18/19チャンピオンズリーググループH第4節のユベントス 対 マンチェスター・ユナイテッドの試合が行われています。
この試合に関するフォーメーション・試合情報・スタッツをまとめています。

グループH注目のビッグマッチです。
オールドトラフォードでの試合はユベントスDF陣の活躍もあり、アウェーながらユベントスが完封勝利。
ユナイテッドも決して悪いデキではなかっただけにユベントスの強さが光った試合になってましたね。

この試合でユベントスが引き分け以上の結果だった場合にグループ突破が決まったわけなんですが、アウェーのユナイテッドが意地を見せることになりました。

フォーメーション

ユベントスとマンチェスター・ユナイテッドのフォーメーションです。

4-3-3対4-3-3です。

モウリーニョサッカーの神髄

モウリーニョ
直前の試合でバレンシアが勝利したことによってユナイテッドとしては是が非でも勝ち点を奪って帰らないといけない試合になりました。
”勝たなきゃいけない”わけでは無かったので失点のリスクを最小限に抑えながら、カウンターやセットプレーからチャンスがあれば先制点を狙うっていういつものスタイルを取っていたと思います。

相手陣内にボールがあるときはマンツー気味に相手を潰しながらプレッシングをかけるシーンもありましたが、基本的にはリトリートしてボックスやその周りのスペースを埋める動きが強かったです。
ユベントスのサイドバックが高い位置を取ってきていたことから、サイドで数的不利になるシチュエーションはよくありましたけど、やっぱりモウリーニョサッカーの神髄はボックス内での守備にありますね。

いつぞやも書きましたけど、クロスボールが放り込まれるタイミングでのDFラインと中盤の距離間が非常に狭いです。
そして時にはジグザグに並ぶこともあり、縦関係のギャップをほとんど消してしまっています。
もちろんピンポイントでクロスを合わせられることもあるため、完全に失点を防ぐことはムリなんですけど、攻撃する側としてはクロスボールが跳ね返されるたびにどんどんとジレていくことになります。

もともとサイドで数的不利になるのは想定済み。
そしてそこからクロスボールを放り込まれるのも気にしないっていう構え方です。

だから、たとえ自陣内であってもサイドにボールを追い込めている状況であればユナイテッド守備陣が機能していると考えることができます。
逆に中央へ縦パスをどんどんと通されているようであればユナイテッドが思ったような戦い方ができていないっていう判断もできます。

そして、この試合に関して言えば全体的にユベントスに押し込まれている状況が多かったわけなんですが、守備対応としてはそんなに問題なかったかなと思っています。
序盤から相当うしろに人数をかけていたから”奪ってからのロングカウンターもクソもなかった”ところはありますけど、試合の目的を考えると全く問題ない戦略でしたね。
(最前線でボールを持ってるサンチェスが一人でウロチョロしている、、、みたいなシーンもありましたしw)

唯一の誤算はロナウドのスーパーゴールでしょう。
そこからは嫌でも前に行かないといけなくなったわけですから、相当難しい状況だったと思います。
実際に失点してからの十数分間は追加点をいつ奪われてもおかしくないようなプレーが多々ありましたしね。

流れが変わりだしたのはフェライニの投入だったと思います。
ロングボールの競り合いをきっちり勝ってくれる選手が出てきたことでユナイテッドの攻撃が少しづつ活性化するにようになりました。

フェライニは中盤のポジションを取りながら、攻撃の時にはほとんどトップの位置にいました。
そして、マタがその周りを衛星的に回りながら縦パスを引き出す動きを繰り返しています。
この攻撃の変化によって生まれたのがマタの同点ゴールとなったFKですし、最終的なユベントスのオウンゴールに繋がったわけです。

結果的にモウリーニョの采配がズバリ的中した試合にはなりましたけど、ホントに良く逆転したな~とは感じましたね。
まだまだバレンシアとの直接対決も残っていますが、この粘り強さを継続していればグループ突破は問題ないのではないでしょうか。

試合結果

試合は1-2でユナイテッドが勝利。

・得点者

    後半20分 ユベントス:ロナウド
    後半41分 ユナイテッド:マタ
    後半45分 ユナイテッド:オウンゴール

・交代者

    ユベントス
    後半16分 ケディラ⇒マテュイディ
    後半38分 デシリオ⇒バルザーリ
    後半47分 クアドラード⇒マンジュキッチ
    ユナイテッド
    後半25分 リンガード⇒ラッシュフォード
    後半34分 エレーラ⇒マタ
    後半34分 サンチェス⇒フェライニ
スタッツ
JUV MUN
ボール支配率(%) 54 46
シュート数(本) 21 7
枠内シュート(本) 4 3
パス本数(本) 509 427
パス成功率(%) 88 84
タックル 18 8
ハイライト

P.S.
有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。
過去の試合データをご覧になりたい方はこちらから検索することができます。


サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ