18/19プレミア第5節のトッテナム 対 リバプールのマッチレビューです。

中断期間を経ていきなりのビッグカード。
開幕4連勝を懸けたワトフォードとの一戦でまさかの敗戦を喫したトッテナム。
そして、対戦相手のリバプールは危なげなく4連勝を決めています。

チームの完成度としてはお互いに引けを取らないレベルに達していると感じていますが、戦力補強に積極的だったかどうかがこれまでの成績に明暗を分けたような印象があります。
特にリバプールはアリソンをゲットしたことが非常に大きいと思っています。
前節はポカしてますがそれまではクリーンシートを維持してましたし、リバプールがプレミア制覇をするためには欠かせない人物であることは間違いありません。

それでこの試合では勢いそのままにリバプールがアウェーながら勝利を収めています。
トッテナムとしては最初の失点が非常にもったいなかったところがありますし、全体的にミスが多かったことが響いています。

フォーメーション

トッテナムとリバプールのフォーメーションです。

4-4-2と4-3-3です。

トッテナムは最近2トップで戦うことが多くなってます。
代表ウィークで試合が多かったソンフンミンはベンチスタート。
アリも外れていますし、この試合はその影響があったかもしれません。

リバプールはいつも通りの4-3-3。
最近はヘンダーソンがいなくても中盤が安定するんでしょうかね。

トッテナム

序盤から少し”受けてしまった”トッテナム。
相手のリバプールがかなり突っ込んできてましたんでバタついた感じもありますけど、全体的に選手の動きが悪かった(ミスが多かった)印象があります。

もともと中央突破に特徴があるチームなんですが、この試合はリバプールの締め付けが強かったこともあり、なかなかそう言ったシーンを作れることができてませんでした。
その状況を打開するために序盤からエリクセンがサイドに流れることが多かったです。

基本的には右サイドバックのトリッピアーは高い位置を取りますし、その代わりに中盤のウィンクスとかダイアーが下がります。
ただ、相手のリバプールはそのまま下がった選手を潰しに行くプレスをかけてましたから、中央にパスを通すルートっていうのはかなり限られてきてました。

その代わりにリバプールはSBのロバートソンもプレスに突っ込んでいったりしますから、たまにその後ろのスペースが空いてきたりします。
エリクセンのサイドに流れる動きっていうのはそのスペースを狙ったものだったんですが、意外とチャンスは作れていたと思います。

それでもそこからフィニッシュまで持って行くのがかなり難しかったです。
攻撃がスムーズにいかないうえに、自分達のミスがきっかけでリバプールにチャンスを作られてしまう場面もあり、いい内容のゲームだったとは言えません。
結局そういったところが前半の先制点に繋がってしまったわけですし、自分達でゲームの流れを失ってしまったところはありますね。

リバプール

アウェーゲームながら序盤からエンジン全開で突っ込んでいったリバプール。
”これまで失点が少ない”っていうのも思いっきりプレッシングに行ける要因でもあるんでしょう。

以前の戦術の分類でリバプールはハイプレス・ロングパス型と書きましたけど、この試合では左サイドのマネを狙ったボールが多かったです。
マネはヘディングの高さがありません(って言ってもジャンプ力半端ないけど)のでどちらかといえば、サイドのスペースを狙った浮き球のパスって感じです。

相手がそれについてこれなければ、そのままマネにパスが通ることになりますし、もし仮に競り合いになったとしてもフィルミーノやミルナーがそのセカンドボールに反応してくれます。
逆サイドのサラーは常に相手の背後を狙っていますから、セカンドボールを拾えたらそのままサラーを狙おうっていう意図があったと思っています。

とはいっても、そのやり方はあまり機能してませんでしたし、そもそもボール自体をトッテナムに支配されてました。
それでもこの試合を優位に進めることができたのは守備の部分のパフォーマンスが良かったからだと思ってますし、それがあったからこそトッテナムのミスを誘発することができたわけです。
まあ、トッテナムのGKがロリスだったらこの試合はどうなってたわからないところもありましたけど、リバプールが上手い試合をしてたのは間違いありませんね。

試合結果

試合は1-2でリバプールが勝利。

・得点者
 前半39分 リバプール:ワイナルドゥム
 後半9分  リバプール:フィルミーノ
 後半48分 トッテナム:ラメラ

・交代者
 トッテナム
 後半15分 デンベレ⇒ラメラ
 後半28分 ウィンクス⇒ソンフンミン
 後半38分 ダイアー⇒ワニアマ
 

 リバプール
 後半29分 フィルミーノ⇒ヘンダーソン
 後半38分 ケイタ⇒スタリッジ
 後半45分 アーノルド⇒マティプ
 

スタッツ
トッテナム リバプール
ボール支配率(%) 60 40
シュート数(本) 11 18
枠内シュート(本) 3 10
パス本数(本) 548 356
パス成功率(%) 81 74
タックル数 9 17
ハイライト