今回はわりと微妙なところの話ですし、いつかは書かないといけないな~と思ってた内容です。

まあ、プロサッカー選手っていうのは、当然のことながら僕なんかよりめっちゃサッカーがうまいわけです。
そんなプロフェッショナルな選手たちが行っている試合に対して、アマチュアの僕がその内容を評価したり、批判したりするのは”おかしい”と考える人も世の中にはいます。
(内容や書き方によっては”上から目線”に読み取れることもありますしね)

また、サッカー経験者が未経験者(でもサッカー観戦が好き)に対して、「サッカーの経験がないのに、サッカーのことを語るな」って思ってたり、実際に批判したり。
実際に言われた方もいれば、そういう風に言われるのが怖くてサッカーについての発言ができなかったりする方もいるかと思います。

でも、僕としては「サッカー経験がなくても、サッカーのことについて語ってもいい」と考えていますし、アマチュアの僕がプロの試合内容を評価するのも問題ないと思ってます。

~スポンサードリンク~

これで世の中が成立している

まあ、「アマチュアがプロフェッショナルに対して(上から目線で)評価・批判するな」っていう考え自体がそもそも無意味です。
こんなもんはサッカーに限らずいろんな場面で起きてる現象です。
大体、この”理屈”が成立していしまうと世の中がおかしくなってしまいます。

たまにテレビで見る”経済評論家”。
有名企業の社長より明らかにお金を持っていないのに、彼らに対して評価したり、批判したり。

また、医療の分野で言えば、、、
患者側っていうのは医療に関しては素人で、医者っていうのはプロフェッショナルになります。
で、「あそこの医者はヤブだった」とか「あそこの医者は腕がいい」とか、よく聞きますよね?

直接本人には言わないにしても、”アマチュアがプロフェッショナルに対して下した評価・批判”がみんな生活の一部になっているのは間違いありません。
このことから考えると、むしろ”プロフェッショナルはアマチュアから批判・評価されるもの”っていうのが自然なことなんです。

サッカーっていうのはショービジネスです。
つまりは観客あってのもの。
観客の大多数はアマチュアなわけですし、そこからの評価や批判から逃れることはできません。

相手がプロだろうが”だらしないプレー”をしたときには大声で「何やってんだ!!!」ってツッコむべきなんです。
だってそれが、アマとプロとの関係性なんですから。

~スポンサードリンク~

経験はあまり関係ない

次は「サッカーの経験がないのに、サッカーのことを語るな」ってところです。
まあ、サッカー経験がないのに”あたかも経験者であるかのように”サッカーについていろいろと発言するのは問題ありますが、「自分が未経験者だ」っていう立場を明確にしたうえで発言する分には何も問題はありません。

サッカーの試合を観た感想なんて人それぞれで違います。
「いい内容だった」って言う人もいれば、「あんまりよくなかった」って感じる人もいるわけです。
当然意見の食い違いも起こるわけで、その相手に対して「お前はサッカー経験がないんだから、試合のことなんてわからねえよ!」ってツッコむのは大間違い。

”実際にプレーする能力”と”そのプレーを評価する能力”っていうのはまったくもって相関がありません。
だってそれが成り立ってしまうんなら、メッシとかネイマールをスカウティングした人が”世界最高のプレイヤー”ってことになっちゃうでしょ?
(そんなわけないですよね)

それにプレイヤーだけじゃなく、チームでも同じ事が言えます。
チーム戦術を実践する方、その戦術を評価する方、それぞれに相関というか関係性はありません。
だから、サッカー未経験者がチームの戦術に対して「あーだこーだ」言ったりするのも全然問題ないんですよ。

で、そんなことよりも重要なのは”その内容”です。
的外れな意見だと当然のごとく指摘されますが、それは経験者だって同じです。

例えば、、、
「相手がマンチェスター・シティ-なので、レスターとしては押し込まれることが想定されるし、このチームの武器は速いカウンターなので、まずは失点しないように自陣でしっかりブロックを作る戦い方から始めた」
っていう見方なんて、サッカーの経験・未経験なんていうのはまったく関係ありません。
チームの戦い方を全体的にきっちりと読み取ることができれば、W杯に出たことがある元プロサッカー選手だろうが、サッカー未経験の小学生だろうが、評価としては変わりません。

”誰が”より”何を”

結局、立場の違いを持ってきて、相手を批判しようとする人っていうのは、、、
その”発言の内容”がうんぬんっていうよりも”誰が言ったのか”って部分を気にしているだけなんです。
本来重要視するべきはその内容にも関わらず、、、です。

してがって、たとえ、その内容に不備がなかったとしても誰かしらに批判されることも起こりえるわけです。
そうまでして批判してくるのは、単純にあなた(発言した人)のことが嫌いなのか、ただ単に文句言いたいだけなのか、これらの理由が考えられます。

結局はこの辺の声に反応すること自体に意味がありません。
まあ、こういう発言をする人は常に一定数いるでしょうし、そのうち自分にも(あなたにも)飛び火するかもしれません。
そこを気にしない(スルーできる)強さっていうのは、何かを発言するうえで必要なのかもしれませんね。

それで、僕はこれからも変わらずに各試合の評価をしていきますし、ダメなプレーにはもちろん痛烈な批判を書きます。
(ちなみに”上から目線”で書いてた方が、読んでて面白いですよね?)
それに”サッカー未経験者”から僕に対しての激しいツッコミを貰ったとしても、その内容をまっすぐに受け止めます。

そんなサカレビをこれかも宜しくお願い致します!!!