サッカーにはたくさんのポジションがありますが、自分がどのポジションに向いているのか?を判断するのは難しいです。
それに自分でやりたいなと思ってるポジションもありますから、そこのバランスも大事になってくるところです。

やりたいポジションってたぶん時代によって変わってくると思いますけど、僕がサッカーをやり始めたときはカズ(三浦知良)が全盛期だったことからFWをやることしか考えてなかったです。
僕と同じような気持ちを持ってた方はたぶん多かったと思いますし、その当時はやりたいポジションNo1がFWだったはずです。

それから中田が目立つようになってからはトップ下のポジション、本田が活躍するようになってからは中盤やFWのポジションが人気って感じでしょうか。
ちなみにドイツはやりたいポジションNo1がGKみたいですね。
(ノイアーの影響で)

とはいっても、サッカーのポジションっていうのは限りがあります。
それにどのポジションに配置するか決めるのはチームの監督です。
僕も始めたころはFWをやらせてもらってましたけど、年々ポジションが後ろに下がっていきましたしねw

まあ、そんなわけで監督としては各ポジションに最適な選手を配置したい、それに選手としては自分がやりたいポジションがあるっていうのが本音です。
両方の意見がマッチすれば一番いいわけなんですが、そうもいかないのが人生です。
(そうでもないかなw)

というわけで、今回はそんなポジションの適正と必要な能力について書いていきます。
これを参考にすればサッカー上達のヒントになるかも、、、ですw

4-4-2

今回は4-4-2のフォーメーションにおけるポジションをもとに説明していきます。
一応4-4-2がサッカーにおいてはベースのフォーメーションになると言われておりますし、それ以外のフォーメーションでも共通する部分は多いはずです。

ゴールキーパー

GKは特殊なポジションです。
プレイヤーの中では唯一”手を使う”ことが認められています。
チームの守備においては最後の砦となる存在ですし、GKの能力によってはチームの失点数が大きく変わっていきます。

そんなGKに必要な能力はもちろんセービング。
相手選手のシュートコースを正確に判断し、即座に反応してブロックする必要があります。
状況によっては相手のシュートを至近距離でブロックすることもありますし、そういった意味ではシュートから逃げない根性もいります。

とりあえずミドルシュートのセービングが個人的には一番大事だと思っています。
ここをしっかりキャッチ又はパンチングできないと味方のDF陣は不安でたまりません。
それに少しでも相手にスキを見せちゃいますと、いくらでもミドルシュートを打たれてしまいますので、ここはしっかり弾き返さないといけない部分です。

シュートブロックに関しては自分の力でセービングすることも大事ですが、味方選手に相手のシュートコースを限定させることも必要になってきます。
ですから、コーチング(指示出し)も相手のミドルシュートを防ぐためにはかなり役立つ能力となります。

加えてハイボールの処理もGKにとっては重要なスキルです。
基本的に手を使えるGKは相手選手のヘディングより打点が高いわけなんですが、落下地点を読み違えてハイボールをカブッてしまうのは最悪です。
特にCKやボックス近くのFKでは相手選手がPAに密集してますから、クロスボールの処理を誤った場合にはそのまま失点することが多いです。

最後に、、、
これはみんなが気にしていない部分だとは思いますけど、GKにおいてはキック力が意外と重要です。
手で持った状態から蹴ることができるパントキックは問題ないにしても、ピッチ上にボールを置いて蹴るゴールキックがめちゃくちゃ下手なGKがたまにいます。

ゴールキックはできればハーフェライン近くまで飛んでほしいのですが、そもそも蹴り方がおかしくて全然ボールが浮かない人もいます。
極端な例ではシュート性のゴールキックを蹴るGKなんてのもいます。

*ボールの下側をすくう(スラす)ようにバックスピンをかけながらボールを蹴る必要があります。
 こういう蹴り方をしないとボールが高く上がりません。

相手はゴールキックが飛ばないと判断した途端に”前に重心を置くことができます”し、味方にとってはゴールキックがピンチっていう意味不明な状況になります。
(ボールの行方が限定されるんでね)
僕の所属チームでもこんなGKがいたんですけど、彼の代わりに僕がゴールキックを蹴っていたこともありました。
これはなかなかに情けない状態ですし、味方のDFも無駄に走る距離が増えてしまうことになるので終わってます。

まあ、マンチェスター・シティ-のエデルソンみたいにビシっとロングフィードを決めるようなキックの精度は必要ありませんが、せめてしっかりボールが遠くまで飛ぶようにはしてもらいたいもんです。

センターバック

CBっていうのは守備の要です。
相手のストライカーとも直接ぶつかることが多いですし、チームにおいては守備の顔といった存在です。

このポジションに要求されるのは何と言っても”1対1の強さ”です。
CBが1対1の局面になっている状態っていうのは「そこを抜かれたらそのまま失点してしまう」ことを表しています。
だからこそ、このCBっていうポジションにはフィジカル的にもチーム内で一番優れた選手が入ることが多いです。

それに相手の攻撃においてはCBの目の前にいる相手のFWへ縦パスを狙われることがよくあります。
そこのボールを相手にきっちり収められてしまうか?それともCBがきっちり妨害して相手のFWを潰すことができるか?でその後の展開が多く変わっていきます。

潰すと言ってもファールを冒してしまったら意味がありませんので、その辺の体の使い方も重要になってきます。
一番いいのはファールギリギリで相手を潰すことなんですが、そこのさじ加減はレフェリーによって変わってくるので、レフェリングを見極める判断力も必要になります。

それに対人のところで言えば空中戦も重要です。
GKでも書きましたがこのポジションの選手がハイボールをカブってしまいますと、失点につながる大ピンチとなります。
昨シーズンのリバプールではCBのロブレンが浮き球の処理を誤って、トッテナムのケインにゴールを決められたシーンなんかもありましたね。
(ちなみにそれ以降、しばらくの間クロップに使ってもらえなくもなりましたw)

まあ、1対1もヘディングも”強さ=安定感”となりますし、強靭なCBがいると味方としてもかなり心強いです。
僕がSBやってた時も後ろに頼りになるCBがいたから、判断に迷うことも少なかったですしね。

後はCBは最終ラインの調整をする必要があります。
ゾーンディフェンスでやってる場合は一定の高さにラインを保っておく必要がありますが、マンマークの場合は必ずしもそうではありません。
その代わり、マンマークでやってる場合ではマークの指示とか受け渡しなどのコーチングも重要になってきます。
(ゾーンだと味方選手のポジショニングを指示する必要もありますね)

それに加え、どちらの守り方をやっててもカバーリングの動きは絶対必要です。
だからそのためのポジショニングを正しくすることが大切です。
このポジショニングについては試合の状況によって最適なものっていうのは変化します。
つまりは答えが存在しないものなんですが、プレーごとに「自分のポジショニングは正しかったのか?」と自問することが必要になってきます。

サイドバック

SBっていうのは攻撃でも守備でも味方を助ける大事なポジションです。
そのため、一般的にはチームの中で一番走行距離やスプリントが多くなるポジションでもあります。

攻撃の時には味方のサポートするために前線まで駆け上がっていく必要がありますし、相手にボールを奪われた時には全力で自陣までプレスバックする必要があります。
だから、スタミナっていうのがこのポジションにはかなり求められます。

それに前線に上がったときにはクロスボールを蹴ることが多いので、そのクロスの正確性は重要です。
まともなクロスを上げられないようでは、オーバーラップしない方が無難です。
加えてSBからのロングフィードも攻撃の起点となったりしますし、このポジションでは意外とキックの精度が求められたりします。

とはいえ、もともと守備のポジションであることから1対1の強さも重要になってきます。
こちらはCBと違って”あたりの強さ”よりはスピードの方が必要だと言えます。
なぜなら相手のサイドの選手は基本的に足の速い奴が多いからです。
そのスピードについていけずにいつも”ぶっちぎられる”ようでは話になりません。

まあ、足の速さに関してはなかなかスキルを上げることが難しいので、そこの対応はポジショニングでカバーするのも一つの手です。
マンツーマンで引っ付いていたら間に合いませんので、普段よりは相手と距離を多く取りつつ、相手がボールを蹴るモーションに入ったらすかさず距離を詰める感じです。
相当に絶妙なポジショニングが要求されますが、ここは慣れるしかありません。

それに「抜かれてもカバーリングするからビッタリつけ」っていう方針のチームもあれば、「抜かれないように距離を空けろ」っていうチームもあります。
ですから、ここの認識はチーム内でしっかり共有している必要がありますね。
バラバラのままだと好き放題やられちゃいます。

最後にサイドバックにもっとも必要なのはバランス感覚だと個人的には考えています。
このバランス感覚っていうのは、「味方が攻めている時に自分が攻撃参加するべきか?」ってことですね。

味方のビルドアップがスムーズにいってないのに、アンポンタンにいつもオーバーラップしていては自分の背後のスペースをいつも使われてしまいます。
どれだけ足に自信があったとしても、ボールスピードには勝てませんので間に合わないものは間に合いません。

だから、「この攻撃はフィニッシュまで持って行けるのか?」っていうのを僕はいつも考えていました。
可能性が低そうに感じたならば、そもそも攻撃参加を自重していました。

現代サッカーにおいてはSBの攻撃参加が当たり前のようになってきていますけど、基本的には状況をきっちり判断しながら飛び出していくか決めた方がいいです。
それでもチームとして”SBを上げたい”っていう方針があるならば、その背後のスペースを誰が埋めるのかっていうのをきちんと決めておかなければなりません。

最悪なのはCBが釣られてしまうことですからね。

まとめ

今回はDFラインを中心にまとめました。
結局、どのポジションでも”脳みそ”をフル活用する必要がありますw
それに球際の激しさとかトランジション(攻守の切替)の速さはどのポジションでも要求されます。

それで今回の記事はあくまでも僕の経験をもとに書いたものですので、人によっては違和感を感じるところもあるかと思います。
それはそれで正しい感覚だと思いますし、サッカーに正解はありませんのでいろんな意見があっていいと考えています。

重要なのは意見そのものが増えることです。
それによって議論が生まれますし、その議論によって日本サッカー界の育成論が変化していきます。
僕はファンのサッカー脳を鍛えることが日本サッカーの発展に繋がると信じていますし、これからもこういった記事は増やしていくつもりです。

次回は中盤と前線のポジションについて書いていきますのでお楽しみに。

ご協力を!!!
ブログランキングで1位を目指しています。

このページからサヨナラするついでに下のバナーをクリックしていただけると助かります!!
(1日1回ペースでやっていただけるとありがたいです)

にほんブログ村 サッカーブログへ