。
逆に絶対1点以上は取らないといけないアーセナルは攻め手を欠いてた感じにはなってます。
それでも前半はなかなかスコアが動かず、そのままスコアレスで折り返しそうな雰囲気でしたが、前半終了間際にアトレティコが先手を取ることになります。

ディエゴコスタのゴールでしたが、トーマスがボールを奪ってからフィニッシュまで持っていくのが非常に早かったです。
結局、試合的にはこれが決勝点とはなりましたけど、アーセナルは終始ゲームコントロールに苦しみましたかね。

ラムジーの決定機なんかがありましたけど、全体的に同点にできそうな雰囲気はなかったです。
逆にアトレティコに追加点を奪われておかしくありませんでしたけど、そこは辛抱しています。
それでも得点が必要なゲームだっただけにアーセナルとしては完敗してますな。

文句をつけれないアトレティコ

ファーストレグで審判に文句を言いまくってたシメオネ監督はこの試合を含め、5試合ぐらいベンチに入れない処分が下りそうです。
相当ひどい言葉をかけてたみたいなんで仕方ないとは思いますけど、試合前からこれがどう影響するのか?って心配されてましたが、あんまり関係なかったですな。
(というか、ファーストレグもいなかったわけだし)

それで試合に関してはいつも通りインテンシティ高く相手に激しくいってましたし、トランジションも早くプレスバックも的確。
相手のアーセナルが少しフワッとした入りをしてたこともあって、序盤からボールを持てるシーンが多くなってた印象です。

この試合はディエゴコスタがいて、チームの守備ブロックは4-4-1-1みたいな恰好でした。
グリーズマンが少し下がり目の位置でアプローチにいったり、ブロックに合流したりするのが特徴的な感じですかね。
(レスターで岡崎がでているときもこんな感じでやってますね)
基本的にハイプレスはやりませんけど、相手陣内の深い位置にボールが行ったときは前の二人がよくボールを追いかけてました。
特にGKへバックパスされた時なんかはわかりやすかったですね。

まあ、このチームはそもそも4-4のゾーンディフェンスがかなりハイレベルなんで中央のスペースはほとんど消せてますし、横からの攻撃にも中央はジグザグに構えてクロスボールをきっちり跳ね返します。
(縦からも横からも”穴がない”です)
パッと見で危ないシーンもそれなりにありますけど、際のところも集中高く守備をしているからリーグ戦含めて失点がかなり少なくなってます。

結局、この試合も無失点で終えてますし、ホントにすごいチームです。
(決定機をもっとものにできれば完璧なんですがw)

封じ込まれたアーセナル

いきなりコシエルニがケガで離脱したアーセナル。
代わりに入ったチェンバースはパフォーマンスが安定してないようで序盤から最終ラインに不安を抱えることにはなりました。
(この試合はそれなりにやってた気もしますけど)

それで、この試合はそこまでボールを持てませんでしたね。
ファーストレグとは違ってプレッシングのところも少し抑え気味になってましたし、どちらかというとアトレティコに少し前に出てきてもらって空いたところを狙いたかった感じでしょうか。
オバメヤンが来てすぐに「堅守速攻」の構えを取ってたりしてましたけど、そこまで自陣に引いて構えてたわけでもありませんが。
(まあ、オバメヤンもいないし)

まあ、引き分けだと敗退しちゃいますし、ホントはもっと攻勢を仕掛けたかったとは思いますけど、全体的にアトレティコにゲームを支配されてしまって本来の力を出せないところがあったでしょうかね。
というか、これだけ組織化されてゴール前を固められるチームはプレミアにはいませんし、なかなか慣れてない相手だったから難しいところがありましたな。

前線の選手がダイレクトプレーを繰り返しながらPA内に侵入を試みるのが”アーセナルの強み”だとは思いますけど、全体的にそういったシーンがほとんどありませんでしたし、終始アトレティコに抑え込まれちゃいましたね。

試合結果

試合は1-0でアトレティコが勝利。

内容で考えても順当な結果でしたね。

得点者
前半47分 アトレティコ:ディエゴコスタ

交代者
アトレティコ
後半29分 ペレス⇒コレア
後半38分 ディエゴコスタ⇒トーレス
後半48分 トーマス⇒サビッチ

アーセナル
前半12分 コシエルニ⇒チェンバース
後半23分 ウィルシャー⇒ムヒタリアン

ハイライト

全体のハイライトです。

ベンゲルさんサヨナラ

アーセナルの敗退が決まりました。
リーグ戦ではCL出場権を取れませんし、このヨーロッパリーグの優勝こそが唯一の望みだったわけなんですけど、ホントに相手が悪かったですな。

ベンゲルさんは今後どうするのかわかりませんけど、監督の力だけじゃなくチームの運営にも実力を発揮する人物なんでいろんなところから声はかかるんでしょう。
(Jリーグに来ることはないよねw)
逆にチームの方はトゥヘルを招聘するとかしないとか。

まあ、新監督は誰でもいいと思いますけど、チームは一から作り直す必要がありますかね。
(ハリルさんが就任することってあり得るんかなw)
そんな感じです。
また次回!!