18/19チャンピオンズリーググループH第3節のマンチェスター・ユナイテッド 対 ユベントスの試合が行われています。
この試合の解説やフォーメーション・試合情報・スタッツをまとめています。

オールドトラフォードでの大一番となりましたが、試合は序盤からアウェーのユベントスがボールを支配する展開になっています。
ユナイテッド的にはその展開も織り込み済みだったと思いますけど、意外と早い時間帯に失点することになったのは予想外だったかもしれません。

リーグ戦での不調を断ち切るためにもこの試合は何としてでも勝ちたかったユナイテッドだったんですが、後半に入っても思ったような攻撃ができずに時間だけがどんどん過ぎていく展開になっています。
ポグバのシュートがポストに嫌われるシーンなんかはありましたけど、結局追いつけないまま試合は終了。

リーグ戦も好調なユベントスがグループステージ3連勝で勝ち点9に伸ばしています。

フォーメーション

マンチェスター・ユナイテッドとユベントスのフォーメーションです。

4-2-3-1と4-3-3です。

ユナイテッドはチェルシー戦と同じメンバーです。
フォーメーションも同じですが、マティッチとポグバが入れ替わっています。

やっぱりそうなるユナイテッド


先日のチェルシー戦に引き続き、堅守速攻の構えだったユナイテッド。
ルカクが最終ラインにアプローチして、ピャニッチのところをマタがケアするのもチェルシー戦と同じでした。

全体的に自陣のスペースを消せてましたし、序盤からユベントスのビルドアップに対してきっちり対応してました。
守備意識はもちろん高かったですし、球際のところもかなり激しくいい試合の入りをしていたと思います。
それに奪ってからの展開も早くてユベントスには一定の脅威を与えていたと思いますけど、ビルドアップのアイディアは相変わらず貧相な感じがありました。

これもチェルシー戦から目立っていたことなんですが、最終ラインから縦パスを引き出す動き自体が少なく、中盤の選手がドリブルでボールを運ぶかロングボールを何とか繋ぐかしない限り攻撃のスイッチが入らないところはありました。
唯一トップ下の位置にいたマタがボールを引き出す動きを一生懸命やってましたが、もう少しチームとして連動してやっていかないとユベントスの堅い守備陣を崩していくのは難しかったです。
(マタが一人むなしく走り回っているのを見ると悲しくなりますね)

相手のユベントスが攻撃的なスタイルに変わったとはいえ、もともと堅守を誇るチームですから今のユナイテッドにとってはかなりやりにくい相手だったかもしれません。
できるだけスコアレスの時間を長くしていたかったとは思いますけど、そもそも得点の匂いがセットプレーかカウンターからしかしなかったので厳しいところはあったでしょう。

強いユベントス


この試合はディバラをセンターに持ってきた4-3-3という初めての形でした。
守備の時にはクアドラードが右SHの位置に下がって4-4-2の形(ロナウド・ディバラで2トップ)に移行します。

プレッシングはかなり高い位置から仕掛けてましたし、ボールを握る時間も長かったですから戦い方自体はいつもと同じ感じです。
中盤や前の3枚はかなり流動的にポジションチェンジしますし両SBも高い位置を取ります。
高い位置を取ると言ってもロナウドやクアドラードが中に絞ったときだけなんですが、ディバラも中盤に降りてきてボールを引き出す動きをしてましたし、この一連の動きは時間が経つごとに有効になっていきました。

ユナイテッド守備陣は基本的にゾーンで構えてましたがサイドの選手に対してはマンツー気味に対応することが多く、クアドラードやカンセロの動きにユナイテッドの最終ラインが釣られてスペースが生まれることが多かったですね。
その生まれたスペースにベンタンクールやディバラが侵入してきてチャンスメイクできてましたし、この試合のユベントスは右サイドが攻撃の起点となってました。
先制点のシーンではロナウドが右サイドに流れてましたが、崩し方としてはこれらの流れと同じでしたね。

相手のGKがデヘアじゃなかったらもっと得点が入ってたような気もしますが、難しい強豪とのアウェーゲームを勝ち切ったのは流石です。
いや~、ユベントスは強いですね。

試合結果

試合は0-1でユベントスが勝利。

・得点者

    前半17分 ユベントス:ディバラ

・交代者

    ユナイテッド
    なし
        ユベントス
        後半33分 ディバラ⇒ベルナルデスキ
        後半36分 クアドラード⇒バルザーリ
        後半42分 カンセロ⇒ドウグラスコスタ
      スタッツ
      MUN JUV
      ボール支配率(%) 39 61
      シュート数(本) 8 13
      枠内シュート(本) 4 5
      パス本数(本) 413 644
      パス成功率(%) 80 89
      タックル 15 12
      ハイライト

      P.S.
      有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。
      過去の試合データをご覧になりたい方はこちらから検索することができます。


      サッカーランキング
      にほんブログ村 サッカーブログへ
      にほんブログ村 サッカーブログ