以前、山口蛍はどうすべきだったか?という記事を書きましたが、ロシアW杯決勝T16の日本 対 ベルギーの試合で起きたベルギー代表のロングカウンターはホントに見事なものでした。
ご覧になった人もいるかと思いますが、少し前にNHKでその当時のことを当事者(日本代表とベルギー代表の選手たち)で振り返っている番組が放送されていました。
(番組の名前は忘れましたが)

そして、個人的にその番組で印象的だったのはデブライネの言葉です。
日本の本田が蹴ったCKをクルトワがキャッチし、そのボールをデブライネに展開したところからベルギーのロングカウンターは始まったんですが、猛然と日本ゴールめがけて高速ドリブルをしていた最中にデブライネは次のことを考えていたそうです。

山口蛍を誘い出す

デブライネは「この状況で正面にいる山口蛍を自分のところに誘い出すことができれば、より自分達(ベルギー代表)の攻撃が有利になる」と考えたそうです。
(原文ではありませんが、こんな感じの意味合いでしたね)

そのため、デブライネは山口蛍を誘い出すためにわざと”歩幅の大きいドリブル”を事前に見せつけています。
(ちなみに山口蛍が距離を詰めていったのはこのドリブル見て、ボールが奪えると思ったからだそうです)
そして、山口蛍との距離が縮まった段階でドリブルのテンポを下げ、山口をギリギリまで引き付けたところで右サイドのムニエにスルーパスを出しています。

この時、ルカクをカバーしていた長友は「蛍飛び出すな」と伝えたかったと言っていましたが、ベルギーのカウンターがあまりにも速すぎたため声が出なかったそうです。
そして、もう一人後方にいたキャプテンの長谷部は「自分がもし山口蛍と同じ状況にいたらどういう対応をしていたのかわからない。たぶん彼と同じようにボールに飛び込んでいたと思うし、誰も山口蛍を攻めることはできない。」と言ってました。

長谷部の言葉は山口蛍をかばうような意味合いもあったような気もしますが、デブライネと長友の言葉は日本の対応に問題があったことを教えてくれています。
もちろん、最終盤での日本のCKがあまりに雑だったことや、ボールをキャッチしたクルトワの近くにいた吉田麻也が彼の動きを妨害しなかったことにも原因はありますし、そもそもあの状況を作られてしまった時点で日本が失点する可能性が非常に高くなっていたことは改めて説明しておきます。

ただ、山口蛍がかなり難しい選択を迫られたあのシーンというのは、今後の日本代表にも失点するピンチとして訪れる可能性は十分にあります。
攻撃の局面でまったく人数をかけない消極的な戦い方を選んでいるのならまだしも、攻撃的なサッカーを目指している日本代表にとっては避けては通れない守備対応なんです。

ですから「数的不利な状況でどうやってゴールを守るか?」をしっかり考えなければいけません。
とりあえず相手選手をマークするだけではそもそも失点のリスクを減らすことは難しいのです。

数的不利の認識


デブライネがドリブルしている段階では(日本)3対5(ベルギー)の状況でした。
そして、デブライネがムニエにボールを展開したことで2対4の状況に変化しています。
ここで「山口蛍がゴール前まで下がろうが、デブライネに突っ込んでいこうが数的不利な状況(人数差)は変わらない。だから、山口蛍がどういう行動を取っていても結果は同じだったのではないか?」と考える人が相当数いるのではないかと思います。

でも、よく考えてもらいたいのです。
ホントに状況としては全く変わらないのか?ということを。

ペナルティエリアの大きさは横幅が約40m、縦幅が16.5mです。
サッカー経験者はよくわかると思いますが、意外と広いのがペナルティエリアという場所です。
そして、このペナルティエリア内で相手選手にボールを持たれてしまうと、シュートを打たれるリスクが相当上がりますし、そのまま失点につながる可能性も非常に高いです。
逆にこのペナルティエリアの外にボールがある状態でシュートを打たれたとしても、よほど強烈なシュートやかなり正確なシュートコースに飛んでいかない限り失点する可能性は低くなります。

ですから、まず守備対応(失点しない)で考えるべきは相手にボックス(ペナルティエリア)内でボールを触られないことになります。
当たり前なんですが、自分達のゴール前で相手にボールさえ触られなければ基本的には失点する可能性は低いのです。

相手チームとの人数差が変わらなくても、守備側の人間が3人⇒2人に減ることっていうのは非常に大きな影響を与えます。
40m×16.5mを3人でカバーするのと、2人でカバーするのとでは1人が担当するエリアの広さが全然違うからです。

そして、攻撃してくる相手チームの人数というのはあまり関係ありません。
だって、ボールと守るべきゴールは1つずつしかありませんからね。

失点のリスクを最小限に

例えば、2対4っていう状況だと人数差が2人ですが、これが仮に2対6(人数差4人)になったとしても、失点する確率が2倍になるわけではありません。
それに極端な話で10人対100人の試合をやったとして、100人のチームの方にバンバン得点が生まれるか?というとそういうわけでもありません。

結局、攻撃しているチームが得点を奪うために必要なものは”フリーな選手とゴール前のスペース”となります。
もちろん例外もあります(セットプレーやミドルシュートか)が、基本的にはボックス内でボールを触れないと得点を奪うことは難しいのです。
上の例にある10人対100人だと、単純に90人のフリーな選手を作ることはできますが、相手のチームの10人がボックス内のスペースを埋めていたら、ボックス内でフリーの選手を作ることが難しくなりなかなか相手ゴールを奪うことはできません。

プレミアリーグのビッグ6対下位チームの試合なんかでもよくありますが、ボックス内にフィールドプレイヤー全員が入ってスペースを消す、、、っていう守り方は”こと失点しないこと”に関して言えば一番効率的な方法なんです。
(ただ、ボールを奪ってからの攻撃はほとんどできませんけどね)

何を優先するのか


つまり相手選手をマークするよりも、ゴール前のスペースを埋める方が失点するリスクを抑えることができます。
ボックスに入ってきた選手はマンマークする方がいいですが、ボックス外に出ていく選手は放っておけばいいんです。

そして、数的不利な状況においてはそもそも相手選手全員をマークすることは不可能です。
3対5⇒2対4の変化も根本的に相手をマークする守備が前提にあるなら、ほとんど状況的には変わりません。
しかし、ゴール前のスペースを消すという考え方を前提に持ってくれば、2対4の状況よりも3対5の状況の方が守りやすいのは間違いありません。

だからこそ、冒頭のデブライネは山口蛍を誘い出すことを考えたわけですし、長友が飛び出すなって伝えたかったのは山口が飛び込んでしまえば失点するリスクが増えてしまうことをわかっていたからです。
そして、こういった守備対応の仕方は山口蛍に限らず日本人選手がよくやってしまう間違いでもあります。
14年ワールドカップのコロンビア戦

攻撃や崩しの局面でのスペースの大事さはよく解説や指導者なんかも口にします。
ただ、守備対応でのスペースの話というのは未だに日本ではあまり聞くことがありません。
「なぜこの選手にマークがついていなかったのか?」を考える前に「なぜこのスペースが空いていたのか?」を考える必要があるのです。

全部が全部ゾーンディフェンスが正解なわけではありませんし、サッカーの戦術には正解がありません。
相手の戦い方やレベルによってはマンマークの方が効果的な場合もあります。
ただ、それでも日本がベルギーにやられてしまったあの数的不利な状況においては「ボックス外のところで相手選手をマークする」という選択肢はありえません。
やっぱりあの状況ではゴール前のスペースを消すことが最優先されるべきなのです。

オシムが言ったように「デブライネをレッドカード覚悟で止めるべきだった」っていう選択肢も確かにあります。
でも、その行為の成功確率は高くありませんし、一か八かの勝負にしかなりません。
あの終盤のカウンターは”そこで失点してしまえばそのまま試合が終わる”ことがほとんど決まっている状況でした。
仮に引き分けで延長に入っても、その後力負けしてベルギー代表に負けるような未来が待っていたとしても、失点すれば負けてしまうあの状況で一か八かの勝負をすることはやっぱりありえません。

仕方なかったで終わらせないように


今になって思えば、ベルギー代表にああいった形で敗れてしまったのは日本代表にとっては良かったのではないか?と感じています。
もちろん、「2-0にしたんだからきっちり勝ち切れよ」っていう思いもありますが、ワールドカップのベスト16という舞台であんな劇的なやられ方をしたことは皆の記憶にしっかり残っていますし、今後も語り継がれるはずですから。

そのたびに「ベルギー代表が強すぎて、日本代表がやられてしまったのは仕方なかった」という風に片づけないようにしたいものです。
14年のコロンビア戦もそうだったんですが、”ここぞという場面”での日本代表には自分達のゴールを守る切る力が足りていないのが現状ですし。

これから日本サッカーがどういう方向性で進歩していくのかはわかりませんが、どんな戦い方をしていたとしても”守り切らなきゃいけない”試合というのは絶対にやってきてしまいます。
だからこそ、今まで日本代表が世界の強豪にやられてしまったという事実を「仕方なかった」で終わらせないようにしたいものですね。