18/19プレミア第18節のマンチェスター・シティ- 対 クリスタルパレスの試合が行われています。
この試合に関するフォーメーション・試合情報・スタッツをまとめています。

リバプールを追走しているマンチェスター・シティ-がホームにクリスタルパレスを迎えています。
ギュンドアンの先制ゴールを奪ったまでは良かったのですが、格下のクリスタルパレス相手に3連続失点を許してしまい、結果的に勝ち点を落とすこととなりました。
シティがこういった試合をやってしまうのは非常に珍しいですね。

クリスタルパレスは枠内シュートが3本なんですが、すべてゴールに結びついています。
(タウンセンドのボレーはヤバいです)
効率的なサッカーとはまさにこれのことですよね。

フォーメーション

マンチェスター・シティ-とクリスタルパレスのフォーメーションです。

4-3-3と4-5-1です。

試合結果

試合は2-3でクリスタルパレスが勝利。

会場:エティハド・スタジアム

・得点者

    前半27分 シティ:ギュンドアン(デルフ)
    前半33分 パレス:シュラップ(マッカーサー)
    前半35分 パレス:タウンセンド
    後半6分  パレス:ミリボイエビッチ
    後半40分 シティ:デブライネ(ベルナルド・シウバ)

*()内はアシスト

・交代者

    シティ
    後半5分  オタメンディ⇒アグエロ
    後半17分 デルフ⇒デブライネ
    後半24分 スターリング⇒マフレズ
    クリスタルパレス
    後半43分 ザハ⇒アイェウ
    後半50分 メイヤー⇒パンチュン
    スタッツ
    MCI CRY
    ボール支配率(%) 78 22
    シュート数(本) 18 4
    枠内シュート(本) 5 3
    パス本数(本) 733 212
    パス成功率(%) 89 56
    タックル 18 25
    ハイライト

    P.S.
    有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。
    過去の試合データをご覧になりたい方はこちらから検索することができます。


    サッカーランキング
    にほんブログ村 サッカーブログへ
    にほんブログ村 サッカーブログ