前回に引き続き、適正ポジションと要求される能力について書いていきます。
今回はMF・FW篇です。
*前回の記事を読んでない方はこちら

ここのポジションはサッカーにおいては花形ですし、みんながやりたがるポジションでもあります。
やっぱりサッカーは守るより攻める方が面白いですしねw

ちなみにこの記事は4-4-2をベースに書いていきますので、ご了承ください。

インサイドハーフ

IHって言葉がいつから使われるようになったのかは憶えていませんけど、昔はCMF(セントラルミッドフィルダー)とか言ってましたね。
後は高さの違いでOH(オフェンシブハーフ)とかDH(デフェンシブハーフ)なんかも使ってました。

いわゆるOHはトップ下に該当し、DHはボランチに該当します。
最近のサッカー戦術においては中盤の選手のタスクがかなり増加していることから、こういった使い分けそのものが無意味になってきているんでしょうかね。

そんなわけでこのIHっていうのはやることがいっぱいあります。
サッカーのポジションの中では一番難しいんじゃないかなと思えるぐらいです。

まずはこのポジションはピッチ中央に位置することが多いですので、かなり広い視野を持っている必要があります。
ボールを持っている・いないに関わらず、常に首を振って周りの状況を認識していることが大切です。
攻撃の局面においてはフィニッシュに絡む仕事も求められますし、守備の局面ではゴール前を固めたりバイタルエリアを埋めたりする仕事も重要になってきます。
前回のSBでは上下のバランスを見ることが重要と書きましたが、このIHは上下のバランスに加えて左右のバランスも気にしている必要があります。

例えば、味方のSBが前線に駆け上がったときに相手にボールを奪われ、そこからカウンターを食らう場面があったとします。
SBが駆け上がった後ろには広大なスペースが生まれているわけですが、もしそこを相手に使われそうになった場合はIHの選手がケアしに行く必要も出てきます。
(必ずしも行く必要はないんですが、味方の人数と相手の人数でそこは変わってきます)

そんなわけでIHはスペースの認識っていうものが大事になりますね。
そしてこれは攻撃の局面でも当てはまります。
だって、味方のFWにラストパスを供給することも多くなりますから。

後は選手が密集している中央でボールを受けることが多いですから、”ボールを失わないこと”はとても重要です。
中央でボコスカとボールロストしてたらそのうち味方からパスを貰えなくなりますし、相手にカウンターのチャンスを与えてしまうことになります。
こちらもスペースの認識と同じで周りの状況を常に把握しておくこと(相手からのプレスなど)が重要です。
それに体の使い方もうまくないといけません。

ボールを失わないこと=足元がうまい、と思いがちですが、実際はあんまり関係ありません。
相手はボールを奪いに体をぶつけてくるわけですから、そこで相手に弾かれないような体の当て方(使い方)の方が圧倒的に重要です。
どちらかといえば足元の技術は”ドリブル突破”に必要なだけであって、”ボールをキープする”うえではあまり必要ありません。

ここまでが一般的なIHの話にはなります。
ただ、最近はサッカー戦術の多様化が進んでおりますので、これ以外にもチームの戦い方によっては要求される仕事がたくさんあります。
まあ、やっぱり大変なポジションだなと思いますねw

サイドハーフ

4-4-2ではSHですが、4-3-3とかだとWG(ウイング)に該当するポジションです。
このポジションにはドリブラーとか足が速い選手が配置されることが多いですね。

攻撃の局面では相手陣内のサイドをえぐってクロスボールを上げたり、または逆サイドからのクロスボールをゴール前で合わせたり。
最近は逆足のサイドアタッカーを置いて、カットインからシュートを狙う動きもよくありますね。

FWほどではないですが、ゴールに絡むプレーが要求されるポジションでもあります。
それに味方の縦パスを引き出すためにあえて中央のポジションにスライドしたり、または相手のDFラインの背後を狙うような動きも必要になってきます。
FWが空けたスペースに斜めに走って侵入する(ダイアゴナルラン)こともかなり効果的ですし、そういったスペースへタイミングよく飛び出していく技術もほしいところです。

また、守備の局面では相手のビルドアップを牽制する位置にいます。
基本的にマッチアップするのは相手のSBとなりますけど、アプローチに行くときに”パスコースを切りながら寄せられるかどうか”で相手のビルドアップを妨害できるかどうかが変わってきます。
IHやSBに比べると守備の負担は少なめのポジションにはなるでしょうけど、その分攻撃の時にはエネルギーを使うことになります。

チームの守備がマンマークベースだと話は変わってくるんですが、ゾーンでやってる場合は”無駄に走らない”ことも考えておく必要があります。
要するにこれもポジショニングの話にはなりますけど、ロシアW杯でわかった乾と宇佐美のポジショニングの違いのように、ボールの状況に合わせて適切なポジションを取る必要が出てきます。

フォワード

このポジションはチームの戦い方や監督の意向(好み)によって要求される仕事がかなり変わります。
とはいってもやっぱり一番大切なのは”ゴールを奪うこと”になります。

キックやヘディングに限らず、(手以外の)体全部を使ってボールをゴールへ流し込む能力が必要です。
特にクロスボールなど、ダイレクトプレーが必要な局面ではその能力っていうのがいかんなく発揮されますね。
クリスティアーノ・ロナウドが未だ得点を量産できているのもその能力が”ずば抜けて高いから”に他なりませんし、メッシにしてもキックの精度っていうのはメチャクチャ優れています。

シュートセンスはもちろん、キック力や振りの速さ、ヘディングの強さも必要です。
相手のマークを振り切る駆け引きだったり、スペースへ走りこむタイミング、それに味方のパスをキープして攻撃の起点なることも重要です。

全部が全部、高いレベルでこなすことができれば最高なんですが、そうはいってもなかなか難しいところがあります。
FWのポジションに関しては自分の得意分野(キック、ヘディング、スピード、キープなど)をしっかり見極めて、そこを誰にも負けないようにすることがポジション争いに勝てる秘訣だと言えます。

僕は身長が低くてヘディングが苦手だったんですが、その代わりに相手の背後を狙う動きをよく練習していました。
それにキックも得意だったから、味方のスルーパスに反応してそのままゴールをゲットすることが多かったですね。

守備に関してはチームによって特に必要ないところもあったりしますが、やっぱりFWから守備を頑張る方がチームとしては助かります。
先ほどのSHやWGと同じような感覚にはなりますが、こちらも余計なエネルギーを使わないようなポジショニングが重要です。
それに寄せるときのパスコースの切り方も考える必要があります。

特にチームの方針にこだわりがない場合は、とりあえず相手の中盤(ボランチとか)のパスコースを切りましょう。
相手もパスコースを空けようと動きますけど、その動きを見逃さないように走りながら後方を確認するクセをつけてほしいです。
普段は守備をしないスアレスなんかも、たまにアプローチ行くときにはものすごく後方を確認してますからね。

前線の守備は数的不利になりやすいんですが、こうやってパスコースを切りながら寄せることによって一時的に数的同数にすることも可能になってきます。
そこでうまいことボールを奪えることができれば、一番の得点チャンスとなりますから意識していて損はないはずです。

FWはサッカーの中では一番目立つポジションですが、実は必要なことは地味なことばかりです。
あの大迫だってスペースを狙う時は地味な駆け引きをずっとやってますからね。
それは世界のトッププロだって同じです。

「派手さを求めてFWやってるのに、こんなはずじゃなかった」って考えずに頑張ってもらいたいですね。

まとめ

今回はMF・FWとまとめましたが、こちらもやらなきゃいけないことは山ほどあります。
こうやって書けば書くほど、ホントにサッカーって難しいスポーツだなって感じちゃいますね。

そのうえ、これに加えてケガの心配やコンディション調整も必要です。
スタミナとかスプリントとかフィジカルも必要ですし。

そんな風に考えるとホントにプロサッカー選手って大変な職業です。
あれだけお給料もらっているのにも納得ですね。
僕には絶対真似できません。

まあ、今回の記事は思い付きで書いたんですがこれが誰かの役に立ってくれれば嬉しいですね。
それ以外にも何かツッコみたいことがあれば、コメントください。
そんなわけでまた次回!

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)

にほんブログ村 サッカーブログへ