18/19プレミア第3節のニューカッスル 対 チェルシーの試合が行われています。

アウェーでのニューカッスル戦は非常に相性が悪いチェルシーだったんですが、この試合は何とか勝ち切ることに成功しています。

試合は序盤からベニテス率いるニューカッスルの”ドン引きブロック”に攻めあぐねていたチェルシーなんですが、後半に入ってからアロンソのPKゲットで試合の流れを変えることができています。
その後すぐに甘い守備対応から同点にされてしまうんですが、終盤のセットプレーから相手のオウンゴールを誘い勝ち越し点を奪っています。

チームの完成度としてはまだまだ足りないチェルシーなんですが、開幕から3連勝と結果は残せています。
まあ、今の段階で強いチームと対戦すると”ボロが出る”ような気もしますが、予想より勝ち点を積み上げているのは大したもんです。

フォーメーション

ニューカッスルとチェルシーのフォーメーションです。

5-4-1対4-3-3です。

チェルシーはアザールとコバチッチがスタメンに入っています。
それ以外では特記事項はありませんかね。
とりあえず試合を通してジョルジーニョはずっと周りに指示を出してました。
(彼がケガでもするとどうなるんでしょうか)

ニューカッスルの武藤はベンチスタート。
1点ビハインドの終盤に途中投入されてますが、目立った見せ場は皆無でしたw

試合結果

試合は1-2でチェルシーの勝利。

・得点者
 後半31分 チェルシー:アザール
 後半38分 ニューカッスル:ホセル
 後半43分 チェルシー:オウンゴール

・交代者
 ニューカッスル
 後半16分 ロンドン⇒ホセル
 後半28分 マーフィー⇒ぺレス
 後半34分 シェア⇒武藤

 チェルシー
 後半20分 モラタ⇒ジルー
 後半24分 ペドロ⇒ウィリアン
 後半34分 コバチッチ⇒バークリー

スタッツ
ニューカッスル チェルシー
ボール支配率(%) 19 81
シュート数(本) 6 17
枠内シュート(本) 2 4
パス本数(本) 194 913
パス成功率(%) 65 92
タックル成功 22 18
ハイライト