18シーズンJ1第27節のコンサドーレ札幌 対 鹿島アントラーズの試合が行われています。

両チームともに来季のACL出場権獲得のために負けらない試合となりました。
特にホームのコンサドーレは前節で7-0の大敗を食らってしまっておりますし、この試合はその屈辱を払しょくするためにも頑張りたかった戦いでしたね。

ただ、その思いもむなしく、乗りこんできたアントラーズ相手に完敗を喫してしまっています。
Jリーグはチームの実力が拮抗している分、一度チームのリズムを崩すとそのままズルズルいってしまう傾向があります。
変化を加えることが必ずしもいい結果をもたらすとは限りませんが、何かしらの対応が必要な状況でもあります。

まあ、コンサドーレが今シーズンここまで頑張るとは思ってなかったんですけどね。

フォーメーション

コンサドーレ札幌と鹿島アントラーズのフォーメーションです。

3-4-3と4-4-2です。

コンサドーレはジェイと都倉の2トップにも見えましたが3トップだと思います。
チャナティップが少し低めの位置にポジショニングすることもあったんで迷ったんですけどね。

試合結果

試合は0-2でアントラーズが勝利。

・得点者
 前半24分 鹿島:遠藤
 後半3分  鹿島:鈴木

・交代者
 コンサドーレ札幌
 後半17分 菅⇒早坂
 後半21分 チャナティップ⇒三好
 後半30分 白井⇒小野 

 鹿島アントラーズ
 後半25分 遠藤⇒安部
 後半38分 鈴木⇒セルジーニョ
 後半43分 土居⇒金森

スタッツ
CON ANT
ボール支配率(%) 57 43
シュート数(本) 8 14
枠内シュート(本) 4 8
パス本数(本) 620 336
パス成功率(%) 85 76
走行距離(km) 107.6 104.7
ハイライト