18シーズンJ1リーグ第3節の川崎フロンターレ 対 ガンバ大阪のマッチレビューです。
攻撃的なチーム同士の注目の一戦でしょうか。

とはいえ、昨シーズンの王者であるフロンターレは勝ち切れない試合が続いている状態ですし、ACLのグループステージでは最下位と苦戦中です。
まあ、そんなことは気にせずにリーグ戦の調子が上がってくればチームの調子も上がってくると思いますし、フロンターレにとってはこの試合の方が大事になってくるでしょう。

対戦相手のガンバもはっきり言って調子がまったくよくありません。
新監督のもと、いろいろと試している段階、、、とはいえ、負け続けてるとJ2に落ちちゃいますんでね。
そろそろこの辺で頑張ってほしいところでしたが、、、

というわけで、まずはフォーメーションから。

~スポンサードリンク~

フォーメーション

川崎フロンターレとガンバ大阪のフォーメーションです。

4-5-1同士の対決です。

フロンターレ・ガンバともに少しメンバーを入れ替えてきています。

全体の印象と試合展開

試合は序盤からホームのフロンターレが押し込む展開。
アウェーのガンバは辛抱の時間が長くなってた感じです。

ガンバには苦しい展開でしたし、そこでどれだけ辛抱できるか?っていうのが重要でしたけど、意外と早い時間に先手を取られることになってしまいます。
CKからエドゥアルドネットにやられてますけど、ここのガンバの対応は結構甘かった印象です。

その後もホームのフロンターレが一方的に押し込む展開が続いてます。
前半はガンバのシュートが0本となったぐらいフロンターレが圧倒してた感じなんですが、後半に入ってもその流れは変わってません。
(ガンバは選手交代を挟んでますけど、この交代は僕にはちょっと意図がわからなかったです)

それからしばらくするとフロンターレが追加点を奪います。
家長の右足のスライディングボレーでしたが、非常にキレイに決まってます。
まだ、時間はありましたけどこれまでの流れを考えるとこの追加点で試合は決まっちゃった感じでしたね。

フロンターレが安定感のある勝利です。

~スポンサードリンク~

フロンターレ

対戦相手のガンバと戦い方のスタイルが似ているフロンターレ。
とはいえ、チームの完成度とか球際の強さ、トランジションの速さ(プレッシングの強度)がガンバを上回ってたのでフロンターレがボールを保持する時間が長くなってます。

序盤からそうやってボールを保持しつつ、ビルドアップから最終的にフィニッシュまで持っていけてたのはよかったと思います。
その流れの中から得たCKで先制ゴールが生まれてますし、狙い通りの戦い方ができてた感じでしょう。
まあ、ガンバの守備が結構雑だったんで比較的楽にボールを回せてた印象ですし、イージーミスとかさえなければ問題なく取れそうなゲームでしたね。

あと、攻撃面で言うとこの試合は小林悠がセンターに入ってます。
彼は結構左右に流れますし、それに合わせてサイドの阿部や家長が斜めに走ってきたり、中村憲剛が中央でボールを受けてボールを捌いたり、みたいな形が多いですかね。
サイドバックはかなり高い位置を取ってきますし、スペースが空いてれば積極的に攻撃参加していたのはいつも通りの感じでしょう。

とりあえず、ガンバの守備陣が人の動きに釣られてスペースを空けることが多かったんで、意外と中央でもきれいに繋ぐことができていたのかなって印象です。
できれば、早い時間帯に追加点を取って試合を決めちゃいたいところだったとは思いますけど、意外と時間がかかっちゃいましたね。
(でも、後半に家長が決めて試合は決まりました)

ガンバ

攻撃的に行きたいとはいえ、相手がフロンターレなんでまずは守備を頑張らないといけないガンバ。
相変わらず、アプローチに出た選手のプレスバックが悪いから、よく中央にスペースが生まれてるんですが、クルピ監督はあんまり気にしないんですかね?

この試合はサイドの相手選手はマンツーマン気味で見ている影響もあってか、5バックみたいになることがありましたし、中盤がスカスカになってます。
まあ、スペースを埋める意識っていうのはもちろんありますし、その辺はお互いに指示を出し合ってはいましたけど、そこらへんの判断の迷いとか遅れが相手のレベルが高いと致命的になったりします。

フロンターレのビルドアップを全く制限できずにフィニッシュまで持って行かれてしまう、、、そんなシーンが序盤から多かったですし、ボールの取りドコロをどこにする?の前にまずは相手の攻撃をしっかり跳ね返せるようにならないとしんどいゲームだったと思います。

できるだけ自分達でボールを保持しながらチームのリズムを作っていきたいのはよくわかりますし、戦術としては問題ないんですけど、それをするためにはまず”相手ボールを奪ないといけません”。
とりあえずこの試合のポイントはそこでしたし、それがうまくいかないんであれば柔軟に戦い方も変える必要があります。
(堅守速攻スタイルにするとか)

自分達のスタイルを貫こうとするのは結構ですが、それによってこれだけフロンターレに圧倒されてしまうといろいろと考え直す必要があるのかなとは思います。

試合結果

試合は2-0でホームのフロンターレが勝利。

ボール支配率 58 対 42
シュート数  16 対  3

ってな感じで、フロンターレが圧倒してました。

得点者
前半8分  川崎:エドゥアルドネット
後半10分 川崎:家長

交代者
フロンターレ
後半28分 エドゥアルドネット⇒森谷
後半30分 中村⇒長谷川
後半40分 エウシーニョ⇒守田

ガンバ
後半0分  長沢⇒泉澤
後半13分 井出⇒ファンウィジョ
後半27分 中村⇒福田

ハイライト

全体のハイライトです。

まとめ

もともとガンバには期待してませんでしたけどwホントにそんな感じの試合になってます。
ガンバは開幕から3連敗ですし、勝ち点を取れそうな雰囲気はありませんな。

チーム戦術の浸透とかメンバーの連携強化とか、試合をこなしながら徐々に上げていくものなのかもしれませんけど、そんな中でも結果は残していかないとどんどんしんどい状況になっちゃいます。
この感じだとクルピ監督がシーズン終了まで指揮をとってる姿をイメージできないんですけど、ホントにどうなりますかね。

関西出身の僕はガンバ大阪が一番身近なチームですし、ヴィッセルとともに応援はしてるんですけどね。
まあ、フロンターレは強かったですな。
今シーズンも優勝争いをやってそうです。

そんな感じでまた次回!!