18/19プレミア第10節のトッテナム 対 マンチェスター・シティの試合が行われています。
この試合の感想やフォーメーション・試合情報・スタッツをまとめています。

フォーメーション

トッテナムとマンチェスター・シティのフォーメーションです。

4-2-3-1対4-3-3です。

試合の感想

この試合はトッテナムのホームであるウェンブリースタジアムで行われています。
トッテナムの新スタジアム建造がトラブっており、仕方なしにウェンブリーでの試合を継続している感じなんですが、この試合は前日にアメフトの試合が行われた影響でピッチがボコボコになってました。
画面で見るとそこまでひどくは見えませんでしたが、ボールの跳ね方とかを見る限り「結構ひどい状態なんだな~」って感じです。

グラウンダーのパスなんかはイレギュラーな動きをすることが多くなりますから、パスワークそのものが難しくなります。
たぶんピッチ上の選手たちもそこはかなり意識していたと思いますが、両チームともいつもよりロングパスとか浮き球のパスが多くなっていたように感じます。

それで試合内容的にはやっぱりシティの方が強いな~って感じでした。
リーグ戦の成績にそこまで差はありませんが、攻撃のクオリティなんかは明らかに差がありました。
トッテナムは主力がケガで離脱していたり、ベストメンバーを揃えられていない現状があります。
ホントにエリクセンがいないとこんなに攻撃力が落ちてしまうのか、、、っていうぐらい攻撃が単調になってましたね。

ルーカスモウラが個人技でなんとかするか、後ろからケイン目掛けてロングボールを蹴るかって感じだったんですが、最近あまり得点が奪えないことにも納得できます。
逆にシティもデブライネが不在でしたが、それでも長短のパスやフリックなんかを織り交ぜながらトッテナムDF陣を翻弄できてましたし。
(シティ先制のシーンはトッテナム側の対応にミスがあったように思えましたけど)

結果的に1点差の試合になりましたけど、試合内容的にトッテナムは完敗だったんじゃないでしょうかね。

試合結果

試合は0-1でシティが勝利。

・得点者

    前半6分  シティ:マフレズ

・交代者

    トッテナム
    後半22分 ダイアー⇒ウィンクス
    後半30分 デンベレ⇒アリ
    後半36分 ルーカスモウラ⇒エリクセン
    シティ
    後半26分 アグエロ⇒デブライネ
    後半44分 ダビドシルバ⇒コンパニ
    後半47分 マフレズ⇒ジェズス
スタッツ
TOT MCI
ボール支配率(%) 48 52
シュート数(本) 4 13
枠内シュート(本) 1 6
パス本数(本) 476 514
パス成功率(%) 80 84
タックル 18 13
ハイライト

P.S.
有名チームの試合データ・フォーメーションなどをデータベース化しています。
過去の試合データをご覧になりたい方はこちらから検索することができます。


サッカーランキング
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ